東芝、広視野角IPS液晶新採用液晶一体型PC「dynabook DB31/NB(2014年秋冬モデルPC)」 

東芝は、「dynabook DB31/NB」を発売します。

dynabook DB31/NB
(液晶一体型PC)

dynabook DB31/NBの特徴
・快適に新しくなったWindows 8.1 Update 64ビットを搭載
・広視野角で明るくキレイなフルHD IPS液晶を搭載
・大画面に相応しいパワフルサウンドを搭載
・4コア高性能CPU「Core i7-4710MQ プロセッサー」を搭載
・高速無線LAN規格IEEE802.11acに対応
・最新の「Office Premium」搭載モデルを選択可能

レビュー
21.5型液晶を搭載する液晶一体型PCです。

直販モデルの「DB31」は、上位の「DB41」からテレビ機能を省いたモデルで、HDD容量も1TBに抑えられ、価格を抑えて購入できます。

PCとしての基本性能は、4コア/8スレッドのCore i7-4710MQ、8GBメモリ、ブルーレイディスクドライブ、最新11ac対応無線LAN、Bluetoothなど、充実しています。


2014年秋冬モデルでは、新たに広視野角が魅力となる「IPS」液晶を新搭載します。

また、2014年秋冬モデルの目玉となる、従来は『有償』だった最新バージョンへのアップデートが『永続無償』となる「Office Premium」を搭載します。
なお、直販モデルでは、引き続き「Microsoft Office なし」モデルが、それぞれに用意され、純正Officeが不要なら、価格を抑える事ができます。

詳細・購入はこちら
dynabook DB31/NB
(液晶一体型PC)

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