富士通、4コアCore i7-7700HQ搭載可能液晶一体型デスクトップPC「ESPRIMO WF1/B3」 

icon icon
ESPRIMO WF1/B3 icon
(23.8型・大画面PC)
続きを読む

富士通、AIアシスタントが搭載された「ESPRIMO WF2/B3」 

icon icon
ESPRIMO WF2/B3icon
(27型・大画面デスクトップ)
続きを読む

富士通、高性能4コアCore i7-7700HQ搭載27型大画面液晶一体型PC「ESPRIMO WF2/B2(2017年秋冬PC)」 

icon icon
ESPRIMO WF2/B2 icon
(第7世代Core・27型大画面デスクトップ)

大画面プレミアムPC
大画面液晶や2.1chスピーカー、映像や音楽に強いプレミアムPCです。

高価格帯となるプレミアムPCなので、一般向け「Core i7-7500U」に対し、2倍以上の高性能「Core i7-7700HQ」など、基本性能も高くなっています。
なお、体感速度の面で、HDDは遅いので、SSDの選択は、必須と言えます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第7世代Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/2.8-3.8GHz:約735/155
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約550/165
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:約335/140

直販モデルでは、256GB SSD+3TB HDD、32GBメモリなど、ハイエンドなカスタマイズに対応します。
また、スーパーマルチ(DVD)ドライブ、テレビなし、Officeなしなど、予算や用途に応じたカスタマイズにも、対応します。
続きを読む

富士通、最新のCore i7-7700HQ新搭載27型大画面液晶一体型PC「ESPRIMO WF2/B2」 

富士通は、「ESPRIMO WF2/B2」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF2/B2 icon
(第7世代Core・27型大画面デスクトップ)
特徴
・高輝度・高色純度・広視野角の27型大画面液晶を搭載
・Pioneerと共同開発、高音質ハイレゾ対応2.1chスピーカーを搭載
・複数同時作業も快適なクアッドコアCPUを搭載
・2番組の同時録画も可能なテレビチューナーを選択可能
・「打つ」心地よさにこだわったキーボードを搭載
・USB 3.1(Gen2)Type-A×2、USB 3.0 Type-A×2ポートを搭載

レビュー
直販モデル「WF2/B2」は、大画面液晶や2.1chスピーカー、映像や音楽に強いプレミアムPCです。

高価格帯となるプレミアムPCなので、一般向け「Core i7-7500U」に対し、2倍以上の高性能「Core i7-7700HQ」など、基本性能も高くなっています。
なお、体感速度の面で、HDDは遅いので、SSDの選択は、必須と言えます。

直販モデルでは、256GB SSD+3TB HDD、32GBメモリなど、ハイエンドなカスタマイズに対応します。
また、スーパーマルチ(DVD)ドライブ、テレビなし、Officeなしなど、予算や用途に応じたカスタマイズにも、対応します。

2017年7月モデルでは、第7世代Coreに刷新
CPUを、さらなる性能向上や4K動画関連機能を強化した「第7世代Core」に刷新しています。

Core i7-7700HQは、液晶一体形PCに適した絶対性能重視CPUなので、最新のCore i7-8550Uも余裕で上回る性能を誇ります。
ただ、省電力性は劣ります。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第7世代Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/2.8-3.8GHz:約735/155
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約550/165
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:約335/140

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF2/B2 icon
(第7世代Core・27型大画面デスクトップ)
続きを読む

富士通、高性能な4コアCore i7-7700HQ搭載可能23.8型液晶一体型デスクトップPC「ESPRIMO WF1/B1(2017年夏モデルPC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/B1(2017年夏モデルPC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF1/B1 icon
(第7世代Core/Celeron・23.8型大画面PC)
特徴
・美しさを追求した4辺狭額フレームのディスプレイ
・複数同時作業も快適、第7世代インテル クアッドコアCPUを選択可能
・3波対応・長時間録画も可能なテレビチューナーを選択可能
・飛躍的な高速化&大容量ストレージ、SSD+HDDを選択可能

レビュー
直販モデル「WF1/B1」は、23.8型大画面液晶を搭載する、スタイリッシュ一体型デスクトップPCです。

直販モデルでは、CPU性能、メモリ容量など基本性能から、テレビ機能やMicrosoft Officeを省くなど、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズに対応します。

CPUには、4コア8スレッドの第7世代Core i7-7700HQを搭載できます。
絶対性能重視となり、メインPCとして購入するなら、魅力的な選択肢となります。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第7世代Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/最大3.8GHz/6MBキャッシュ:約735/155
第7世代Core i3-7100U 2コア4スレッド/2.4GHz/3MBキャッシュ:約250/95
(第7世代)Celeron 3865U 2コア2スレッド/1.8GHz/2MBキャッシュ:約140/75

2017年夏モデルPCでは、直販モデルは継続
家電量販店など向けのカタログモデルに「ESPRIMO FH52/B2icon」が、追加発売されます。
英語学習ソフトの搭載など、マイナーチェンジと言えます。

