東芝、最新高性能CPU搭載大画面ノートPC「dynabook Satellite T67(2014年夏モデル)」 

東芝は、「dynabook Satellite T67/55M」を発売します。

dynabook Satellite T67/55M
(HD+液晶・Core i7搭載大画面スタンダードノート)

dynabook Satellite T67/55Mの特徴
・新CPU、インテルCore i7-4710HQ プロセッサーを搭載
・17.3型ワイドHD+(1600×900ドット)LED液晶を搭載
・ナチュラルで豊かな音を創出するオンキヨー製ステレオスピーカーを搭載
・メインオーディオブランド「Skullcandy」と連携した、こだわりの音作り
・高速無線LAN規格 IEEE802.11acに対応
・超解像技術〈レゾリューションプラス〉を搭載

レビュー
17.3液晶を搭載するノートパソコンです。

「T67」は、ノートPCとしては大画面液晶で、主流のフルHD(1920×1080ドット)ではなく『HD+(1600×900ドット)』である事、に魅力を感じる方向けのベーシックな大画面モデルです。

上位の「T87」より安く購入できる事が魅力となる事もあり、HDD特有の遅さを改善するハイブリッドドライブは非搭載です。 また、ブルーレイではなく、DVDスーパーマルチドライブとなります。
メモリ容量も16GBから半減の8GBとなります。



2013年秋冬モデル(T574/55K)以来のモデルチェンジとなる、2014年夏モデル(T67/55M)では、 本体カラーが上位「T87」と同じ、『ライトゴールド』を採用します。
そして、CPUがCore i7-4702MQ(37W版・Haswell)から、最新Core i7-4710HQ(47W版・Haswell Refresh)に強化され、CPU性能が向上しています。

また、次世代規格「11ac」に、対応します。

詳細・購入はこちら
dynabook Satellite T67/55M
(HD+液晶・Core i7搭載大画面スタンダードノート)