Sky7PC.jp

ARTICLE PAGE


東芝、新登場の『14型』コンパクトノートPC「dynabook Satellite P54/W7M」

東芝は、「dynabook Satellite P54/W7M」を発売します。

dynabook Satellite P54/W7M
(14.0型・コンパクトノートPC)

dynabook Satellite P54/W7Mの特徴
・アルミニウムの強度と質感を生かした上質デザイン
・大きすぎず、小さすぎない、14.0型コンパクトボディ
・従来機より最大2倍長持ち、東芝独自技術の「長寿命化充電制御」を搭載
・有名オーディオブランドと共同開発したステレオスピーカーを搭載
・暗い場所でも快適入力、バックライトキーボードを搭載
・写真加工が手軽に楽しめる、Adobe Photoshop Expressを搭載

レビュー
14.0型液晶を搭載するノートパソコンです。

2014年夏モデルで新登場の「dynabook P54」は、15.6型より少しコンパクトな14.0型採用で、家の中での持ち運びに適した「ホームモバイルノート」です。

中上位シリーズとなるので、高級感を演出する「金属」による質感が魅力となります。
なお、タッチパネル非搭載、光学ドライブ非搭載、メモリが4GB(個人での増設不可)などが、注意ポイントです。


東芝直販限定のWebオリジナルモデル「P54/W7M」は、店頭販売向け「P54/27M」に対し、CPUをCore i3からCore i5に強化しています。

そして、HDD特有の遅さを改良する、1TBハイブリッドドライブに強化されています。
SSDに比べれば遅いですが、低価格・大容量でOSやソフトの起動が遅いを改善できます。

また、純正Microsoft Officeを省いたモデルも、購入できます。


「2014年秋冬」では、夏で新登場したばかりのため、継続販売されています。
Office搭載モデルは、新「Office Premium」ではなく、前「Office 2013」となります。
新バージョンへのアップデート時は、従来通り『有償』となります。

詳細・購入はこちら
dynabook Satellite P54/W7M
(14.0型・コンパクトノートPC)