東芝ダイレクト

2016年夏モデルパソコン 

パソコンの夏モデルは、5月頃に発表されています。
続きを読む

NEC、第6世代Core(Skylake)搭載スリムスタンダードノートPC「LAVIE Direct NS(S) [Note Standard](2016年夏モデルPC)」 

NECは、「LAVIE Direct NS(S) [Note Standard](2016年夏モデルPC)」を発売します。
icon icon
LAVIE Direct NS(S) [Note Standard] icon
(第6世代Core・スタンダードノート)
特徴
・より薄く進化した、厚さ25.7mmの新デザイン(新筐体)を採用
・パームレストまで継ぎ目のないフレームレス設計、スリム&スマートなデザイン
・高速で快適な処理を実現、第6世代インテルCore i7-6500Uを選択可能
・HDD比約1.6倍高速な、ハイブリッドドライブシステムを選択可能
・総合サウンド処理技術、AudioEngineを搭載
・快適なアイソレーションキーボードには、飲み物のこぼれなどに備え、防滴構造を採用

レビュー
NEC直販モデル「Direct NS(S)は、スタンダード(15.6型)ノートの中位モデルで、
液晶の解像度が、(上位「NS(H)」の4KやフルHDではなく)ベーシックな「1366×768ドット」で問題なければ、価格を抑えて購入できます。

直販モデルでは、仕様固定のカタログ(店頭販売)モデルに対し、HDDの遅さを改善する「SSHD」で、CPUは価格を抑えるため「Core i3」など、予算や用途に応じた一台を購入できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6500U:約310/130
第6世代Core i5-6200U:約280/115
第6世代Core i3-6100U:約250/100

GPU性能比較(3DMark11 P GPU)
Intel HD Graphics 520 (第6世代Core i7-6500U):約1320
Intel HD Graphics 5500(第5世代Core i7-5500U):約980

2016年夏モデルでは、標準ソフトウェアを強化
概ね2016年春モデルを継承していて、新たに「LAVIEチャンネル」、伝言板・メモ機能を追加した「インフォボード」など、標準ソフトウェアが強化されています。

※直販モデルでは、大手メーカー製PCらしい豊富なソフトが不要な方に向け、必要最低限に絞った「ミニマムソフトウェアパック」を選択できます。

ハードウェアでは、Bluetoothが、Ver.4.0からVer.4.1に更新されています。

詳細・購入はこちら
LAVIE Direct NS(S) [Note Standard] icon
(第6世代Core・スタンダードノート)
続きを読む

エプソン Endeavor 

エプソンは、日本ブランドならではのサービスと品質を常に追求したパソコン「Endeavor」を、発売しています。

2016年夏の新製品では、第6世代Coreを新搭載するビジネスノート「NJ4000E」が、発売されます。

「デスクトップPC」は、ページ後半で紹介しています。

スタンダードノートPC
紹介記事

Endeavor NJ5970E
(第4世代Core・フラッグシップノートPC)

※画像準備中
Endeavor NJ4000E
(第6世代Core・ビジネスノートPC)

Endeavor NJ3900E
(第4世代Core・ビジネスノートPC)

※画像準備中
Endeavor NY2500S
(第6世代Core・14型ノートPC)

モバイルノートPC
紹介記事

※画像準備中
Endeavor NA512E
(第6世代Core・13.3型モバイル)

Endeavor TN30E
(Celeron N・11.6型2-in- 1 デバイス)
続きを読む

東芝、4コアCore i7-6700HQハイエンドPC「dynabook AZ95/V、AZ85/V(2016年夏モデルPC)」 

東芝は、「dynabook AZ95/V、AZ85/V(2016年夏モデルPC)」を発売します。

dynabook AZ95/V(4K液晶モデル)
dynabook AZ85/V(フルHD液晶モデル)
(ハイスペックノート)
特徴
・最新OS、Windows 10 Homeをプレインストール
・AZ95は、緻密な表現力と確かな色再現性、4K液晶を搭載
・AZ85は、写真・動画はもちろん、文字もキレイ、フルHD液晶を搭載
・処理能力向上&低消費電力「第6世代Core i7-6700HQ」を搭載
・高速性と大容量を両立、ハイブリッドドライブ(SSHD)を搭載
・名門オーディオブランド「harman/kardon ステレオスピーカー」を搭載

レビュー
2016年夏モデル「AZ95/V、AZ85/V」は、4コアCPU「第6世代Core i7-6700HQ」を搭載し、2コアCPU「第6世代Core i7-6500U」に対し、主に『動画エンコード』などクリエイティブな作業で、力を発揮(高速化)します。
※ネットや動画再生など一般的な用途では、体感差はほぼ無く、両者快適に行えます。

最上位「AZ95」は、超高精細『4K液晶』を搭載するフラッグシップモデルです。

上位「AZ85」は、2016年の標準『フルHD液晶』、8GBメモリなどに抑え、(4コアCPU搭載上位モデルとしては)価格の安さが魅力となります。
※東芝直販は、『会員価格(登録は無料)』が前提で、発売直後から安いのが魅力です。

CPU性能比較:Cinebench R15(マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700HQ:約670/150
第4世代Core i7-4720HQ:約600/130
第6世代Core i7-6500U:約310/130

GPU性能比較(3DMark11 P GPU)
Intel HD Graphics 530(Core i7-6700HQ):約1500
Intel HD Graphics 4600(Core i7-4720HQ):約910

2016年夏モデルでは、Office 2016をプレインストール
春モデル「AZ95/V、AZ85/U」を継承しつつ、「AZ85/V」に、普段使いでの高速化を実現する「高速256GB SSD」を搭載するモデルが、発売されます。

「Office搭載モデル」では、最新の「Office 2016」をプレインストールします。
「Office Premium」なので、つねに最新バージョンに無償アップグレード可能です。

※直販モデルでは引き続き、「Officeなし」で、価格を抑えたモデルを購入可能です。

詳細・購入はこちら
dynabook AZ95/V(4K液晶モデル)
dynabook AZ85/V(フルHD液晶モデル)
(ハイスペックノート)
続きを読む

富士通、第6世代Core/第6世代Celeron搭載可ミニデスクトップPC「ESPRIMO WD1/X(2016年夏PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WD1/X(2016年夏PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WD1/X icon
(第6世代Core・ウルトラスモールPC)
特徴
・タテ、ヨコ自由に設置。パワフルな小型筐体を採用
・パソコンの心臓部であるCPUには、最新の第6世代インテルプロセッサーを搭載
・低消費電力でありながら、より高速に動作する「DDR4メモリ」を採用
・2台以上のディスプレイをつなぐ、マルチディスプレイ表示に対応
・パソコンの動作を飛躍的に高速化するSSDを選択可能
・パソコン本体に内蔵の無線LANを選択可能

レビュー
直販限定モデル「WD1/X」は、外付けHDD並のコンパクトサイズに、省電力(TDP35W)版の「デスクトップPC向けCPU」を搭載し、(Core i3以上で)必要十分な基本性能を実現します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700(TDP65W):約820/170
第6世代Core i7-6700T(TDP35W):約665/155
第6世代Core i3-6100T(TDP35W):約340/130
(第6世代)Celeron G3900T(TDP35W):200/110
第6世代Core i7-6500U(TDP15W):約310/130

2016年夏では、最新「Office 2016」を選択可能に
2016年1月モデル「WD1/X」を継続販売しますが、夏モデル発表日(5月16日)より、
最新の「Office 2016」を、選択可能となっています。
※引き続き「Officeなし」を選択でき、価格を抑えることも可能です。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WD1/X icon
(第6世代Core・ウルトラスモールPC)
続きを読む