ハードウェアなどは、2017年1月モデルで、フルモデルチェンジしたばかりとなり、直販モデルは継続販売との事です。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF1/B1 icon
(第7世代Core/Celeron・23.8型大画面PC)
続きを読む

富士通、新登場の27型大画面プレミアムデスクトップPC「ESPRIMO WF2/A3」 

富士通は、「ESPRIMO WF2/A3」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF2/A3 icon
(27型大画面デスクトップ)
特徴
・迫力の映像が楽しめる、高輝度・高画質の27型大画面液晶を搭載
・画面の左右は約7mm、すっきりしたデザインの狭額縁
・Pioneerと共同開発、高音質ハイレゾ対応2.1chスピーカーを搭載
・3波対応・長時間録画も可能なテレビチューナーを選択可能
・複数同時作業も快適なクアッドコアCPUを搭載
・高速新規格のUSB 3.1(Gen1)Type-Cを1ポート搭載

レビュー
2016年10月モデルで新登場「WF2/A3」は、大画面液晶や2.1chスピーカーなど、映像や音楽に強い、プレミアムデスクトップPCです。

基本性能も、4コアCoe i7-6700HQの標準搭載に加え、高速SSD+大容量HDDを選択すれば、高い基本性能も実現出来ます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
Core i7-6700 4コア8スレッド/最大4.0GHz/TDP65W:約815/170
Core i7-6700HQ 4コア8スレッド/最大3.5GHz/TDP45W:約670/145
Core i7-6500U 2コア4スレッド/最大3.1GHz/TDP15W:約305/130

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF2/A3 icon
(27型大画面デスクトップ)
続きを読む

富士通、第7世代Core i7-7700HQ/i3-7100U/Celeron 3865U搭載・大画面デスクトップPC「ESPRIMO WF1/B1(2017年春PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/B1(2017年春PC)」を発売します。
icon icon
特徴
・美しさを追求した4辺狭額フレームのディスプレイ
・複数同時作業も快適、第7世代インテル クアッドコアCPUを選択可能(
・3波対応・長時間録画も可能なテレビチューナーを選択可能
・飛躍的な高速化&大容量ストレージ、SSD+HDDを選択可能

レビュー
直販モデル「WF1/B1」は、大画面×コンパクト筐体に、4コア「Core i7」まで搭載でき、高い基本性能を実現できます。

直販モデルでは、CPU性能、メモリ容量など基本性能から、テレビ機能やMicrosoft Officeを省くなど、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズに対応します。

2017年1月モデルで、フルモデルチェンジ
デザインの美しさを追求した、新筐体に一新しています。
画面サイズも、WF1/A3の23型から、「23.8型」と少し大きくなっています。

基本性能も、最新の「第7世代Core」に、刷新しています。
動画編集も快適「Core i7-7700HQ」、低価格だが最低限の性能確保「Core i3-7100U」、低価格だが低性能「Celeron 3865U」から、選択できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第7世代Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/最大3.8GHz:約22200/5700
第7世代Core i3-7100U 2コア4スレッド/2.4GHz:約9000/3900
(第7世代)Celeron 3865U 2コア2スレッド/1.8GHz:確認中

※性能重視のHシリーズ(TDP45W)と、省電力のUシリーズ(TDP15W)という、方向性の異なるCPUのため、Core i7とCore i3で全く別物と言える性能差となります。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF1/B1 icon
(第7世代Core/Celeron・23.8型大画面PC)
続きを読む

富士通、Windows 10 Anniversary Update新搭載23型デスクトップPC「ESPRIMO WF1/A3」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/A3」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF1/A3 icon
(23型大画面デスクトップ)
特徴
・23型の大画面ながら薄型でコンパクトな筐体を実現
・複数同時作業も快適なクアッドコアCPUを選択可能
・3波対応・長時間録画も可能なテレビチューナーを選択可能
・ハイレゾに対応したPioneer製のスピーカーを搭載
・飛躍的な高速化&大容量ストレージ、SSD+HDDを選択可能
・見やすさ重視、映り込みの少ない「ノングレア液晶」を選択可能

レビュー
直販モデル「WF1/A3」は、大画面×コンパクト筐体に、4コア「Core i7」まで搭載でき、高い基本性能を実現できます。

直販モデルでは、CPU性能、メモリ容量など基本性能から、テレビ機能やMicrosoft Officeを省くなど、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズに対応します。

そして、映り込みが少なく、大きな魅力となる「ノングレア液晶」を選択できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700T:約665/155
第6世代Core i3-6100T:約340/130
(第6世代)Celeron G3900T:約200/110

2016年冬モデルでは、Anniversary Updateを搭載
Windows 10の最新ビルド「Anniversary Update」を搭載します。
また、「Microsoft Office」との高い互換性を実現「KINGSOFT Office」を、選択できるようになっています。

