富士通、高性能な4コア第8世代Core搭載可能ハイスペックノート「LIFEBOOK AHシリーズ WA3/C2(2018年6月モデルPC)」 

富士通は、「LIFEBOOK AHシリーズ WA3/C2(2018年6月モデルPC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA3/C2 icon
特徴
・左右約7.8mm幅のすっきりとした狭額縁液晶を採用
・ONKYOと共同開発のハイレゾスピーカーを搭載
・毎日心地よく使うために、360°美しいオムニデザイン
・最新の第8世代インテル クアッドコアCPUを選択可能
・高速なSSD+大容量HDDのデュアルストレージを選択可能
・「打つ」心地よさにこだわったキーボードを採用
続きを読む

富士通、安価なAMD A9-9425/E2-9000 APU搭載スタンダードノート「LIFEBOOK AHシリーズ WAA/C2(2018年6月モデルPC)」 

富士通は、「LIFEBOOK AHシリーズ WAA/C2(2018年6月モデルPC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK AHシリーズ WAA/C2 icon
(AMD APU・ベーシックノート)
特徴
・AMD社の第7世代APU「A9-9425」と「E2-9000」から選択可能
・スムーズな動画再生、AMD Radeonグラフィックスを内蔵
・メモリは、大容量「8GB」と、安価を実現「4GB」から、選択可能
・光学ドライブは、「Bul-ray」と、「DVD」ドライブから、選択可能
・OS起動などの動作が速い「SSD」を選択可能
・使いやすい、分離型クリックボタンを採用
続きを読む

富士通、安価で十分な性能Core i3-7020U搭載スタンダードノート「LIFEBOOK AHシリーズ WA2/C2(2018年6月モデルPC)」 

富士通は、「LIFEBOOK AHシリーズ WA2/C2(2018年6月モデルPC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK AHシリーズ WA3/C2、WA2/C2 icon
(第8/7世代Core・オールインワンノート)
特徴
・左右約7.8mm幅のすっきりとした狭額縁液晶を採用
・毎日心地よく使うために、360°美しいオムニデザイン
・WA2/C2は、2コアの第7世代Core i3を搭載
・高速なSSD+大容量HDDのデュアルストレージを選択可能
・豊富なインターフェースを搭載
・「打つ」心地よさにこだわったキーボードを採用
続きを読む

東芝、ちょうど良い512GB SSDが追加されたスタンダードノートPC「dynabook AZ55/G(2018年夏モデルPC)」 

東芝は、「dynabook AZ55/G(2018年夏モデルPC)」を発売します。

dynabook AZ55/G
特徴
・動画編集もスムーズ、クアッドコアの第8世代Core i7を搭載
・独自の空冷技術で、CPUのパワーを最大限に発揮
・液晶の色補正を実施した、フルHD IPS液晶を搭載
・指紋がつきにくい、ヘアライン加工のブラックボディを採用
・家中持ち運べる薄さ・軽さ、約7.5時間のバッテリー駆動を実現
・書き込み速度、読み出し速度の高速化「SSD」モデルを選択可能
続きを読む

富士通、高性能4コア第8世代Core搭載スタンダードノートPC「LIFEBOOK WA3/B3(2018年春PC)」 

icon icon
LIFEBOOK WA3/B3 icon
(第8世代Core・プレミアムデザインノート)
続きを読む

富士通、必要十分なCore i3-7130U搭載スタンダードノートPC「LIFEBOOK WA2/B3(2018年春PC)」 

icon icon
LIFEBOOK WA2/B3 icon
(第7世代Core・プレミアムデザインノート)
続きを読む

富士通、第7世代AMD A9-9420/E2-9000搭載低価格ノートPC「LIFEBOOK WAA/B3(2018年春PC)」 

icon icon
LIFEBOOK WAA/B3icon
(15.6型・エントリーノート)
続きを読む

富士通、AMD A8-7410/E1-7010 APU搭載低価格ノートPC「LIFEBOOK WA1/A3(2017年冬PC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WA1/A3(2017年冬PC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA1/A3icon(AMD APUモデル)
特徴
・クアッドコアの「A8シリーズ」、デュアルコアの「E1シリーズ」を選択可能
・動作が速く快適な「SSD」を選択可能
・Blu-rayDisc ドライブ、DVDスーパーマルチドライブから選択可能
・文字入力のしやすさを追求したキーボードを採用

レビュー
直販モデル「WA1/A3」は、コストパフォーマンスに優れるAMD APUを搭載し、低価格を魅力とするエントリーノートです。
インテルCPUに対し、絶対性能で劣りますが、AMD APUはネット動画をよりキレイに再生出来ます。

「AMD A8」は、ネットやSNS、ネット動画再生など、エントリーな使い方なら、無難な選択肢です。
「AMD E1」は、あまりに性能が低いため、要注意となります。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約550/165
Core i5-8250U 4コア8スレッド/1.6-3.4GHz:約535/145
AMD A8-7410 4コア4スレッド/最大2.5GHz:約175/50
AMD E1-7010 2コア2スレッド/最大1.5GHz:約70/35

