ソニー、DVDドライブ内蔵ベーシックノートパソコン「VAIO Fit 15E SVF1532A1J(2014年春モデルパソコン)」 

ソニーは、「VAIO Fit 15E SVF1532A1J」を発売します。
icon icon
VAIO Fit 15E SVF1532A1J icon
(15.5型・スタンダードノートPC)

VAIO Fit 15E SVF1532A1Jの特徴
・ディスクの再生やデータの書き込みなどに便利なドライブを搭載
・毎日の生活に溶け込むシンプルで使いやすいデザイン
・最新の第4世代インテルCoreプロセッサー・ファミリーを搭載
・画面に直接指で触れて直感的に操作できる、タッチパネル液晶を選択可能
・外付けのグラフィックボードを選択可能
・高速起動・大容量ストレージを両立する、ハイブリッドHDDを選択可能

レビュー
15.5型ワイド液晶を搭載するノートパソコンです、

VAIO Fit 15Eは、2014年の主流となる「変形型(2-in-1 PC)」、「タッチパネル搭載」、「フルHD液晶」、「光学ドライブ非搭載」などとは異なり、
「クラムシェル型(従来型)」、「タッチパネル非搭載」、「1366×768ドット液晶」、「DVDドライブ内蔵」などを搭載する、長期間サポートが終了するWindows XPからお手頃価格で乗り換えるのに適した、ベーシックな従来型ノートパソコンです。
※タッチやフルHDは、後述のカスタマイズで対応。


ソニーストア限定のVAIOオーナーメードモデル「SVF1532A1J」では、低価格の「Pentium 3556U」からハイスペックな「Core i7-4650U」、グラフィックスにNVIDIA社の「GeForce GT740M」、ブルーレイの読み書きに対応する「ブルーレイディスクドライブ」など、幅広い選択肢から予算や目的に応じた自分好みのカスタマイズに対応します。

また、「タッチパネルあり」や「1920×1080ドット(フルHD液晶)」も選択できます。


2014年春モデルでは、2013年秋冬モデルの30日間体験版(0円)から、(体験版ではなく)製品版の「Adobe Photoshop Elements 12(実売13,800円)」を標準搭載します。
選択できるAdobe製ソフトウェアも、バージョン11から最新版の「Adobe Premiere Elements 12 & Adobe Photoshop Elements 12」に、刷新されています。

そして、マウスでの操作が改善された最新の「Windows 8.1」を標準搭載します。

ハードウェアでは、カスタマイズ項目に大容量の16GBメモリや1.5TB HDDが追加され、選択出来るようになっています。

詳細・購入はこちら
VAIO Fit 15E SVF1532A1J icon
(15.5型・スタンダードノートPC)