Sky7PC.jp

ARTICLE PAGE


NEC、新CPUで性能向上×世界最軽量ノートPC「LaVie G タイプZ タッチパネル フルHD IPS液晶モデル(2014年夏モデル)」

NECは、「LaVie G タイプZ タッチパネル フルHD IPS液晶モデル」を発売します。
icon icon
LaVie G タイプZ タッチパネル フルHD IPS液晶モデル icon
(タッチパネル搭載・軽量モバイルノート)

LaVie G タイプZ タッチパネル フルHD IPS液晶モデルの特徴
・タッチパネル搭載世界最軽量約964gを実現
・直感的にわかりやすく操作できるタッチパネルを搭載
・第4世代 インテル Core i7 プロセッサーを選択可能
・長時間のモバイル利用が快適に行える10時間を超えるバッテリ駆動を実現
・たわみにくい強度と打ちやすさを同時に実現、筐体一体型キーボード構造を採用
・液晶パネルを開けると約2秒でパソコンが起動、パネルオープンパワーオン

レビュー
13.3型液晶を搭載するノートパソコンです。

「LaVie Z(タッチパネルモデル)」では、一度慣れてしまうと外せない「タッチパネル」搭載しながら、約964gの世界最軽量ボディが魅力となるモデルです。
ただ軽さだけを求めるなら、タッチ非対応モデル(約795g)といえますが、概ね2倍の約10.6時間バッテリー(タッチなしは約5.4時間)駆動など、モバイルノートとしての使い勝手は勝ります。
なお、軽さを追求した結果の数少ない妥協点として、メモリは4GB固定となります。



2013年秋冬モデル以来のモデルチェンジとなる『2014年夏モデル』では、新たに2014年4月公開の最新CPU「Haswell Refresh」から、Core i7-4510U、Core i5-4210Uに刷新(強化)されています。

2014年モデルのCore i7-4510U(Haswell Refresh)は、2013年モデルのCore i7-4500U(Haswell)から200MHzのクロックアップ(1.8GHz→2.0GHz)により、性能向上しています。
2014年モデルのCore i5-4210U(Haswell Refresh)は、2013年モデルのCore i5-4200U(Haswell)から100MHzのクロックアップ(1.6GHz→1.7GHz)により、性能向上しています。

ソフトウェアでは、マウス&キーボードでの操作が改善された「Windows 8.1 Update」を搭載します。
また、オフィスアプリも最新の「Microsoft Office 2013 Service Pack 1(SP1)」に、刷新されています。引き続き、オフィス「なし」も選択可能です。

そして、現実的なバッテリ駆動時間となるJEITA測定法Ver 2.0では、約10.3時間(Ver 1.0では約14.5時間)になります。



「NEC Direct」限定のカスタマイズモデル「LaVie G タイプZ タッチパネルモデル」は、OSに上位「Windows 8.1 Pro」、CPUに「Core i5」、SSD容量「128GB/256GB」などを選択できます。
そして、高額なMicrosoft Office「なし」で、価格を抑えることも出来ます。また、純正の「HDMI-VGA変換アダプタ」や「USB-LAN変換アダプタ」を選択できます。

詳細・購入はこちら
LaVie G タイプZ タッチパネル フルHD IPS液晶モデル icon
(タッチパネル搭載・軽量モバイルノート)