2016年夏モデルパソコン 

2016年のパソコン夏モデルも、5月前後に発表されました。
続きを読む

NEC、第6世代Pentium 4405U搭載・新世代エントリーノートPC「LAVIE Direct NS(e) [Note Standard](2016年夏モデルPC)」 

NECは、「LAVIE Direct NS(e) [Note Standard](2016年夏モデルPC)」を発売します。
icon icon
LAVIE Direct NS(e) [Note Standard] icon
(第6世代CPU・エントリーノート)
特徴
・最新Skylake世代の「Pentium 4405U」、「Celeron 3855U」から選択可能
・高速PC4-17000/デュアルチャネル対応のメモリ16GBを選択可能
・アプリケーションを高速起動できる、SSHDを選択可能
・高音質で楽しめるヤマハ AudioEngineを搭載
・薄さ22.6mmのスリムで、凹凸の少ないすっきりとしたデザイン
・周辺機器とワイヤレスで接続できる「Bluetooth テクノロジー」を標準搭載

レビュー
2016年夏モデルでフルモデルチェンジしたNEC直販モデル「Direct NS(e)は、国内最大手メーカー製としては、低価格を魅力とするエントリーノートPCです。

エントリーノートなので、全面的に抑えられていますが、
直販モデルでは、HDD特有の遅さを改善する「SSHD」を選択でき、PCは(タブレットやスマホに比べ)OSやソフトの起動が遅いを、改善します。

CPUも、Celeron N3160などタブレット向け(Atom)ベース『N』ではなく、ノートPC向け『Uシリーズ』を搭載し、『PC』らしい最低限の性能を確保しています。

ラインアップ「Pentium 搭載モデル」では
2コア4スレッドの「Pentium 4405U」を搭載し、上位Corei 3に迫る、必要十分なCPU性能を実現します。
ただし、グラフィックス性能などで差があるため、総合性能ではしっかり劣ります。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i3-6100U 2コア4スレッド/2.3GHz/3MBキャッシュ:約250/100
(第6世代)Pentium 4405U 2コア4スレッド/2.1GHz/2MBキャッシュ:約225/90
(第6世代)Celeron 3855U 2コア2スレッド/1.6GHz/2MBキャッシュ:約130/70
Celeron N3160 4コア4スレッド/1.6-2.24GHz/TDP6W:約130/35

詳細・購入はこちら
LAVIE Direct NS(e) [Note Standard] icon
(第6世代CPU・エントリーノート)
続きを読む

パナソニック、レッツノート20周年記念モデル「レッツノート RZシリーズ プレミアムエディション ジェットブラック(2016年夏モデルPC)」 

パナソニックは、「レッツノート RZシリーズ プレミアムエディション ジェットブラック(2016年夏モデルPC)」を発売します。

RZシリーズ プレミアムエディション ジェットブラック
特徴
・20周年記念モデルとして、待望のジェットブラックを採用
・第6世代インテルCore m7-6Y75 vPro プロセッサーを搭載
・打ちやすさにこだわった、キーストローク1.5mmキーボード
・薄く・軽く、でも従来の強度を維持する頑丈設計
・斜めからでも画面が見やすい、WUXGA(1920×1200)IPS液晶
・USBやLANなど、コネクター類を標準サイズで、フル装備

レビュー
「RZ5」は、デタッチャブル/タブレットPC向けCPU「第6世代Core M」を搭載し、軽量を魅力とする2-in-1PCです。

ビジネスノート「レッツノート」らしく、頑丈設計による信頼性や、使い勝手の良さも妥協なく追求されています。

20周年記念モデル
本体色に、「ジェットブラック」を採用する、最上位クラスモデルとして、発売されます。

最上位モデルらしく、Core m7-6Y75 vPro、SSD512GB/メモリー16GB、LTE対応などを、標準搭載します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
Core i7-6700HQ 4コア8スレッド/2.6-3.5GHz/TDP45W:約675/145
Core i7-6600U 2コア4スレッド/2.6-3.4GHz/TDP15W:約325/145
Core m7-6Y75 2コア4スレッド/1.2-3.1GHz/TDP4.5W:約185/100
Core m5-6Y54 2コア4スレッド/1.1-2.7GHz/TDP4.5W:約155/85
Core m3-6Y30 2コア4スレッド/0.9-2.2GHz/TDP4.5W:約150/80