そして、「256GB SSD+3TB HDD」を、選択できるようになっています。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF1/A3 icon
(23型大画面デスクトップ)
続きを読む

富士通、新スタイルデスクトップPC「ESPRIMO WW1/W(2016年夏)」 

富士通は、「ESPRIMO WW1/W(2016年夏)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WW1/W icon
特徴
・最新OS「Windows 10 Home 64ビット版」を搭載
・やりたいことに合わせて、3つのスタイルに自在に変形可能
・ディスプレイは無段階で好きな角度にかんたんに調整可能
・高色純度・広視野角の23型フルHD液晶を搭載
・最大5Gbpsの高速転送が可能なUSB3.0を4ポート搭載
・サクサク入力、使いやすさを追求したキーボードを採用

レビュー
直販モデル「WW1/W」は、PCとして使い慣れた「ベーシックスタイル」、タッチ操作メインの「タッチスタイル」、液晶をキャンバスのように使える「ペンスタイル」を簡単に切り替えられることが魅力となる、新世代デスクトップPCです。

直販モデルでは、用途や用途に応じた、幅広いカスタマイズから購入できます。

2016年夏では、2015年9月モデルを継続販売
引き続き、「2015年9月モデル」が、2016年夏も継続販売されるとの事です。
※ハードウェアは、古い「第4世代Core」となっています(最新は、第6世代Core)。

選択できる「Office Premium」は、古い「Office 2013」ですが、最新の「Office 2016」へ無償アップグレードが可能です。
※直販モデルでは、「Officeなし」を選択でき、価格を抑えることも可能です。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WW1/W icon
続きを読む

富士通、第6世代Core i7-6700T/i3-6100T/Celeron G3900T搭載23型液晶一体型PC「ESPRIMO WF1/X(2016年夏PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/X(2016年夏PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF1/X icon
(第6世代Core・大画面パソコン)
特徴
・機能性と高級感を両立させたデザインを採用
・ディスプレイの狭額縁化により、23型の大画面ながらコンパクトな筐体を実現
・パソコンの心臓部であるCPUには、インテル社の最新第6世代プロセッサーを採用
・ハイレゾに対応したPioneer製のスピーカーを搭載
・飛躍的な高速化&大容量ストレージ、SSD+HDDを選択可能
・見やすさ重視、映り込みの少ない「ノングレア液晶」を選択可能

レビュー
直販モデル「WF1/X」は、大画面×コンパクト筐体に、4コア「Core i7」まで搭載でき、高い基本性能を実現できます。

直販モデルでは、カタログ(店頭販売)モデル「FH77/XD」をベースに、CPU性能、メモリ容量など基本性能から、テレビ機能やMicrosoft Officeを省くなど、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズに対応します。

そして、実用性重視なら、大きな魅力となる「ノングレア液晶」を選択できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700T:約670/155
第6世代Core i3-6100T:約340/130
(第6世代)Celeron G3900T:約200/110

2016年夏では、新色「スノーホワイト」を選択可能に
2016年1月モデル「WF1/X」をベースに、新色本体カラー「スノーホワイト」が、発売されます。

そして、最新の「Office 2016」を、選択可能となっています。
※直販モデルでは、引き続き「Officeなし」を選択でき、価格を抑えることも可能です。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF1/X icon
(第6世代Core・大画面パソコン)
続きを読む

富士通、デスクトップPC向け第6世代Core i7-6700T/i3-6100T/Celeron G3900T搭載23型液晶一体型PC「ESPRIMO WF1/X(2016年春PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/X(2016年春PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF1/X icon
(第6世代Core・大画面パソコン)
特徴
・機能性と高級感を両立させたデザインを採用
・ディスプレイの狭額縁化により、23型の大画面ながらコンパクトな筐体を実現
・パソコンの心臓部であるCPUには、インテル社の最新第6世代プロセッサーを採用
・ハイレゾに対応したPioneer製のスピーカーを搭載
・飛躍的な高速化&大容量ストレージ、SSD+HDDを選択可能
・見やすさ重視、映り込みの少ない「ノングレア液晶」を選択可能

レビュー
直販モデル「WF1/X」は、大画面×コンパクト筐体に、4コア「Core i7」まで搭載でき、高い基本性能を実現できます。

直販モデルは、カタログ(店頭販売)モデル「FH77/XD」をベースに、CPU性能、メモリ容量など基本性能から、テレビ機能やMicrosoft Officeを省くなど、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズに対応します。

そして、実用性重視なら、大きな魅力となる「ノングレア液晶」を選択できます。

2016年1月モデルでは、デスクトップPC向け第6世代Coreに刷新
2015年5月モデル「WF1/U」以来のモデルチェンジとなり、
基本システムが、「ノートPC向け第4世代Core」から、『デスクトップPC向け第6世代Core(省電力版Tシリーズ)』に刷新し、基本性能が大きく向上しています。

