東芝、フルHD液晶新搭載14型ビジネスノートPC「dynabook R64/W5K」 

東芝は、「dynabook R64/W5K」を発売します。

dynabook R64/W5K
dynabook R64/W5Kの特徴
・プリインストールOSは、Windows 7 Professionalを採用
・14.0型 フルHD 軽量・高輝度液晶(1,920×1,080ドット)を搭載
・高密度実装技術による軽量・薄型ボディ
・有効画素数約200万画素の高画質Webカメラを液晶パネル上部に搭載
・スムーズにポインティング操作ができるアキュポイントを搭載
・4K出力対応HDMI端子をはじめ充実のインターフェースを搭載

レビュー
14.0型液晶を搭載するノートパソコンです。

R64は、東芝直販限定で『個人向けPC』として販売されている、ビジネスノートPCで、薄型、軽量、堅牢、長時間動作を重視しています。

そして、Windows 8.1 Pro ダウングレード権行使による「Windows 7 Professional」が、出荷時にインストールされています。


2014年夏モデル第6弾となる「R64/W5K」では、
液晶ディスプレイの解像度が、2013年秋冬モデル「R644/W5K」のHD+(1600×900ドット)からフルHD(1920×1080ドット)に強化されています。

詳細・購入はこちら
dynabook R64/W5K

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