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA1/A3icon(AMD APUモデル)
続きを読む

富士通、新たに第7世代Core i7-7500U/i5-7200U/i3-7100U搭載ベーシックノートPC「LIFEBOOK WA1/B2(2017年夏モデルPC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WA1/B2(2017年夏モデルPC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA1/B2 icon
(第7世代Core・快適性能ノート)
特徴
・最新第7世代インテルCore i7/Core i5/Core i3から選択可能
・OS起動などの動作が速い「SSD」を選択可能
・Blu-rayDisc ドライブ、DVDスーパーマルチドライブから選択可能
・文字入力のしやすさを追求したキーボードを採用

レビュー
直販モデル「WA1/B2」は、タッチ非対応フルHD液晶、第7世代Core、光学ドライブなどを標準搭載する、ベーシックなスタンダードノートです。

直販モデルでは、低価格でも無難な性能「Core i3」、定番「Core i5」、ハイスペック「Core i7+Radeon」モデルから選択できます。

そして、下位Core i3でも、HDD特有の遅さがない「SSD」を選択可能で、動作の高速化を低価格で実現出来ます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/最大3.5GHz/4MBキャッシュ:約340/145
第7世代Core i5-7200U 2コア4スレッド/最大3.1GHz/3MBキャッシュ:約325/130
第7世代Core i3-7100U 2コア4スレッド/2.4GHz/3MBキャッシュ:約250/95

2017年夏モデルでは、第7世代Coreを搭載
基本性能を、最新の「第7世代Core」に刷新しています。
第7世代Coreでは、さらなるCPU性能向上、4K動画関連機能の強化、消費電力の低減などを実現します。

そして、下位モデルながら、フルHD(1920×1080)液晶に刷新していて、魅力向上です。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA1/B2 icon
(第7世代Core・快適性能ノート)
続きを読む

富士通、タッチ非対応で低価格化4コアCore i7-7700HQ搭載高性能ノートPC「LIFEBOOK WA2/B2(2017年夏モデルPC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WA2/B2(2017年夏モデルPC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA3/B1、WA2/B2 icon
※「タッチ対応(ディスプレイ)」選択時WA3/B1、「タッチ非対応」選択時WA2/B2。
特徴
・画像処理能力が高いクアッドコアCPU「第7世代Core i7-7700HQ」を搭載
・OS起動などの動作が速い、「SSD」を選択可能
・WA2/B2は、タッチ機能のない「タッチ非対応フルHD液晶」を搭載
・キーストロークをやや深めの約2.5mmに設定した、打ち心地の良いキーボード

レビュー
直販モデル「WA2/B2」は、省電力など総合性能重視の「2コアCore i7-7500U」に対し、絶対性能重視となる「4コアCore i7-7700HQ」を搭載します。

CPU性能重視なので、ネット閲覧や動画再生、オフィス系作業などの一般用途に加え、マルチコア性能が活きる動画編集や画像編集にも力を発揮(高速化)します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第7世代Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/最大3.8GHz/6MBキャッシュ:約735/155
第6世代Core i7-6700HQ 4コア8スレッド/最大3.5GHz/6MBキャッシュ:約670/145
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/最大3.5GHz/4MBキャッシュ:約340/145

2017年夏モデル「WA2/B2」では
タッチパネル非搭載で低価格を実現する「WA2」にも、新世代CPU「第7世代Core」を新搭載します。
第7世代Coreでは、さらなるCPU性能向上や、4K動画関連機能の強化、消費電力低減などを、実現します。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA3/B1、WA2/B2 icon
※「タッチ対応(ディスプレイ)」選択時WA3/B1、「タッチ非対応」選択時WA2/B2。
続きを読む

富士通、第7世代Core i7-7500U+AMD Radeon R7 M460搭載ベーシックノートPC「LIFEBOOK WA1/B2(2017年夏モデルPC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WA1/B2(2017年夏モデルPC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA1/B2 icon
(第7世代Core・快適性能ノート)
特徴
・最新第7世代インテルCore i7/Core i5/Core i3から選択可能
・OS起動などの動作が速い「SSD」を選択可能
・Blu-rayDisc ドライブ、DVDスーパーマルチドライブから選択可能
・文字入力のしやすさを追求したキーボードを採用

レビュー
直販モデル「WA1/B2」は、タッチ非対応フルHD液晶、第7世代Core、光学ドライブなどを標準搭載する、ベーシックなスタンダードノートです。

2017年夏モデルでは、CPUを最新「第7世代Core」に刷新し、さらなるCPU性能向上、4K動画関連機能の強化、消費電力の低減などを、実現します。
2017年も主流となる「フルHD液晶」となった事も、大きな魅力向上となります。

Core i7-7500U+AMD RADEON R7 M460モデルでは
上位Core i7-7500Uに、2GBのビデオメモリを搭載するAMD Radeon R7 M460を搭載する、ベーシックノートのハイスペックモデルです。