そして、デスクトップPC向けCPUながら、電力効率の大幅向上などから、前世代モデルより低い消費電力(標準時)を、実現します。

CPU性能比較(Cinebench R15)
第6世代Core i7-6700T 4コア8スレッド/最大3.6GHz/HD530:712
第6世代Core i3-6100T 2コア4スレッド/3.2GHz/HD530:確認中(約340)
(第6世代)Celeron G3900T 2コア2スレッド/2.6GHz/HD510:確認中
第4世代Core i7-4712MQ 4コア8スレッド/最大3.3GHz/HD4600:約560
第4世代Core i3-4100M 2コア4スレッド/2.5GHz/HD4600:約250
(第4世代)Celeron 2950M 2コア4スレッド/2.0GHz/HD:約150

その他、最新「Windows 10」、「USB3.1(Gen1) Type-C×1」を搭載します。
テレビ機能では、再生互換性のある「SeeQVault」に対応します。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF1/X icon
(第6世代Core・大画面パソコン)
続きを読む

富士通、Windows 10搭載新スタイルデスクトップPC「ESPRIMO WW1/W」 

富士通は、「ESPRIMO WW1/W」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WW1/W icon
特徴
・最新OS「Windows 10 Home 64ビット版」を搭載
・やりたいことに合わせて、3つのスタイルに自在に変形可能
・ディスプレイは無段階で好きな角度にかんたんに調整可能
・高色純度・広視野角の23型フルHD液晶を搭載
・最大5Gbpsの高速転送が可能なUSB3.0を4ポート搭載
・サクサク入力、使いやすさを追求したキーボードを採用

レビュー
直販モデルの「WW1/W」は、PCとして使い慣れた「ベーシックスタイル」、タッチ操作メインの「タッチスタイル」、液晶をキャンバスのように使える「ペンスタイル」を簡単に切り替えられることが魅力となる、新世代デスクトップPCです。

直販モデルでは、用途や用途に応じた、幅広いカスタマイズから購入できます。

2015年秋冬モデルでは
2014年10月モデル「WW1/S」以来、約1年ぶりのモデルチェンジとなり、
OSが、「Windows 8.1」から、最新の『Windows 10』に刷新しています。

そして、「Core i7選択時」は、RealSense 3Dカメラが標準搭載され、Windows 10の新機能、カメラによる自動認証機能「Windows Hello」に対応します。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WW1/W icon

サイト内関連リンク
富士通 最新モデル一覧

富士通、4コアCore i7-4712MQ搭載新スタイル液晶一体型デスクトップPC「ESPRIMO WW1/S(2015年夏PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WW1/S(2015年夏PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WW1/S icon
(23型・新世代デスクトップPC)
続きを読む

富士通、ハイレゾ×大画面の新デザイン23型液晶一体型デスクトップPC「ESPRIMO WF1/U(2015年夏PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/U(2015年夏PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF1/U icon
(23型・ベーシックデスクトップPC)
続きを読む

富士通、日本製21.5型液晶一体型PC「ESPRIMO WF1/S(2015年春PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/S(2015年春PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF1/S icon
(21.5型・ベーシックデスクトップPC)
続きを読む

富士通、新世代デスクトップPC「ESPRIMO WW1/S(2015年春PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WW1/S」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WW1/S icon
(23型・新世代デスクトップPC)
続きを読む

富士通、TDP47W版Core i7-4710MQ搭載23型液晶一体型パソコン「ESPRIMO FHシリーズ WF2/R(2015年春PC)」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF2/R」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF2/R icon
(23型・ハイスペックテレビパソコン)
続きを読む

富士通、4コアCore i7搭載23型液晶一体型パソコン「ESPRIMO FHシリーズ WF2/R」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF2/R」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF2/R icon
(23型・ハイスペックテレビパソコン)

ESPRIMO FHシリーズ WF2/Rの特徴
・すっきりした「フルフラットファインパネル」
・サブウーファー搭載の最大出力30Wハイパワースピーカーを搭載
・地上・BS・110度CSデジタル×2 (ダブル録画/W-AVCREC対応)を選択可能
・スロットイン方式の大容量のBDXL対応Blu-ray Discドライブを搭載
・ディスプレイの見やすさに配慮したスイーベル / チルト機能
・次世代高速無線通信規格 IEEE802.11acに対応

レビュー
23型ワイド液晶を搭載するデスクトップパソコンです。

FHシリーズ(上位のWF2)は、専用のテレビやレコーダーに迫る機能を搭載していることが魅力で、1台で多くのことを完結させることができます。

PCとしての基本性能も、4コア/8スレッドのCore i7-4710MQを標準搭載し、16GBメモリまで選択できます。


富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WF2/R」では、大容量「16GBメモリ」、「HDD容量」、「Officeなし」など、予算や用途に応じてカスタマイズして購入することが出来ます。
なお、テレビ機能が不要なら「TV機能なし」の選択も可能です。


