東芝、4コア第8世代Core搭載12.5型2-in-1モバイル「dynabook VZ82、ZN72、VZ62(2018年夏PC)」 

東芝は、「dynabook VZシリーズ(2018年夏PC)」を発売します。

dynabook VZ82/H(大容量SSDモデル)
dynabook VZ72/H(第8世代Core i7モデル)
dynabook VZ62/H(第8世代Core i5モデル)
(Windoows 10 Proモデル)
dynabook VZ82/F(大容量SSDモデル)
dynabook VZ72/F(第8世代Core i7モデル)
dynabook VZ62/F(第8世代Core i5モデル)
(Windoows 10 Homeモデル)
特徴
・顔認証や、指紋認証で、素早く安全にサインイン
・動画変種などもスムーズ、クアッドコアの第8世代Coreを搭載
・独自の空冷技術で、クアッドコアCPUのパワーを最大限に発揮
・モバイルの機動性を高める、高速SSDを搭載
・HDRビデオにも対応する、フルHD IPS液晶を搭載
・フルサイズキーボードを薄型ボディに搭載
続きを読む

東芝、薄型軽量が魅力の12.5型2-in-1モバイルノート「dynabook VZ82/D、VZ72/D、VZ62/D(2017年9月モデルPC)」 

東芝は、「dynabook VZ82/D、VZ72/D、VZ62/D(2017年9月モデルPC)」を発売します。

dynabook VZ82/D(512GB SSDモデル)
dynabook VZ72/D(256GB SSDモデル)
dynabook VZ62/D(Core i5モデル)
(12.5型・2in1コンバーチブル)
特徴
・顔認証センサー、指紋センサーを搭載し、「Windows Hello」に最適化
・処理性能がいちだんと向上した、第7世代インテル CPUを搭載
・耐衝撃性や省電力にも優れ、圧倒的に高速な「SSD」を搭載
・CPUパワーをフルに引き出す、新空冷システムを搭載
・充電やビデオ出力も可能、 最大40GbpsのThunderbolt3を搭載
・快適な打ち心地で文字入力、フルサイズキーボードを薄型ボディに搭載

レビュー
「dynabook VZシリーズ」は、構造上重くなってしまう2in1タイプの中で、薄型・軽量を魅力とします。

『1台でかなえてみせる』をキャッチフレーズとしていて、メインPCとしての利用も想定し、動画編集の機能が強化された第7世代Coreを搭載します。
長時間の動画エンコードでも、高性能を持続させる、新空冷システムも魅力となります。

2017年9月モデルでは
ラインナップが変更となり、高速CPU、大容量メモリ、SSDを標準搭載する最上位モデル「VZ82/D」が、発売されます。
VZ62/Dでは、メモリが4GBと少なくるものの、SSDは256GBに倍増して、発売されます。

そして、Windows10の2017年前半Ver.「Creators Update」を、プレインストールします。

詳細・購入はこちら
dynabook VZ82/D(512GB SSDモデル)
dynabook VZ72/D(256GB SSDモデル)
dynabook VZ62/D(Core i5モデル)
(12.5型・2in1コンバーチブル)
続きを読む

東芝、世界最強を目指したMIL規格準拠モバイルノートPC「dynabook VZ72/B、VZ62/B、VZ42/B」 

東芝は、「dynabook VZ72シリーズ」を発売します。

dynabook VZ72/B(大容量SSDモデル)
dynabook VZ62/B(Core i7モデル)
dynabook VZ42/B(Core i3モデル)
(MILスペック準拠・最強モバイル)
特徴
・アメリカ国防省制定MIL規格に準拠したテストをクリア
・処理性能が一段と向上、最新の第7世代インテルCoreプロセッサーを搭載
・発熱部品や筐体を効果的に冷却する、新空冷システムを搭載
・快適さの工夫も随所に、フルサイズキーボードを搭載

レビュー
「dynabook VZシリーズ」は、構造上重くなってしまう2in1タイプの中で、薄型・軽量を魅力とします。

『1台でかなえてみせる』をキャッチフレーズとしていて、メインPCとしての利用も想定し、動画編集の機能が強化された第7世代Coreを搭載します。
長時間の動画エンコードでも、高性能を持続させる、新空冷システムも魅力となります。

2017年4月より、MIL規格をクリア
ドイツ認証機関TÜVの耐久性テストクリアに続き、
アメリカ国防総省のMIL規格に準拠した、過酷なテストをクリアし、世界最強のモバイルノートの一台となっています。

詳細・購入はこちら
dynabook VZ72/B(大容量SSDモデル)
dynabook VZ62/B(Core i7モデル)
dynabook VZ42/B(Core i3モデル)
(MILスペック準拠・最強モバイル)
続きを読む

