2014年秋冬モデルPC動向:引き続き第4世代Coreプロセッサーが主流 

インテルは、2014年9月5日にモバイル向け「第5世代Core(Broadwell-U)」の情報を公開しました。


まず、次世代CPU『Broadwell』のモバイル向けには、本命のタブレット/2-in-1デバイス向け「Core M(Broadwell-Y)」に加え、
ノートPCの新主流となる「Broadwell-U」と、高性能ノートPC向け「Broadwell-H(2015年中頃)」が、あります。
ここでは、ノートPC向け「Broadwell-U」の情報となります。


『Broadwell-U』は、「第5世代インテルCoreプロセッサー」として販売されます。
2014年末までにCPUの製造を開始し、2015年初旬に「第5世代Core(Broadwell-U)」として正式発表予定です。
第5世代Core搭載モデルの発売は、それ以降となります。

Broadwellは、タブレット向けCore M(Broadwell-Y)に特化して開発されています。「性能」より「消費電力の削減」に注力しているため、『その他』となるノートPC向け第5世代Coreでは「性能を維持しつつ、さらなる省電力を実現」などと、なります。


2014年秋冬モデルのノートPCやデスクトップPCでは、2014年夏登場の新『第4世代Coreプロセッサー(Haswell Refresh)』が、主流となって搭載されます。