2013年6月モデル以来、約1年ぶりのモデルチェンジとなる2014年5月モデルでは、新たに次世代高速無線LAN「IEEE 802.11ac」に対応します。

そして、2014年4月発売の新CPU「Haswell Refresh」から、4コア/8スレッドでTB時最大3.5GHzとなった「Core i7-4710MQ」を搭載し、性能が少し向上しています。


2014年冬では、富士通は、「夏モデル」「秋冬モデル」のような、季節ごとのマイナーモデルチェンジを止めているため、『2014年5月モデル』が最新モデルとして継続販売されています。

ハードウェアなどは、他社2014年秋冬モデルと大きな差はありませんが、
選択できるOfficeが、最新「Office Premium」ではなく、前「Office 2013」となります。
新バージョンが発売された場合などは、『有償』で購入する必要があります。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO FHシリーズ WF2/R icon
(23型・ハイスペックテレビパソコン)
続きを読む

富士通、世界初RealSense搭載可能新世代デスクトップPC「ESPRIMO WW1/S」 

富士通は、「ESPRIMO WW1/S」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WW1/S icon
(23型・新世代デスクトップPC)

ESPRIMO WW1/Sの特徴
・やりたいことに合わせて、3つのスタイルに自在に変形可能
・世界初、「インテル RealSenseテクノロジー」を搭載可能
・ディスプレイは無段階で好きな角度にかんたんに調整可能
・23型広視野角の大画面&フルHDの高画質液晶を搭載
・最大5Gbpsの高速転送が可能なUSB3.0を4ポート搭載
・最新のOffice Premiumを選択可能

レビュー
23型ワイド液晶を搭載する液晶一体型PCです。

「WHシリーズ(WM1)」は、富士通独自の「アジャストスライダー」を採用し、PCとして使い慣れた「ベーシックスタイル」、タッチ操作メインの「タッチスタイル」、液晶をキャンバスのように使える「ペンスタイル」を簡単に切り替えられることが魅力となる、新世代デスクトップPCです。


富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WW1/S」では、
RealSense、NFCが搭載される「Core i7-4712MQ」と、
HD Webカメラ、NFC非搭載となる「Core i5-4200M」「Core i3-4100M」から選択できます。

そして、最大16GBメモリや3TB HDD、ネットワークテレビチューナー、Officeなしなど、予算や用途に応じたカスタマイズから購入できます。


「2014年10月モデル」では、前モデルの21.5型液晶から、23型液晶の新デザイン(新筐体)を採用します。
また、狭額縁化により、デザイン性の能向上とともに、幅5.2mmの拡大で抑えています。

ヒンジ構造も改良され、操作性と安定性が向上し、「ペンスタイル」が追加されています。

また、世界初「インテル RealSense 3Dカメラ『Front F200』」を搭載出来ます。 ※Core i7選択時のみ。Core i5、Core i3は、HD webカメラを内蔵。


そして、新バージョンへのアップデートが『永続無償』となった、2014年10月発表の「Office Premium」を選択できるようになっています。
なお、引き続き、カスタマイズでは、『Officeなし』を選択でき、価格を抑える事も可能です。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WW1/S icon
(23型・新世代デスクトップPC)
続きを読む

富士通、日本製ベーシック液晶一体型PC「ESPRIMO FHシリーズ WF1/R」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF1/R」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF1/R icon
(21.5型・ベーシックデスクトップPC)

ESPRIMO FHシリーズ WF1/Rの特徴
・場所を選ばずスッキリ置ける、省スペース&軽量ボディー
・液晶TV並みの広視野角を実現するIPS方式を採用
・Pioneer製スピーカー&DTSで迫力のサウンド
・電源オフでも音楽を楽しめるパワーオフスピーカー
・次世代高速無線通信規格 IEEE802.11acに対応
高速でデータ転送できるUSB3.0ポートを3つ装備
レビュー
21.5型ワイド液晶を搭載する液晶一体型PCです。

FHシリーズ(下位WF1)は、省スペースなボディデザインと、据え置きA4ノートより大きな液晶が魅力です。

また、低価格モデルでも「MADE IN JAPAN(日本製)」であることを、大きな魅力とします。



2013年10月モデル以来のモデルチェンジとなる2014年5月モデルでは、新たに次世代高速無線LAN「IEEE 802.11ac」に対応します。

そして、マウスでの操作が改善された、4月公開の最新OS「Windows 8.1 Update」を搭載します。



富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WF1/R」では、WEB限定カラー「シャイニーブラック」を選択できます。
カスタマイズでは、CPUにスタンダードなCore i5-3230M、価格重視でも無難なCore i3-3120M、性能は明確に劣るも低価格なCeleron 1005Mから選択できます。
なお、最新の『第4世代』ではなく、『第3世代』となります。CPU性能はさほど劣りませんが、GPU(グラフィックス)性能や省電力性では劣ります。