中位モデル「LIFEBOOK WA2/B2icon」に対し、CPU性能は大幅に劣りますが、グラフィックスは若干上回る関係となり、安く購入出来ます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第7世代Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/最大3.8GHz/6MBキャッシュ:約735/155
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/最大3.5GHz/4MBキャッシュ:約340/145
第7世代Core i5-7200U 2コア4スレッド/最大3.1GHz/3MBキャッシュ:約325/130

GPU性能比較(3DMark Fire Strike Graphics)
AMD Radeon R7 M460:約1,200
Intel HD Graphics 630 (Core i7-7700HQ):約1,000
Intel HD Graphics 620 (Core i7-7500U):約900

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA1/B2 icon
(第7世代Core・快適性能ノート)
続きを読む

富士通、第7世代Core i7-7700HQ新搭載ノートパソコン「LIFEBOOK WA3/B1、WA2/B2」 

富士通は、「LIFEBOOK WA3/B1、WA2/B2」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA3/B1、WA2/B2 icon
(第7世代Core・プレミアムノート)
特徴
・画像処理能力が高いクアッドコアCPU「第7世代Core i7-7700HQ」を搭載
・最高のクオリティ、高輝度・広視野角のフルHD液晶を採用(WA3/B1)
・キーストローク約2.5mmに設定した、打ち心地の良いキーボード
・360度どこから見ても美しいオムニデザインを採用(WA3/B1)

レビュー
直販モデル「WA3/B1、WA2/B2」は、省電力など総合性能重視の「Uプロセッサー」に対し、絶対性能重視となる「Hプロセッサー」を搭載します。

ネット閲覧や動画再生、オフィス系作業など、一般用途に加え、マルチコア性能が活きる動画編集や画像編集にも力を発揮(高速化)します。

なお、絶対性能重視なので、PC本体の薄型・軽量化や、バッテリー駆動時間などでは、省電力な「Uプロセッサー」に劣ります。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/2.8-3.8GHz:約735/155
Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約550/165
Core i7-7567U 2コア4スレッド/3.5-4.0GHz:約380/155
Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:約335/140

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA3/B1、WA2/B2 icon
(第7世代Core・プレミアムノート)
続きを読む

富士通、Core i7-6700HQ/i5-6300HQ/i3-6100U搭載スタンダードノートPC「LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3」 

富士通は、「LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3」を発売します。
icon icon
特徴
・インテル社のクアッドコアCPU「Core i7プロセッサー」を選択可能
・Blu-rayDisc ドライブ、DVDスーパーマルチドライブから選択可能
・動作が速く快適な「SSD」を選択可能
・文字入力のしやすさを追求したキーボードを採用

レビュー
直販モデル「WA2/B1、WA2/A3」は、低解像度1366×768ドット液晶を搭載する、ベーシックなノートパソコンです。

直販モデルでは、下位Core i3でも、HDD特有の遅さがない「SSD」を選択可能で、動作の高速化を低価格で実現出来ます。

2017年1月モデルでは、Core i3モデルを発売
AMD APUに対し、シングルコア性能に優れるインテルCore i3モデル(WA2/B1)が、発売されます。

Core i7/i5搭載WA2/A3は、継続販売されます。
第7世代Coreが欲しい場合は、上位モデルWA3/B1が選択肢となります。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
Core i7-6700HQ 4コア8スレッド/最大3.5GHz/6MBキャッシュ:約670/145
Core i5-6300HQ 4コア4スレッド/最大3.2GHz/6MBキャッシュ:約475/130
Core i3-6100U 2コア4スレッド/2.3GHz/3MBキャッシュ:約250/100

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon
(第6世代Core・快適性能ノート)
続きを読む

富士通、高性能プレミアムノートPC「LIFEBOOK WA3/A3」 

富士通は、「LIFEBOOK WA3/A3」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA3/A3 icon
(プレミアムノート)
特徴
・写真も動画も最高のクオリティで、高輝度・広視野角のフルHD液晶を採用
・ハイレゾ再生に適したワイドレンジで歪みの少ないオンキヨー製スピーカーを搭載
・キーストロークをやや深めの約2.5mmに設定した、打ち心地の良いキーボード
・高性能な最新の第6世代 インテル クアッドコアCPUとDDR4メモリを搭載
・360度どこから見ても美しいオムニデザインを採用
・Windows 10の最新ビルド「Anniversary Update」を搭載

レビュー
直販モデル「WA3/A3」は、富士通のこだわりを満載した、プレミアム(高価格帯)ノートPCです。

基本性能も4コアCPU搭載で高性能なので、動画や写真編集にも、適します。

CPU性能比較(Cinebench R10 マルチコア/シングルコア)
第7世代Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/最大3.8GHz:約22200/5700
第6世代Core i7-6700HQ 4コア8スレッド/最大3.5GHz:約20100/5400
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/最大3.5GHz/:約12000/5600

