マイクロソフト、次期OS「Windows 10」を正式発表! 

マイクロソフトは、次期Windows OSを「Windows 10」とすることを正式発表しました。

Windows 10は、コードネーム「Windows Threshold」の製品名となり、Windows 8.1(Windows Blue)の後継OSです。

低性能なタブレットに向け、「Windows 7」をチューニングし、高速化や軽量化を実現した「Windows 8.1 Update」をベースにした「Windows 10」には、8系が敬遠・批判される理由だった「スタートメニュー」が復活します。

現状、Windows 8.1 Update+Classic Shell(スタートメニュー再現ソフト)で、大きな問題は無く、チューニングが進んだWindows 7のように、実は普通に使えたりするのですが、8.1Updateよりさらに高速化や軽量化を期待したいところです。


今後の予定では、10月1日(米国時間)より、テクニカルプレビューが公開されます。
段階を踏んでいき、2015年後半の発売を目指しています。