Sky7PC.jp

2018年春モデルパソコン、第8世代Core搭載NEC、富士通、東芝、VAIO、パナソニックのPCを紹介しています。


2018年春モデルパソコン

NEC、4K×4コア第8世代Core i7選択可能ハイエンドPC「LAVIE Direct DA(H)(2018年春モデルPC)」

NECは、「LAVIE Direct DA(H)(2018年春モデルPC)」を発売します。
icon icon
LAVIE Direct DA(H) icon
(23.8型・第8世代Core・プレミアムモデル)
特徴
・最新高性能、4コア第8世代Coreプロセッサーを搭載
・細部まで鮮明に映し出す、4K高精細液晶を選択可能
・高級感漂うスリムベゼルと、スピーカネットを採用
・さらに進化、ハイレゾ対応YAMAGAサウンドシステムを採用
・4番組同時録画かの菜、TVチューナーを選択可能
・データや映像を保存、大容量4TB HDDを選択可能

レビュー
NEC直販モデル「Direct DA(H)」は、PCとしての高い基本性能、豊富なテレビ機能、ハイレゾスピーカーを、スタイリッシュな筐体に搭載します。

直販モデルでは、4K液晶、Ultra HDブルーレイディスクドライブ、4チューナーなど、よりハイエンドなカスタマイズに対応します。

また、フルHD液晶、Core i5、Microsoft Officeなし、TV機能なしなど、価格を抑えるカスタマイズにも対応します。

2018年春モデルで、フルモデルチェンジ
『大人世代の趣味に最適』をコンセプトに、フルモデルチェンジしていて、写真、4K動画、ハイレゾオーディオ、TV機能、本体デザインなど、趣味を楽しむ機能を強化しています。

基本性能も、4コア化した第8世代Coreの登場により、マルチコアが活きる動画編集などで、力を発揮(高速化)します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約550/165
第8世代Core i5-8250U 4コア8スレッド/1.6-3.4GHz:約535/145
第7世代Core i7-7567U 2コア4スレッド/3.5-4.0GHz:約400/160
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:約340/140

詳細・購入はこちら
LAVIE Direct DA(H) icon
(23.8型・第8世代Core・プレミアムモデル)

VAIO、ハイスペックCore i7-7700HQ搭載可能ノートPC「VAIO S15 VJS1521」

VAIOは、「VAIO S15 VJS1521」を発売します。
icon icon
VAIO S15 VJS1521 icon
(15.5型・第7世代Core・スマート オールインワンPC)
特徴
・高性能CPU「Core i7-7700HQ」を搭載可能
・超高速な、ハイスピードプロSSDを選択可能
・外光の映り込みを低減する、アンチグレア液晶を採用
・流れるような一体感のフラットデザインを採用
・左右に2分割されたクリックボタンを採用
・オフィスでの使用で必要とされる、基本的なB2B要件に対応

レビュー
2017年9月フルモデルチェンジ「VAIO S15」は、高性能ノート向けCPU「Hシリーズ」を搭載し、高い基本性能を実現します。

上位のCore i7-7700HQ(TDP45W)は、VAIO SのCore i7-8550U(TDP15W)や、VAIO ZのCore i7-6567U(TDP28W)を上回るマルチスレッド性能を実現します。
なお、絶対性能重視なので、省電力性は劣ります。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/2.8-3.8GHz:約735/155
Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約550/165
Core i5-7300HQ 4コア4スレッド/2.5-3.5GHz:約510/140
Core i7-6567U 2コア4スレッド/3.3-3.6GHz:約360/140
Core i3-7100H 2コア4スレッド/3.0GHz:約325/130

詳細・購入はこちら
VAIO S15 VJS1521 icon
(15.5型・第7世代Core・スマート オールインワンPC)

富士通、新たにタッチ液晶を選択可能13.3型モバイルノートPC「LIFEBOOK WU2/B3(2018年春PC)」

富士通は、「LIFEBOOK WU2/B3(2018年春PC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WU2/B3 icon
(13.3型・第8世代Core・薄型軽量モバイル)
※Core i3は、第7世代Core
特徴
・世界最軽量のマグネシウムリチウム合金素材を採用
・コンパクトなボディにフルサイズキーボードを搭載
・最新の第8世代インテルCore i7-8550Uを選択可能BR> ・モバイルノートに最適な「SSD」を搭載
・パソコンをかんたん・快適に使える「タッチ機能付液晶」を選択可能
・軽量を実現「2セルバッテリ」か、長時間駆動「4セルバッテリ」を選択可能

レビュー
直販モデル「WU2/B3」は、富士通の世界最軽量・高性能モバイルノート「UH75/B3」をベースに、予算や用途に応じて、幅広いカスタマイズに対応出来ます。

そして、第8世代Core i7/i5は、ついに4コア化されたため、大幅な性能向上を実現します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz/TDP15W:約550/165
第8世代Core i5-8250U 4コア8スレッド/1.6-3.4GHz/TDP15W:約535/145
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:約340/140
第7世代Core i3-7130U 2コア4スレッド/2.7:約285/100

2018年春では、タッチパネル液晶モデルを発売
2017年12月モデルとして、「タッチパネル」搭載モデルが、発売されます。
そして、AIアシスタント機能「ふくまろ」を搭載します。
※2017年10月モデルも、アップデートで対応します。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WU2/B3 icon
(13.3型・第8世代Core・薄型軽量モバイル)
※Core i3は、第7世代Core

東芝、4コア高性能・第8世代Core i7-8550U搭載ハイスペックノートPC「dynabook AZ65/F(2018年春モデルPC)」

東芝は、「dynabook AZ65/F(2018年春モデルPC)」を発売します。

dynabook AZ65/F
(15.6型・スタンダードノート)
特徴
・動画編集もスムーズ、クアッドコアの第8世代Core i7を搭載
・独自の空冷技術で、CPUのパワーを最大限に発揮
・改良を重ね、操作感を向上させた、キーボードを搭載
・オンキヨーと共同開発、2way 4speakersを搭載
・液晶の色補正を実施、フルHD IPS液晶を搭載
・高速化を実現、高速SSD搭載モデルを選択可能

レビュー
直販モデル「AZ65/F」は、15.6型ノートの最上位モデルで、上位Core i7を標準搭載します。
そして、最上位モデルらしく、大容量で高速な「1TB SSDモデル」なども、用意されています。

また、東芝スタンダードノートは、高音質を特徴としていて、2018年春モデルで大幅強化しています。

2018年春モデルで、大幅強化
2コアから『4コア』となった「第8世代Core」に刷新し、基本性能の大幅向上を、TDP15Wの省電力で実現します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz/TDP15W:約550/165
第8世代Core i5-8250U 4コア8スレッド/1.6-3.4GHz/TDP15W:約535/145
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:約340/140

そして、新開発の「2way 4speakers」を搭載し、サウンド面も大幅強化しています。

詳細・購入はこちら
dynabook AZ65/F
(15.6型・スタンダードノート)