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA3/A3 icon
(プレミアムノート)
続きを読む

富士通、AMD APU比で圧倒的に高性能Core i7-6700HQ/i5-6300HQ搭載スタンダードノートPC「LIFEBOOK WA2/A3」 

富士通は、「LIFEBOOK WA2/A3」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA2/A3icon(インテル4コアCPUモデル)
(快適性能ノート)
特徴
・Windows 10の最新ビルド「Anniversary Update」を搭載
・インテル第6世代のクアッドコアCPUを搭載
・動作が速く快適な「SSD」を選択可能
・Blu-rayDisc ドライブ、DVDスーパーマルチドライブから選択可能
・文字入力のしやすさを追求したキーボードを採用
・使いやすい、分離型クリックボタンを採用

レビュー
直販モデル「WA2/A3」は、下位モデル「WA1/A3」のAMD APUに対し、圧倒的な絶対性能となる「Core i7-6700HQ」か、「Core i5-6300HQ」を搭載します。

「Core i7-6700HQ」は、画像や動画の編集で、より力を発揮する、上位モデルです。
「Core i5-6300HQ」は、ネットやSNS、動画再生、オフィス作業など、一般利用で快適な性能を確保する、中位モデルです。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700HQ 4コア8スレッド/最大3.5GHz:約670/145
第6世代Core i5-6300HQ 4コア4スレッド/最大3.2GHz:約475/130
AMD A8-7410 4コア4スレッド/最大2.5GHz:約175/50
AMD E1-7010 2コア2スレッド/最大1.5GHz:約70/35

2016年10月モデルでは、Anniversary Updateを搭載
Windows 10の最新ビルド「Anniversary Update」を搭載します。
また、「Microsoft Office」との高い互換性を実現「KINGSOFT Office」を、選択できるようになっています。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA2/A3icon(インテル4コアCPUモデル)
(快適性能ノート)
続きを読む

富士通、4コアの高性能Core i7-6700HQ・i5-6300HQ搭載ベーシックノート「LIFEBOOK WA2/Z(2016年夏PC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WA2/Z(2016年夏PC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA2/Z icon
(第6世代Core・ベーシックノート)
特徴
・高性能なクアッドコアCPU、第6世代Core i7-6700HQ/i5-6300HQを選択可能
・低消費電力でありながら、より高速に動作する「DDR4 SDRAM」を採用
・パソコンの動作を飛躍的に速くする「約256GB SSD」を選択可能
・文字入力のしやすさを追求したキーボードを採用
・使いやすい、分離型クリックボタンを採用
・電源オフUSB充電機能を搭載

レビュー
直販モデル「WA2/Z」は、4コア8スレッドの「Core i7-6700HQ」か、4コア4スレッドの「Core i5-6300HQ」を搭載するベーシックノートPCです。

2コア/4スレッドの「Core i7-6500U」に対し、高いマルチスレッド性能を誇り、動画エンコードなどで力を発揮(高速化)します。

最上位モデル「WA3/Z」に対し、フルHDではなく「HD(1366×768ドット)」、オンキヨースピーカー非搭載など抑えられていますが、価格を抑えて購入できます。

CPU性能比較:Cinebench R15(富士通調べ)
第6世代Core i7-6700HQ 4コア8スレッド・最大3.5GHz:664
第6世代Core i5-6300HQ 4コア4スレッド・最大3.2GHz:367
第6世代Core i7-6500U 2コア4スレッド・最大3.1GHz:319

GPU性能比較(3DMark11 P GPU)
Intel HD Graphics 530(Core i7-6700HQ):約1500
Intel HD Graphics 4600(Core i7-4720HQ):約910

2016年5月モデルでは、Office 2016を選択可能に
2015年9月モデル「WA2/W」以来のモデルチェンジとなり、最新の「Office 2016」を、選択可能となっています。
※直販モデルでは、引き続き「Officeなし」を選択でき、価格を抑えることも可能です。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA2/Z icon
(第6世代Core・ベーシックノート)
続きを読む

富士通、第5世代Core i3-5005U/Celeron 3205U搭載低価格ノートPC「LIFEBOOK WA1/Z(2016年夏PC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WA1/Z(2016年夏PC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA1/Z icon
(第5世代Core・ベーシックノート)
特徴
・最新OS「Windows 10 Home 64ビット版」を搭載
・ベーシックな「Core i3-5005U」、低価格な「Celeron 3205U」を搭載可能
・最大100GBをディスク1枚に保存「BDXL対応Blu-ray Disc ドライブ」を選択可能
・速さと大容量データ保存を両立「約1TBハイブリッドハードディスク」を選択可能
・文字入力のしやすさを追求したキーボードを採用
・使いやすい、分離型クリックボタンを採用
・電源オフUSB充電機能を搭載

レビュー
直販モデル「WA1/Z」は、低価格でも無難な性能「Core i3-5005U」か、低性能・低価格な「Celeron 3205U」を搭載する、低価格ベーシックノートPCです。

ただ、旧世代となる「第5世代Core Uシリーズ」のため、最新の「第6世代Core Hシリーズ」を搭載する「WA2/Z」とは、絶対性能で大きく劣ります。
また、高速化を体感できる「SSD」も、選択できません。