東芝、高性能第7世代Core搭載12.5型2in1モバイルノートPC「dynabook VZ72/B、VZ62/B、VZ42/B」 

東芝は、「dynabook VZ72/B、VZ62/B、VZ42/B」を発売します。
特徴
・素早く安全にログインできる、Windows Hello対応指紋センサーを搭載
・処理性能が一段と向上、最新の第7世代インテルCoreプロセッサーを搭載
・耐衝撃性や省電力に優れ、高速化を実現する、SSDを搭載
・発熱部品や筐体を効果的に冷却する、新空冷システムを搭載
・快適さの工夫も随所に、フルサイズキーボードを搭載
・軽さ約1,099g、薄さ約15.4mmを実現、バッテリー駆動時間は約17時間

レビュー
2016年12月発表「dynabook VZシリーズ」は、構造上重くなってしまう2in1タイプの中で、薄型・軽量を魅力とします。

『1台でかなえてみせる』をキャッチフレーズとしていて、メインPCとしての利用も想定し、動画編集の機能が強化された第7世代Coreを搭載します。
長時間の動画エンコードでも、高性能を持続させる、新空冷システムも魅力となります。

CPU性能比較(Cinebench R10 マルチコア/シングルコア)
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/最大3.5GHz/:約12000/5600
第6世代Core i7-6500U 2コア4スレッド/最大3.1GHz:約10800/4900
第7世代Core i3-7100U 2コア4スレッド/2.4GHz:約9000/3900

詳細・購入はこちら
dynabook VZ72/B(大容量SSDモデル)
dynabook VZ62/B(Core i7モデル)
dynabook VZ42/B(Core i3モデル)
(12.5型2in1コンバーチブル)
続きを読む

東芝、第6世代Core m7-6Y75/m3-6Y30搭載ビジネス2-in1 PC「dynabook RZ82/A(2016年秋モデルPC)」 

東芝は、「dynabook RZ82/A(2016年秋モデルPC)」を発売します。

dynabook RZ82/A
(第6世代Core M・12.5型デタッチャブルPC)
特徴
・ウルトラブックとして、快適な性能や操作性、拡張性を実現
・タブレットは、表裏を逆に取り付けることもできるリバーシブルドッキングに対応
・RGB、HDMI、USB Type-Cを備えるなど、インターフェースも充実
・美しく鮮やかな高精細・高輝度・広視野角液晶モデルを選択可能
・書き込み速度、読み出し速度の高速化を実現、高速SSDを搭載
・電磁誘導方式デジタイザーにより、自然な書き心地を実現

レビュー
2016年秋モデル「RZ82/A」は、、ビジネスシーンでの利用を想定した高い「堅牢性」や、プレゼンテーションで利用することの多い「アナログRGB」など高い「拡張性」を確保した、ビジネス(プロ)仕様の2-in-1 PCです。

プロセッサーには、Atomではなく、超低消費電力で高性能な「Core M」を搭載します。
メインPCなら、力不足で、TDPが10倍のCore i7-6700HQなどが適切ですが、
タブレットPCやサブPCとしては、十分な性能となります。

動画エンコードなどCPU性能が絶対な用途はメインPCに任せるなど、使い分けが可能な方で、ネットやSNS、Office、動画再生などなら、遅い・重いは少ないと思われます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700 4コア8スレッド/最大4.0GHz/TDP65W:約790/170
第6世代Core i7-6700HQ 4コア8スレッド/最大3.5GHz/TDP45W:約675/145
第6世代Core i7-6500U 2コア4スレッド/最大3.1GHz/TDP15W:約310/130
第6世代Core m7-6Y75 2コア4スレッド/1.2-3.1GHz/TDP4.5W:約185/100
第6世代Core m3-6Y30 2コア4スレッド/0.9-2.2GHz/TDP4.5W:約150/80
Atom x7-Z8700 4コア4スレッド/1.6-2.4GHz/SDP2W:約120/40

2016年秋モデルでは、FHD液晶モデルが発売
2015年秋冬モデル「RZ82/T」以来のモデルチェンジとなり、
「FHD高輝度・広視野角」液晶モデルに加え、「FHD」液晶モデルが、発売されます。
タブレットPCで、重要な視野角が劣りますが、価格を抑えて購入出来ます。