そして、「メモリ」や「HDD」の容量、TV機能が必要なら「ネットワークテレビチューナー」、高額なMicrosoft Officeを省くなら「なし」など、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズから購入できます。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO FHシリーズ WF1/R icon
(21.5型・ベーシックデスクトップPC)
続きを読む

富士通、高性能Core i7-4702MQ搭載変形型デスクトップPC「ESPRIMO WHシリーズ WW1/M」 

富士通は、「ESPRIMO WHシリーズ WW1/M」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WHシリーズ WW1/M icon
(21.5型・新しいデスクトップPC)

ESPRIMO WHシリーズ WW1/Mの特徴
・タッチ操作を楽しめるタッチスタイルへと簡単にチェンジ
・斜めから見てもくっきり映像が見える広視野角のIPS液晶
・コネクタやドライブに自然な姿勢でアクセス可能
・第4世代 Core i7-4702MQを搭載
・FeliCa対応のNFCを搭載可能
・顔を検出して自動で手助けしてくれる「Sense YOU Technology」を搭載

レビュー
21.5型ワイド液晶を搭載する液晶一体型PCです。

WHシリーズは、富士通独自の「アジャストスライダー」を採用し、タッチ操作メインの「タッチスタイル」、マウス操作メインの「デスクトップスタイル」を簡単に切り替えられることが魅力となる、新世代デスクトップPCです、

基本性能では、クアッドコアCore i7-4702MQに、最新Windows 8.1を搭載します。



2014年夏では、富士通は「夏モデル」「秋冬モデル」のような季節ごとの(マイナー)モデルチェンジを止めているため、『2013年10月モデル』が最新モデルとして継続販売されています。



富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WM1/M」では、最大16GBメモリや3TB HDDなどハイスペックなカスタマイズから、価格を抑えるためにOffice「なし」など、予算や用途に応じたカスタマイズから購入できます。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WHシリーズ WW1/M icon
(21.5型・新しいデスクトップPC)

富士通、ベーシックな液晶一体型デスクトップPC「ESPRIMO FHシリーズ WF1/M(2014年春パソコン)」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF1/M」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF1/M icon
(21.5型・ベーシックデスクトップPC)

ESPRIMO FHシリーズ WF1/Mの特徴
・美しいフォルムに仕上げた「フルフラットファインパネル」
・場所を選ばずスッキリ置ける、省スペース&軽量ボディー
・液晶TV並みの広視野角を実現するIPS方式を採用
・Pioneer製スピーカー&DTSで迫力のサウンド
・最新OS Windows 8.1搭載
・電源オフでも音楽を楽しめるパワーオフスピーカー

レビュー
21.5型ワイド液晶を搭載する液晶一体型PCです。

FHシリーズ(WF1/M)は、省スペースなボディデザインと、据え置きA4ノートより大きな液晶が魅力です。

2013年2月モデル以来のモデルチェンジとなる2013年10月モデルでは、最新OS「Windows 8.1(Windows Blue)」を搭載します。
基本性能では、最新世代「第4世代Core」ではなく、旧世代「第3世代Coreプロセッサー・ファミリー」となります。

富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WF1/M」は、フレームとパネルの境目がなく、美しいだけでなく掃除もしやすい「フルフラットファインパネル」が採用されます。 そして、直販限定カラー「シャイニーブラック」を、選択できます。

カスタマイズでは、CPUにスタンダードなCore i5-3230M、価格重視でも無難なCore i3-3120M、性能は明確に劣るも低価格なCeleron 1005Mから選択できます。

そして、「メモリ」や「HDD」の容量、TV機能が必要なら「ネットワークテレビチューナー」、高額なOfficeを省くなら「なし」など、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズから購入できます。


2014年春では、2013年10月にフルモデルチェンジしたばかりで、富士通は価格を元に戻すためのマイナーモデルチェンジを行っていない事もあり、『2013年10月モデル』が最新モデルとして継続販売されます。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO FHシリーズ WF1/M icon
続きを読む

富士通、迫力の音と美しい映像を実現するテレビパソコン「ESPRIMO FHシリーズ WF2/L(2014年春パソコン)」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF2/L」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF2/L icon
(23型・フラッグシップAVPC)

ESPRIMO FHシリーズ WF2/Lの特徴
・すっきりした「フルフラットファインパネル」
・タッチパネルで、直感的な操作を実現
・サブウーファー搭載の最大出力30Wハイパワースピーカーを搭載
・地上・BS・110度CSデジタル放送に対応
・スロットイン方式の大容量のBDXL対応Blu-ray Discドライブを搭載
・ディスプレイの見やすさに配慮したスイーベル / チルト機能