CPU性能比較:Cinebench R15
第6世代Core i7-6700HQ 4コア8スレッド・最大3.5GHz:664(富士通調べ)
第6世代Core i5-6300HQ 4コア4スレッド・最大3.2GHz:367(富士通調べ)
第5世代Core i3-5005U 2コア4スレッド・2.0GHz:約210
(第5世代)Celeron 3205U 2コア2スレッド・1.5GHz:約115

2016年5月モデルでは、Office 2016を選択可能に
2015年9月モデル「WA1/W」以来のモデルチェンジとなり、最新の「Office 2016」を、選択可能となっています。
※直販モデルでは、引き続き「Officeなし」を選択でき、価格を抑えることも可能です。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA1/Z icon
(第5世代Core・ベーシックノート)
続きを読む

富士通、Core i7-6500U比2倍超の高性能Core i7-6700HQ搭載プレミアムノート「LIFEBOOK WA3/Z(2016年夏PC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WA3/Z(2016年夏PC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA3/Z icon
(第6世代Core・高性能ノート)
特徴
・360度どこから見ても美しいオムニデザインを採用
・最新クアッドコアの「第6世代インテルCore i7プロセッサー」を搭載
・より高速に動作する「DDR4メモリ」を採用
・高輝度・高色純度・広視野角のフルHD液晶を採用
・ハイレゾ再生に適したワイドレンジで歪みの少ないオンキヨー製スピーカーを搭載
・キーストロークをやや深めの約2.5mmに設定した、打ち心地の良いキーボード

レビュー
直販モデル「WA3/Z」は、富士通15.6型ノートの最上位モデルで、4コアの「第6世代Core i7-6700HQ」を搭載し、2コアの「第6世代Core i7-6500U」に対し、2倍超の高いCPU性能を誇ります。
※6500Uは、本体の薄型・軽量化や駆動時間を重視する、モバイルPCで力を発揮します。

そして、最上位モデルらしく、本体の質感や、キーボードへのこだわりに加え、高音質スピーカーなど、付加価値も高められています。

直販モデルでは、カタログ(店頭販売)モデル「AH77/Y」をベースに、高速化を体感できる「SSD」を選択できることが、魅力となります。

CPU性能比較:Cinebench R15(富士通調べ)
第6世代Core i7-6700HQ 4コア8スレッド・最大3.5GHz:664
第6世代Core i5-6300HQ 4コア4スレッド・最大3.2GHz:367
第6世代Core i7-6500U 2コア4スレッド・最大3.1GHz:319

GPU性能比較(3DMark11 P GPU)
Intel HD Graphics 530(Core i7-6700HQ):約1500
Intel HD Graphics 4600(Core i7-4720HQ):約910

2016年5月モデルでは、大容量SSDを選択可能に
2015年10月モデル「WA3/W」以来のモデルチェンジとなり、新たに「約512GB SSD」を選択可能となっています。

そして、最新の「Office 2016」を、選択可能となっています。
※直販モデルでは、引き続き「Officeなし」を選択でき、価格を抑えることも可能です。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA3/Z icon
(第6世代Core・高性能ノート)
続きを読む

富士通、最新4コア第6世代Core i7-6700HQ/Core i5-6300HQ搭載高性能ノートPC「LIFEBOOK WA2/Z」 

富士通は、「LIFEBOOK WA2/Z」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA2/Z icon
特徴
・最新OS「Windows 10 Home 64ビット版」を搭載
・最新の第6世代Core i7-6700HQ/i5-6300HQを搭載可能
・低消費電力でありながら、より高速に動作する「DDR4 SDRAM」を採用
・パソコンの動作を飛躍的に速くする「約256GB SSD」を選択可能
・サクサク入力、使いやすさを追求したキーボードを採用
・使いやすい、分離型クリックボタンを採用

レビュー
直販限定モデル「WA2/Z」は、ハイエンドノート向け『Hシリーズ』から、4コア/8スレッドの「Core i7-6700HQ」か、4コア/4スレッドの「Core i5-6300HQ」を搭載する、高性能CPUモデルです。

主力で2コア/4スレッドの「Core i7-6500U」など『Uシリーズ』に対し、高いマルチスレッド性能を誇り、動画エンコードなどで力を発揮(高速化)します。

そして、ネットや資料作成など普段使いでも、より快適な動作を実現します。

最上位モデル「WA3/Z」に対し、フルHDではなく「HD(1366×768ドット)」、オンキヨースピーカー非搭載など抑えられていますが、価格を抑えて購入できます。

CPU性能比較(CINEBENCH R15)
第6世代Core i7-6700HQ 4コア8スレッド・最大3.5GHz:664
第4世代Core i7-4712HQ 4コア8スレッド・最大3.3GHz:564
第6世代Core i5-6300HQ 4コア4スレッド・最大3.2GHz:367
第6世代Core i7-6500U 2コア4スレッド・最大3.1GHz:319

GPU性能比較(3DMark11 P GPU)
Intel HD Graphics 530(Core i7-6700HQ):約1500
Intel HD Graphics 4600(Core i7-4712HQ):約910

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA2/Zicon(2016年5月モデル)
LIFEBOOK WA2/Wicon(2015年9月モデル)
続きを読む

