東芝、スリム&スタイリッシュ新デザイン採用タッチ対応高性能ノートPC「dynabook Satellite B55/98M(2014年夏モデル)」 

東芝は、「dynabook Satellite B55/98M」を発売します。

dynabook Satellite B55/98M
(タッチ対応ハイスタンダードノートPC)

dynabook Satellite B55/98Mの特徴
・シャープなエッジが際立つ、スリム&スタイリッシュボディ
・明るくてキレイなフルHD IPS(In Plane Switching)液晶
・4K描画性能をサポートする AMD Radeon R7 M260を搭載
・ナチュラルで豊かな音を創出するオンキヨー製ステレオスピーカーを搭載
・指先で直感的に操作できる、タッチパネルを搭載
・従来機より最大2倍長持ち、バッテリー長寿命化(バッテリーライフサイクル )

レビュー
15.6型液晶を搭載するノートパソコンです。

「B55」は、「タッチパネル」を搭載することが、下位「B45」との大きな違いとなる上位モデルです。
上位モデルなので、ハイスペックCore i7、フルHD液晶、専用グラフィックス、ハイブリッドドライブ、ブルーレイディスクドライブなど、抜かりなく搭載されています。



2014年夏モデルの「B55/98M」では、2014年春モデルの「B754/98L」に比べ、
約5.4mm薄い、24.5mmのスリムで、KIRAシリーズで採用「フレームレスキーボード」やシャープなエッジを採用するスタイリッシュな、『新筐体(新デザイン)』に一新しています。

そして、見た目だけで無く、中身(基本性能)も一新していて、
CPUが、TDP47WのCore i7-4700MQから、TDP15WのCore i7-4510Uに刷新しています。

新世代ノートPCの主力となる「低消費電力Uプロセッサ」は、動画のエンコードなどCPU性能が必要な場面でも、従来の標準電圧版Mプロセッサと変わらない『高性能』、本体の薄型化や本体が熱くなりにくい『低発熱』、優れた『省電力性』が魅力となります。

また、グラフィックをAMD Radeonに変更し、バッテリ長寿命化技術など、意欲的な新技術が新搭載されます。

詳細・購入はこちら
dynabook Satellite B55/98M
(タッチ対応ハイスタンダードノートPC)