そして、(Office 2013から)最新のOffice2016をプレインストールします。

※直販モデルでは、「Officeなし」も選択できます。

詳細・購入はこちら
dynabook RZ82/A
(第6世代Core M・12.5型デタッチャブルPC)
続きを読む

東芝、Pentium N3700搭載11.6型コンバーチブルPC「dynabook NZ61/V(2016年夏モデル)」 

東芝は、「dynabook NZ61/V(2016年夏モデル)」を発売します。

dynabook NZ61/V
(11.6型・コンバーチブルPC)
特徴
・最新OS、Windows 10 Homeをプレインストール
・360度の回転ヒンジ方式を採用し、より自由で快適な使用スタイルを実現
・ヒンジ方式には堅牢性を追求した2軸ヒンジを採用
・軽さ約1.4kg、薄さ約21.9mmのスタイリッシュボディ
・外出先でも安心な約4.6時間のバッテリー駆動
・4コアPentium N3700、4GBメモリ、500GB HDDを搭載

レビュー
2016年夏モデル「NZ61/V」は、360度回転タイプを採用するコンバーチブルPCです。

クラムシェル(ノートPC)型に加え、タブレットモード、自分だけの角度で利用など、利用スタイルを向上させることが可能です。

CPU性能が、タブレットベースなので、ノートPCの性能が必要な方には適しませんが、価格を抑えて購入できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
(第6世代)Pentium 4405U:約225/90
Pentium N3700:約145/40
Atom x5-Z8500:約135/40

2016年夏モデルでは、最新「Office 2016」をプレインストール
「Office搭載モデル」で、最新の「Office 2016」をプレインストールします。
「Office Premium」なので、つねに最新バージョンに無償アップグレード可能です。

そして、スマートフォン連携アプリ「sMedio TrueLink+ Phone」が、搭載されます。

ハードウェアなどは、2015年秋冬モデル「NZ61/T」を、概ね継承します。

詳細・購入はこちら
dynabook NZ61/V
(11.6型・コンバーチブルPC)
続きを読む

東芝、最新第6世代Core m7-6Y75/m3-6Y30搭載プロ仕様デタッチャブルPC 「dynabook RZ82/TB」 

東芝は、「dynabook RZ82/TB」を発売します。

dynabook RZ82/TB
(プロ仕様デタッチャブルPC)
特徴
・処理能力向上&低消費電力「第6世代Core Mプロセッサー」を搭載
・耐衝撃性や省電力性に優れ、圧倒的高速化を実現する「SSD」を搭載
・スムーズな書き心地、専用デジタイザーペンを付属
・高精細・高輝度フルHD(1920×1080ドット)液晶を搭載
・リバーシブルドッキング&充実インターフェースを搭載
・人の声を拾いやすく、よりクリアに録音できる、デュアルマイクを搭載

レビュー
直販限定モデル「RZ82」は、ビジネスシーンでの利用を想定した高い「堅牢性」や、プレゼンテーションで利用することの多い「アナログRGB」など高い「拡張性」を確保した、『プロ仕様』デタッチャブルPCです。

そして、プロセッサーに「Atom x7」などではなく、2-in-1デタッチャブルPC/タブレット向け「第6世代Core M」を搭載し、(高価格ですが)より高性能なWindowsタブレットを実現します。

直販モデルでは
カタログ(店頭販売)モデル「RX82」のCPU「第6世代m3-6Y30」に対し、上位の「第6世代Core m7-6Y75」を搭載するモデルを、選択できます。

メインPCなら、力不足で、TDPが10倍のCore i7-6700HQなどが適切ですが、
サブPCやタブレットPCとしては、十分な性能となります。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700HQ 4コア8スレッド/最大3.5GHz/TDP45W:約675/145
第6世代Core i7-6500U 2コア4スレッド/最大3.1GHz/TDP15W:約310/130
第6世代Core m7-6Y75 2コア4スレッド/1.2-3.1GHz/TDP4.5W:約185/100
第6世代Core m3-6Y30 2コア4スレッド/0.9-2.2GHz/TDP4.5W:約150/80
Atom x7-Z8700 4コア4スレッド/1.6-2.4GHz/SDP2W:約120/40

詳細・購入はこちら
dynabook RZ82/TB
(プロ仕様デタッチャブルPC)
続きを読む

東芝、Windows10新搭載7スタイルプレミアムモバイルノートPC「dynabook KIRA LZ93/TG(2015年秋冬モデルPC)」 

東芝は、「dynabook KIRA LZ93/TG(2015年秋冬モデル)」を発売します。

dynabook KIRA LZ93/TG
(7スタイルプレミアムノート)
特徴
・最新OS、Windows 10 Homeをプレインストール
・7つのフォルムから生まれる、革新的な創造性
・電磁誘導方式デジタイザーを採用し、専用デジタイザーペンを付属
・WQHD(2,560×1,440ドット)の高精細液晶を搭載
・OS搭載の音声アシスタントにも対応(予定)、デュアルマイクを搭載
・快適なパフォーマンスを追求、高速256GB SSDを搭載