富士通、4コアCore i7-6700HQ/i5-6300HQ/i3-5005U/Celeron 3205U搭載スタンダードノートPC「LIFEBOOK WA2/W、WA1/W」 

富士通は、「LIFEBOOK WA2/W、WA1/W」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA2/W、WA1/W icon
特徴
・最新OS「Windows 10 Home 64ビット版」を搭載
・最新4コアCPU「第6世代Core i7-6700HQ/i5-6300HQ」を選択可能
・省電力CPU「第5世代Core i3-5005U/Celeron 3205U」を選択可能
・話題のハイレゾの音源に対応するヘッドホン端子を搭載
・サクサク入力、使いやすさを追求したキーボードを採用
・使いやすい、分離型クリックボタンを採用

レビュー
直販限定スタンダードモデル「WA2/W」は、4コア/8スレッドの「Core i7-6700HQ」か、4コア/4スレッドの「Core i5-6300HQ」を搭載し、動画のエンコードなどで、力を発揮します。

直販限定エントリーモデル「WA1/W」は、普段使いなら十分な性能「Core i3-5005U」か、低性能も低価格「Celeron 3205U」を、搭載できます。

CPU性能比較(PassMark)
第6世代Core i7-6700HQ:約8000
第6世代Core i5-6300HQ:約5800
第5世代Core i3-5005U:約2900
(第5世代)Celeron 3205U:約1700
※第6世代Coreは、数値が変動している可能性があります・

2015年秋冬モデルでは、約1年ぶりのフルモデルチェンジ
本体デザインが新しくなり、Windows 10の搭載ともに、タッチパッドにクリックボタンが復活しています。

『CPU』が、「第4世代Core」から、「第6世代Core/第5世代Core」に刷新しています。

「WA2/W」は、新規格「DDR4メモリ」を搭載し、高速な「SSD」を選択できるようになっています。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA2/W、WA1/W icon
続きを読む

富士通、4コア化で60%の大幅進化第6世代Core i5-6300HQ搭載高性能ノートPC「LIFEBOOK WA2/W」 

富士通は、「LIFEBOOK WA2/W」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA2/W icon
特徴
・最新OS「Windows 10 Home 64ビット版」を搭載
・最新の第6世代Core i7-6700HQ/i5-6300HQを搭載可能
・低消費電力でありながら、より高速に動作する「DDR4 SDRAM」を採用
・パソコンの動作を飛躍的に速くする「約256GB SSD」を選択可能
・サクサク入力、使いやすさを追求したキーボードを採用
・使いやすい、分離型クリックボタンを採用

レビュー
直販限定モデル「WA2/W」は、ハイエンドノート向け『Hシリーズ』から、4コア/8スレッドの「Core i7-6700HQ」か、4コア/4スレッドの「Core i5-6300HQ」を搭載する、高性能CPUモデルです。

「第6世代Core i5-6300HQ」は、前世代までの「2コア」から『4コア』に刷新され、
「第4世代Core i5-4300M」比で、最大60%の大幅性能向上を実現し、主力の「第6世代Core i7-6500U」を上回るCPU性能を、お手頃価格で実現します。
※Core i7-6500Uに対しては、省電力性は劣ります。

CPU性能比較(CINEBENCH R15)
第6世代Core i7-6700HQ(4コア8スレッド):664
第6世代Core i5-6300HQ(4コア4スレッド):367
第6世代Core i7-6500U(2コア4スレッド):319

2015年秋冬モデルでは
2014年10月モデル「WA2/S」以来、約1年ぶりのフルモデルチェンジとなり、
『CPU』が、「第4世代Core i7-4712HQ」から、「第6世代Core」に刷新しています。
※富士通は、「第5世代Core i7-5700HQ」で未発売のため、一気に2世代刷新です。

『メモリ』も、最新規格の「DDR4メモリ」に刷新しています。
『筐体・デザイン』も更新し、タッチパッドにクリックボタンが復活しています。
『ストレージ』に、HDDに対し圧倒的に高速な「SSD」が、追加されています。
『OS』も、Windows 8.1から最新の「Windows 10」を新搭載します。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA2/W icon
続きを読む

富士通、最新Windows 10搭載スタンダードノートPC「LIFEBOOK WA1/W」 

富士通は、「LIFEBOOK WA1/W」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA1/W icon
特徴
・最新OS「Windows 10 Home 64ビット版」を搭載
・ベーシックな「Core i3-5005U」、低価格な「Celeron 3205U」を搭載可能
・最大100GBをディスク1枚に保存「BDXL対応Blu-ray Disc ドライブ」を選択可能
・速さと大容量データ保存を両立「約1TBハイブリッドハードディスク」を選択可能
・サクサク入力、使いやすさを追求したキーボードを採用
・使いやすい、分離型クリックボタンを採用

レビュー
直販限定モデル「WA1/W」は、低価格でも無難な性能「Core i3-5005U」か、低性能・低価格な「Celeron 3205U」を搭載する、低価格スタンダードノートPCです。