レビュー
23型ワイド液晶を搭載するデスクトップパソコンです。

FHシリーズ(WF2/L)は、専用のテレビやレコーダーに迫る機能を搭載していることが魅力で、1台で多くのことを完結させることができます。

富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WF2/L」では、大容量「16GBメモリ」、「HDD容量」、「Officeなし」など、予算や用途に応じてカスタマイズして購入することが出来ます。
なお、テレビ機能が不要なら「TV機能なし」の選択も可能です。

2014年春では、富士通は価格を元に戻すためのマイナーモデルチェンジを行っていない事もあり、『2013年6月モデル』が最新モデルとして継続販売されます。
なお、他社2014年春モデルと比べ、CPUなどは同等の最新世代となりますが、OSが旧世代「Windows 8」となります。
もちろん、最新世代「Windows 8.1」へは、無償ダウンロードが可能なので、2014年春モデルと同等となります。

2014年春も同じ製品となるので、
ESPRIMO FHシリーズ WF2/L 実機レビューを参考にしてください。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO FHシリーズ WF2/L icon
(23型・フラッグシップAVPC)
続きを読む

富士通、カスタムメイド対応テレビパソコン「ESPRIMO FHシリーズ WF2/L」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF2/L」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF2/L icon
(23型・フラッグシップAVPC)

ESPRIMO FHシリーズ WF2/Lの特徴
・すっきりした「フルフラットファインパネル」
・タッチパネルで、直感的な操作を実現
・サブウーファー搭載の最大出力30Wハイパワースピーカーを搭載
・地上・BS・110度CSデジタル放送に対応
・スロットイン方式の大容量のBDXL対応Blu-ray Discドライブを搭載
・ディスプレイの見やすさに配慮したスイーベル / チルト機能

レビュー
23型ワイド液晶を搭載するデスクトップパソコンです。

FHシリーズ(WF2/L)は、専用のテレビやレコーダーに迫る機能を搭載していることが魅力で、1台で多くのことを完結させることができます。

富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WF2/L」では、大容量「16GBメモリ」、「HDD容量」、「Officeなし」など、予算や用途に応じてカスタマイズして購入することが出来ます。
そして、テレビ機能が不要なら「TV機能なし」の選択で、価格を抑えることもできます。

なお、WF2/Lの実機レビューを下記のリンクで公開しています。

関連リンク
FHシリーズ WF2/L 実機レビュー

詳細・購入はこちら
ESPRIMO FHシリーズ WF2/L icon
(23型・フラッグシップAVPC)

富士通、フルフラットパネル搭載デスクトップPC「ESPRIMO FHシリーズ WF1/M(2013年秋冬モデルパソコン)」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF1/M」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF1/M icon
(21.5型・ベーシックデスクトップPC)

ESPRIMO FHシリーズ WF1/Mの特徴
・美しいフォルムに仕上げた「フルフラットファインパネル」
・場所を選ばずスッキリ置ける、省スペース&軽量ボディー
・液晶TV並みの広視野角を実現するIPS方式を採用
・Pioneer製スピーカー&DTSで迫力のサウンド
・最新OS Windows 8.1搭載
・電源オフでも音楽を楽しめるパワーオフスピーカー

レビュー
21.5型ワイド液晶を搭載する液晶一体型PCです。

FHシリーズ(WF1/M)は、省スペースなボディデザインと、据え置きA4ノートより大きな液晶が魅力です。

2013年2月モデル(2013春)以来のモデルチェンジとなる2013年10月モデル(2013秋冬)では、次世代OS「Windows 8.1(Windows Blue)」が、搭載されます。
基本性能では、引き続き「第3世代Coreプロセッサー・ファミリー(IvyBridge)」が搭載されます。

富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WF1/M」は、フレームとパネルの境目がなく、美しいだけでなく掃除もしやすい「フルフラットファインパネル」が採用されます。 そして、直販限定カラー「シャイニーブラック」を、選択できます。

カスタマイズでは、CPUにスタンダードなCore i5-3230M、価格重視でも無難なCore i3-3120M、性能は明確に劣るも低価格なCeleron 1005Mから選択できます。

そして、「メモリ」や「HDD」の容量、TV機能が必要なら「ネットワークテレビチューナー」、高額なOfficeを省くなら「なし」など、よヤンや用途に応じた幅広いカスタマイズから購入できます。


詳細・購入はこちら
ESPRIMO FHシリーズ WF1/M icon

富士通、新世代の新しいデスクトップPC「ESPRIMO WHシリーズ WW1/M(2013年秋冬モデルパソコン)」 

富士通は、「ESPRIMO WHシリーズ WW1/M」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WHシリーズ WW1/M icon
(21.5型・新しいデスクトップPC)

ESPRIMO WHシリーズ WW1/Mの特徴
・タッチ操作を楽しめるタッチスタイルへと簡単にチェンジ
・斜めから見てもくっきり映像が見える広視野角のIPS液晶
・コネクタやドライブに自然な姿勢でアクセス可能
・第4世代 Core i7-4702MQを搭載
・FeliCa対応のNFCを搭載
・顔を検出して自動で手助けしてくれる「Sense YOU Technology」を搭載