レビュー
「L93」は、利用シーンに応じて、7つのスタイルに形状を変更できる、プレミアムスリムノートです。

2015年秋冬モデルでは
2015年春モデル「L93/PG」以来のモデルチェンジとなり、
OSを「Windows 8.1」から『Windows 10』に刷新しています。

そして、Windows 10(バージョン1511)で搭載されたパーソナル アシスタント「Cortana」を快適にするため、「モノクロマイク」から『デュアルマイク』に強化されています。

詳細・購入はこちら
dynabook KIRA LZ93/TG
(7スタイルプレミアムノート)
続きを読む

東芝、最新Windows10搭載2015年秋冬モデル・モバイルノートPC「dynabook NZ40/TG」 

東芝は、「dynabook NZ40/TG(2015年秋冬モデルPC)」を発売します。

dynabook NZ40/TG
(デタッチャブルモバイルノートPC)
特徴
・使いなれた操作感で、さらに快適になった「Windows 10 Home」を搭載
・キーボードドック接続時、約13.0時間の長時間駆動を実現(PNZ40TG-NYAのみ)
・タブレット時約552gの10.1型スタイリッシュボディ
・タッチ対応のWUXGA(1,920×1,200ドット)高精細・高輝度・広視野角液晶を搭載
・タイピングにこだわった、フルサイズキーボードを採用
・耐久性を高め、取りはずしが容易な接続部を実現

レビュー
2015年秋冬モデルPCの「NZ40/TG」は、キーボード着脱式のモバイルノートPCで、ノートPCとして重要なキーボードやクリックパッドなどの快適性を追求しています。

そして、いち早く新世代OS「Windows 10」を標準搭載し、「Microsoft Office Mobile」を搭載します。


CPUには、最新14nmプロセスに微細化された新世代「インテルAtom x5-Z8300(Cherry Trail)」を搭載します。

スマートフォン/タブレット端末向け「Cherry Trail」では、内蔵グラフィックスが強化され、3D性能が向上しています。
なお、あくまで『タブレット向けSoc』性能なので、ノートPC(第5世代Core)の性能を求める方には、適していません。

直販モデルでは
東芝直販限定のWebオリジナルモデルでは、メモリ容量を店頭モデルの「2GB」から『4GB』に強化しています。

そして、キーボードドックのバッテリーを省き、キーボードドック接続時「約1094g」から『約982g』に軽量化した「PNZ40TG-NYB」が、発売されます。

詳細・購入はこちら
dynabook NZ40/TG
(デタッチャブルモバイルノートPC)

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧

東芝、第5世代Core i5-5500U新搭載で性能向上 7スタイルノートPC「dynabook KIRA L93/PG(2015年春モデルPC)」 

東芝は、「dynabook KIRA L93/PG(2015年春モデルPC)」を発売します。

dynabook KIRA L93/PG
(第5世代Core・7スタイルプレミアムスリムノート)
続きを読む

東芝、新世代プレミアム2-in-1 PC「dynabook KIRA L93/W9M」 

東芝は、「dynabook KIRA L93/W9M」を発売します。

dynabook KIRA L93/W9M
(13.3型・プレミアムスリムノート)

dynabook KIRA L93/W9Mの特徴
・キーボード部の脱着と、360度の回転ヒンジ方式を組み合わせ、新しいスタイルを実現
・「ノートPC」「キャンバス」「フラット」「テント」「デスクトップ」「スタンド」「タブレット」
・13.3型のWQHD(2,560×1,440ドット)の高精細液晶を搭載
・有名オーディオブランドと共同開発したステレオスピーカーを搭載
・スムーズな書き心地が得られる手書き入力が可能
・文字の大きさを見やすく調整できる、東芝画面設定ユーティリティを搭載

レビュー
13.3型液晶を搭載する2-in-1 PCです。

2014年夏モデルで新登場の「KIRA L93」は、新世代のプレミアムスリムノートで、7つのスタイルで使える事を魅力とします。


直販限定のWebオリジナルモデルでは、店頭モデル(L93/39M)の上位モデルとなり、
CPUを中位のCore i5から、上位のCore i7に、
SSD容量を128GBから256GB(空き容量の関係からの2倍以上の強化)など、プレミアム仕様のモデルです。


「2014年秋冬」では、夏で新登場したばかりのため、継続販売されています。
Office搭載モデルは、新「Office Premium」ではなく、前「Office 2013」となります。
新バージョンへのアップデート時は、従来通り『有償』となります。

詳細・購入はこちら
dynabook KIRA L93/W9M
(13.3型・プレミアムスリムノート)
続きを読む