上位の「WA2/W(Core i7-6700HQ/i5-6300HQ)」に対し、CPU性能は大幅に劣りますが、長時間バッテリー駆動を魅力とします。

2015年秋冬モデルでは
2014年10月モデル「WA1/S」以来、約1年ぶりのフルモデルチェンジとなり、
CPUが「第4世代Core M(TDP37W)」から、「第5世代Core U(TDP15W)」に刷新され、バッテリー駆動時間が、大幅に向上しています。
Core i3-4000M(約2.6時間)→Core i3-5005U(約8.7時間)
Celeron 2950M(約2.4時間)→Celeron 3205U(約6.8時間)

『筐体・デザイン』も更新し、タッチパッドにクリックボタンが復活しています。
『OS』も、Windows 8.1から最新の「Windows 10」を新搭載します。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA1/W icon
続きを読む

富士通、お手頃価格で4コアCore i7-4712MQ搭載可能ノートPC「LIFEBOOK WA1/S(2015年夏PC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WA1/S(2015年夏PC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA1/S icon
(ベーシックノート)
続きを読む

富士通、数少ない4コアCore i7-4712HQ搭載高性能脳ノートPC「LIFEBOOK WA2/S(2015年夏PC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WA2/S(2015年夏PC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA2/S icon
(ハイスペックノート)
続きを読む

富士通、高性能4コアCore i7搭載可能日本製ベーシックノート「LIFEBOOK WA1/S(2015年春PC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WA1/S(2015年春PC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA1/S icon
(ベーシックノート)
続きを読む

富士通、高性能4コアCore i7搭載主力ノート「LIFEBOOK WA2/S(2015年春PC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WA2/S(2015年春PC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA2/S icon
(ハイスペックノート)
続きを読む

富士通、2015年新コンセプトハイスペックPC「LIFEBOOK GH77/T(2015年モデルPC)」 

富士通は、「LIFEBOOK GH77/T」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK GH77/T icon
(15.6型・ハイスペック New Style PC)

LIFEBOOK GH77/Tの特徴
・高度な処理能力を凝縮したインテル Core i7プロセッサーを搭載
・約1TBのHDDを2つ搭載しているので、データをたっぷり保存
・快適に動作する、デュアルチャネルに対応した8GBのメモリを搭載
・どんなスタイルで見ても、大人数でも見やすい、15.6型IPS液晶
・ディスプレイは、ガラス面に傷がつきにくく、高強度な「Dragontrail」を採用
・15.6型ディスプレイとしては世界最薄の9.8mm、世界最軽量約980gを実現

レビュー
15.6型ディスプレイを採用する新スタイルPCです。

『2015年1月モデル』で目玉となる、新登場の「LIFEBOOK GHシリーズ」は、小型デスクトップPCと、世界最薄・世界最軽量の15.6型ワイヤレスディスプレイを採用した、家中利用での次世代のPCです。

基本性能は、メインストリームノート向け新世代CPU「第5世代Core Uシリーズ(TDP15W)」ではなく、ハイパフォーマンスノート向け「第4世代Core Hシリーズ」のCore i7-4712HQを搭載します。
2コア/4スレッドのUシリーズに対し、Core i7-4712HQは4コア/8スレッドとなり、高いマルチスレッド性能を魅力とします。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK GH77/T icon
(15.6型・ハイスペック New Style PC)
続きを読む

富士通、4コアCore i7搭載可能日本製ベーシックノート「LIFEBOOK WA1/S」 

富士通は、「LIFEBOOK WA1/S」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA1/S icon
(ベーシックノート)

LIFEBOOK WA1/Sの特徴
・信頼の「MADE IN JAPAN」
・CPUに、エントリーCeleronから、高性能Core i7まで選択可能
・低価格500GB HDD、大容量1TB HDDから選択可能
・押しやすい球面シリンドリカルキートップのナチュラルフィットキーボードを採用
・次世代高速無線通信規格 IEEE802.11acに対応
・最新のOffice Premiumを選択可能

レビュー
15.6型ワイド液晶を搭載するノートPCです。

AHシリーズ(下位のWA1)は、主流の『タッチ対応でフルHD超(1920×1080ドット以上)液晶』ではなく、『タッチ非対応で1366×768ドット液晶』に魅力を感じる方向けのベーシックノートです。

そして、直販限定のWA1は、ベーシックモデルでも、信頼の「MADE IN JAPAN(日本製)」であることを、大きな魅力とします。


富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WA1/S」では、
CPUに、Core i7-4712MQ(PassMarkベンチマークスコア:約7300)、Core i5-4210M(スコア:約4300)、Core i3-4000M(スコア:約3300)、Celeron 2950M(スコア:約2200)から選択できます。

そして、メモリやHDD容量、Blu-rayが不要なら「DVDスーパーマルチドライブ」、TV機能が必要なら「ネットワークテレビチューナー」、Microsoft Officeが不要なら「なし」など、予算や用途に応じたカスタマイズに対応しています。