レビュー
21.5型ワイド液晶を搭載する液晶一体型PCです。

2013年10月モデル(2013年秋冬)で新登場のWHシリーズは、富士通独自の「アジャストスライダー」を採用し、タッチ操作メインの「タッチスタイル」、マウス操作メインの「デスクトップスタイル」を簡単に切り替えられることが魅力となる、「PC+時代」の新世代デスクトップPCです、

基本性能では、最新世代のクアッドコアCore i7-4702MQに、最新Windows 8.1を搭載します。

富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WM1/M」では、最大16GBメモリや3TB HDDなどハイスペックなカスタマイズから、価格を抑えるためにOffice「なし」など、予算や用途に応じたカスタマイズから購入できます。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WHシリーズ WW1/M icon
(21.5型・新しいデスクトップPC)

富士通、第4世代Core×ハイパワースピーカー搭載デスクトップPC「ESPRIMO FHシリーズ WF2/L(2013年秋冬パソコン)」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF2/L」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF2/L icon
(23型・フラッグシップAVPC)

ESPRIMO FHシリーズ WF2/Lの特徴
・すっきりした「フルフラットファインパネル」
・タッチパネルで、直感的な操作を実現
・サブウーファー搭載の最大出力30Wハイパワースピーカーを搭載
・地上・BS・110度CSデジタル放送に対応
・スロットイン方式の大容量のBDXL対応Blu-ray Discドライブを搭載
・ディスプレイの見やすさに配慮したスイーベル / チルト機能

レビュー
23型ワイド液晶を搭載するデスクトップパソコンです。

FHシリーズ(WF2/L)は、専用のテレビやレコーダーに迫る機能を搭載していることが魅力で、1台で多くのことを完結させることができます。

富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WF2/L」では、大容量「16GBメモリ」、「HDD容量」「Officeなし」など、予算や用途に応じてカスタマイズして購入することが出来ます。
そして、テレビ機能が不要なら「TV機能なし」が新たに選択できるようになり、価格を抑えることもできます。

2013年秋冬モデルでは、いち早く第4世代Coreプロセッサーを搭載していることもあり、2013年6月モデルが2013年秋冬最新モデルとして、継続販売されています。

なお、WF2/Lの実機レビューを下記のリンクで公開しています。

関連リンク
FHシリーズ WF2/L 実機レビュー

詳細・購入はこちら
ESPRIMO FHシリーズ WF2/L icon
(23型・フラッグシップAVPC)

富士通、21.5型液晶一体型PC「ESPRIMO FHシリーズ WF1/K(2013年夏パソコン)」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF1/K」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF1/K icon
(21.5型・スタイリッシュAVPC)

続きを読む

富士通、第4世代Core搭載新デザインデスクトップPC「ESPRIMO FHシリーズ WF2/L」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF2/L」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF2/L icon
(23型・フラッグシップAVPC)

続きを読む

富士通、21.5型液晶一体型PC「ESPRIMO FHシリーズ WF1/K」(2013春パソコン) 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF1/K」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF1/K icon
(21.5型・スタイリッシュAVPC)

ESPRIMO FHシリーズ WF1/Kの特徴
・液晶TV並の広視野角「フルフラットファインパネル IPS液晶」を採用
・高強度とデザイン性を実現するアルミダイキャストをフットに採用
・場所を選ばずスッキリ置ける、省スペース&軽量ボディー
・3波デジタル、クイックテレビを搭載可能
・高速処理と高いグラフィック性能を実現するインテル最新CPUを搭載
・高速でデータ転送できるUSB3.0ポートを3つ装備

レビュー
21.5型フルHD液晶を搭載するデスクトップパソコンです。

FH(21.5型)シリーズは、省スペースなボディデザインと、据え置きA4ノートより大きな液晶が魅力です。

富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデルWF1/Kでは、ハイスペックなCore i7や16GBメモリ、3TB HDD、ブルーレイディスクドライブなどのハイスペックや、
Core i3やDVDスーパーマルチドライブに抑えるなど、予算や用途に応じてカスタマイズして購入することが出来ます。
また、テレビ機能が不要な場合などに、「テレビなし」を選択できるのも魅力となります。

2013年2月モデルでは、選択できる「TV機能」の強化がポイントで、ダブル録画/W-AVCREC対応、クイックテレビに強化されています。

そして、選択できる「Office」が、2月7日発売の「Office 2013」に刷新されています。
なお、Office「なし」も選択できます。

また、選択できるCPUが、1月発表の最新モデルのCore i3-3120MとCore i5-3230Mに強化され、新たにハイスペックなCore i7が登場しています。

2013年6月では、継続販売されます。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO FHシリーズ WF1/K icon
(21.5型・スタイリッシュAVPC)
続きを読む