詳細・購入はこちら
RZシリーズ プレミアムエディション ジェットブラック
続きを読む

エプソン、第6世代Celeron G3900搭載可能デスクトップパソコン「Endeavor MR7400」 

エプソンダイレクトは、「Endeavor MR7400」を発売します。

Endeavor MR7400
(第6世代Core・ミニタワーPC)
特徴
・進化したインテル第6世代CPUを搭載
・高速なDDR4を最大64GBまで搭載可能
・高速なPCI Express x4に対応したM.2 SSDが搭載可能
・350Wよりも大きな電源容量を持つ650W電源を選択可能
・フルサイズボード搭載可能、コンパクトなミニタワーケースを採用
・VGA、DVD-I、HDMIにより、最大で3台のディスプレイが接続可能

レビュー
「MR7400」は、拡張性に優れるミニタワーケースを採用するデスクトップPCで、
TDP91W版の高性能CPU「Core i7-6700K」や、ハイスペックGPU「GeForce GTX970」、OpenGLの「Quadro K4200」など、高性能を実現可能です。

2016年夏では
第6世代CPU「Skylake-S」から、最下位のCeleron G3900を選択できるようになり、(性能は大きく劣りますが)価格を抑えて購入できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700K 4コア8スレッド/最大4.2GHz/8MBキャッシュ:約880/180
第6世代Core i7-6700 4コア8スレッド/最大4.0GHz/8MBキャッシュ:約790/170
第6世代Core i5-6400 4コア4スレッド/最大3.3GHz/6MBキャッシュ:約500/140
第6世代Core i3-6100 2コア4スレッド/3.7GHz/3MBキャッシュ:約390/150
(第6世代)Pentium G4400 2コア2スレッド/3.3GHz/3MBキャッシュ:約250/140
(第6世代)Celeron G3900 2コア2スレッド/2.8GHz/2MBキャッシュ:約215/120

詳細・購入はこちら
Endeavor MR7400
(第6世代Core・ミニタワーPC)

エプソン、在庫処分価格×8コア6コアインテルCore i7搭載デスクトップPC「Endeavor Pro8100」 

エプソンダイレクトは、「Endeavor Pro8100」を発売します。

Endeavor Pro8100
(ハイエンドCPU・フラッグシップPC)
特徴
・8コア16スレッドのフラッグシップCore i7-5960X EEを搭載可能
・6コア12スレッドのフラッグシップCore i7-5820Kを標準搭載
・最大128GBの大容量DDR4メモリーを搭載可能
・高速なPCI Express x4に対応したM.2 SSDを搭載可能
・3Dグラフィックスの描画から制作まで対応したビデオボードを選択可能
・メンテナンス性と拡張性を考慮したミドルタワーケース

レビュー
「Pro8100」は、インテルのコンシューマー向け初8コアCPU「Core i7-5960X Extreme Edition」を選択できる、フラッグシップデスクトップPCです。

CPU性能比較(PassMark)
Core i7-5960X 8コア16スレッド:約16000
Core i7-5930K 6コア12スレッド:約13700
Core i7-5820K 6コア12スレッド:約13000
Core i7-6700K 4コア8スレッド:約11000

ビデオカードには、GeForce GTX970など「3Dグラフィックス系」に加え、Quadro K4200など「Open GL系」も、選択できます。

2016年夏では、在庫処分
1000W電源搭載モデルが、在庫処分で値下げされ、650W電電搭載モデルと、同価格となっています。

なお、2016年5月に、後継の新世代ハイエンドCPU「Broadwell-E」が、発売済みとなります。
CPU単体で20万円前後となる「Core i7-6950X」では、10コア20スレッドとなります。

詳細・購入はこちら
Endeavor Pro8100
(ハイエンドCPU・フラッグシップPC)
続きを読む