5ヶ月ぶりのモデルチェンジとなる「2014年10月モデル」では、
新たにマルチスレッド性能が魅力となる4コア/8スレッドの「Core i7-4712MQ」を選択できるようになっています。

そして、新バージョンへのアップデートが『永続無償』となった、2014年10月発表の「Office Premium」から、『Office Personal Premium』か、上位の『Office Home and Business Premium』を選択できるようになっています。
なお、引き続き、直販モデルでは、『Officeなし』を選択でき、価格を抑える事も可能です。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA1/S icon
(ベーシックノート)
続きを読む

富士通、アプリを絞り低価格を実現したWEB限定ノートPC「LIFEBOOK WAA/S」 

富士通は、「LIFEBOOK WAA/S」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WAA/S icon
(WEB MART限定アプリ必要最小限モデル)

LIFEBOOK WAA/Sの特徴
・15.6型ワイド HD タッチ非対応 ノングレア液晶を搭載
・インテル第4世代CPU(Haswell)を標準搭載
・最新CPU「Core i5-4210M(Haswell Refresh)」を選択可能
・8GBメモリまで選択可能
・最新の「Office Premium」を選択可能
・アプリケーションの搭載を必要最小限に絞り、低価格を実現

レビュー
15.6型液晶を搭載するノートパソコンです。

「2014年11月モデル」として登場の「LIFEBOOK WAA/S」は、法人向け(LIFEBOOK A574/KWicon?)をベースとしたと思われる、『個人向けモデル』です。
また、富士通直販「WEB MART」限定販売モデルとなります。

一般的な個人向けモデルと大きく異なる点として、アプリケーションの搭載が、必要最低限に絞られています。
そして、電話問い合わせが初回から有料など、PC初心者向けモデルではありませんが、価格が抑えられています。


基本システムは、最新の第4世代CPU(Haswell)を搭載します。
CPUの性能比較(PassMark)では、
Core i5-4210Mが『約4300』
Core i3-4100Mが『約3650』
Celeron 2950Mが『約2050』
価格重視ならCeleronですが、無難な選択肢はCore i3と言えます。


そして、非光沢(ノングレア)液晶であることもポイントです。
また、最新の「Office Premium」を選択できるほか、「Officeなし」も選択でき、2万円程度価格を抑えることも可能です。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WAA/S icon
(WEB MART限定アプリ必要最小限モデル)
続きを読む

富士通、高性能Core i7-4712HQ搭載ノートパソコン「LIFEBOOK AHシリーズ WA2/S」 

富士通は、「LIFEBOOK WA2/S」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA2/S icon
(ハイスペックノート)

LIFEBOOK WA2/Sの特徴
・4コア/8スレッドのCore i7-4712HQを搭載
・いままでの大画面ノートPCにはない、シンプルで美しいデザイン
・約23.8mmの薄さで場所をとらず、360°どこから見ても美しいオムニデザイン
・快適操作を実現するナチュラルフィットキーボードを採用
・Pioneerと共同開発したハイクオリティスピーカーを搭載
・最新のOffice Premiumを選択可能

レビュー
15.6型ワイド液晶を搭載するノートPCです。

AHシリーズ(上位のWA2)は、富士通の主力・万人向けで、日本製(MADE IN JAPAN)ならではの信頼性と安心感が魅力となります。

そして、15型ノートにある、分厚く重い、バッテリーが持たないなどの不満点が、大きく改善されています。
また、高速OS「Windows 8.1 Update」により、起動が遅いも改善されています。



富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WA2/S」では、HDD特有の遅さを改善する「ハイブリッドHDD」、TV機能が必要なら「ネットワークテレビチューナー」、Microsoft Officeが不要なら「なし」など、予算や用途に応じたカスタマイズに対応しています。



そして、CPUに『4コア8スレッド』の「第4世代Core i7-4712HQ」を搭載する事が特徴です。
『2コア4スレッド』の「第5世代Core i7-5500U」に対しても、高いマルチスレッド性能が魅力となり、マルチスレッド性能を活かせる『動画エンコード』を、より高速に行えます。
ただ、ネット閲覧や動画再生など一般的な用途では、Uシリーズでも十分すぎるので、体感差は無い可能性が高いです。
※あくまで使い方次第ですが、『動画像編集』を行う方は、Hシリーズがおすすめと言えます。

CPU性能比較(PassMarkベンチマークスコア)
第4世代Core i7-4712HQ 4コア/8スレッド/2.3GHz/TDP37W:約7600
第5世代Core i7-5500U 2コア/4コア/2.4GHz/TDP15W:約4250

8スレッドを活かせる用途があるのなら、圧倒的なマルチスレッド性能が魅力となります。

CPU性能比較・1スレッドあたり(PassMarkベンチマークスコア)
第4世代Core i7-4712HQ 2.3GHz/TDP37W:約1800
第5世代Core i7-5500U 2.4GHz/TDP15W:約1700

ただ、1スレッドあたりでは差はなくなるため、何となく「2コアより4コアが良さそう」など、8スレッドを活かせる明確な用途がないなら、性能差(体感差)はわずかとなります。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA2/S icon
(ハイスペックノート)