富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

2017年春モデルパソコン 

パソコンの春モデルが、発表・発売されています。

2017年春モデルPCの目玉:熾烈な世界最軽量対決
NECと富士通による「世界最軽量」対決や、パナソニック初の「タブレットモバイルPC」など、意欲的な新製品の発表タイミングとなっています。

2017春モデルPC NEC
2017春モデルPC 富士通
2017春モデルPC 東芝
2017春モデルPC VAIO
2017春モデルPC パナソニック
2017春モデルPC エプソン
続きを読む

エプソン、スリムタワーでも第7世代Core i7-7700K・Windows7/Windows8.1も選択可能「 Endeavor MR4700E」 

エプソンダイレクトは、「Endeavor MR4700E」を発売します。
特徴
・幅98㎜のスリムケースを採用、横置き設置も可能
・コンパクトボディーに最新「インテルH270チップセット」を採用
・最大4.5GHzを実現、第7世代インテルCore i7-7700Kを搭載可能
・電源容量や拡張スロットの種類も選べる、豊富なBTOメニューを用意

レビュー
2017年1月発売「MR4700E」は、インテルの最新メインストリーム向け最上位「第7世代Core i7-7700K」まで搭載できる、スリムタワーデスクトップPCです。

省スペースPCのため、搭載できるビデオカードはGeForce GTX750やQuadro K620と、エントリーレベルまでとなっています。

2017年モデルでは
2015年10月発売「MR4700E」以来のフルモデルチェンジとなり、
2017年1月発売の「H270・第7世代Core」に刷新しています。

そして、ビジネスPCらしく、Windows 7 Professional、Windows 8.1 Pro(ともにWindows 10 Pro ダウングレード)も、引き続き選択できます。
※第7世代Coreから、旧OSをサポートしないため、第6世代Coreになります。

詳細・購入はこちら
エプソン Endeavor MR4700E
(第7世代CPU搭載可能・省スペースPC)
続きを読む

エプソン、Windows 7に加え、Windows 8.1も選択可能なスタンダードノートPC「Endeavor NJ4000E」 

エプソンダイレクトは、「Endeavor NJ4000E」を発売します。
特徴
・液晶はHD(1366x768)、フルHD(1920x1080)の2つの解像度から選択可能
・第6世代インテルCoreプロセッサーを搭載可能
・高速アクセスを実現するSSDを搭載可能
・OSは、Windows 7、Windows 8.1、Windows 10から選択可能

レビュー
2016年5月発売「NJ4000E」は、定番のフルHD液晶に加え、低解像度なHD液晶も選択できる、スタンダードノートPCです。

ビジネス向けノートなので、有線LANやアナログRGBなども、省略されず搭載されています。
なお、薄さ28mm、重さ約2.3kgと、数年前のノートに比べ、薄型・軽量化されています。

2017年春夏では
Windows7が根強いビジネス向けPCらしく、継続販売されています。

最新の第7世代Coreではないので、OSにWindows 7 Professional、Windows 8.1 Pro(ともにWindows 10 Pro ダウングレード)を選択できます。
※最新の第7世代Coreでは、Windows 7/8.1をサポートしません。

詳細・購入はこちら
エプソン Endeavor NJ4000E
(第6世代CPU搭載可能スタンダードノートPC)
続きを読む

エプソン、Windows7や第7世代Core i7-7700Kを搭載可能なデスクトップPC「Endeavor MR8000」 

エプソンダイレクトは、「Endeavor MR8000」を発売します。
特徴
・最新プロセッサー、第7世代インテルCore プロセッサーを搭載可能
・「HDDフロントアクセス」に対応した新ケースを採用
・フロントアクセス非搭載で、コストパフォーマンスに優れたモデルも選択可能
・電源容量や拡張スロットの種類も選べる、豊富なBTOメニューを用意

レビュー
2017年1月発売「MR8000」は、最新最上位・第7世代Core i7-7700Kまで搭載可能なデスクトップPCです。
PCゲームに適するGeForce GTX10シリーズや、CAD/CGなどの利用にするNVIDIA Quadroを選択できます。

そして、ビジネスPCらしく、「Windows 7 Professional(Windows 10 Pro ダウングレード)」も、選択できます。
※第7世代Coreから、旧OSをサポートしないので、第6世代Coreとなります。

2017年モデルでは
2015年9月発売「MR7400」以来のフルモデルチェンジとなり、
ミドルタワーPC(Pro5800)で対応する「HDDフロントアクセス」に対応した、新PCケースに一新しています。
※フロントアクセスが不要なら、スタンダードモデルで、価格を抑える事も可能。

基本性能も、H270チップセット、第7世代Core(KabyLake-S)に刷新しています。

詳細・購入はこちら
エプソン Endeavor MR8000
(第7世代CPU搭載可能・ミニタワー)
続きを読む

エプソン Endeavor 

エプソンダイレクトは、置き場所自由、使い方自由なビジネスPC「Endeavor」を販売しています。

2017年春では、インテルの最新CPU「第7世代インテルCoreプロセッサー」搭載可能モデルが、発売されています。

一部モデルでは、「Windows 10」に加え、「Windows 7/8.1」を選択できます。
※第7世代Coreから、旧OSをサポートしないので、第6世代Coreモデルになります。

「ノートPC」は、ページ後半で紹介しています。

デスクトップPC
紹介記事

エプソン Endeavor Pro5800
(第7世代CPU搭載可能・ハイエンドミドルタワー)

エプソン Endeavor MR8000
(第7世代CPU搭載可能・ミニタワー)

コンパクトPC
紹介記事

エプソン Endeavor MR4700E
(第7世代CPU搭載可能・省スペースPC)

エプソン Endeavor AT993E
(第6世代CPU搭載可能・省スペースPC)

エプソン Endeavor ST180E 45mmスリムモデル
(第6世代CPU搭載可能・ウルトラコンパクトPC)

エプソン Endeavor ST20E スタンダードモデル
(インテルCPU・ウルトラコンパクトPC)
続きを読む