富士通、4コアCore i7搭載23型液晶一体型パソコン「ESPRIMO FHシリーズ WF2/R」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF2/R」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF2/R icon
(23型・ハイスペックテレビパソコン)

ESPRIMO FHシリーズ WF2/Rの特徴
・すっきりした「フルフラットファインパネル」
・サブウーファー搭載の最大出力30Wハイパワースピーカーを搭載
・地上・BS・110度CSデジタル×2 (ダブル録画/W-AVCREC対応)を選択可能
・スロットイン方式の大容量のBDXL対応Blu-ray Discドライブを搭載
・ディスプレイの見やすさに配慮したスイーベル / チルト機能
・次世代高速無線通信規格 IEEE802.11acに対応

レビュー
23型ワイド液晶を搭載するデスクトップパソコンです。

FHシリーズ(上位のWF2)は、専用のテレビやレコーダーに迫る機能を搭載していることが魅力で、1台で多くのことを完結させることができます。

PCとしての基本性能も、4コア/8スレッドのCore i7-4710MQを標準搭載し、16GBメモリまで選択できます。


富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WF2/R」では、大容量「16GBメモリ」、「HDD容量」、「Officeなし」など、予算や用途に応じてカスタマイズして購入することが出来ます。
なお、テレビ機能が不要なら「TV機能なし」の選択も可能です。


2013年6月モデル以来、約1年ぶりのモデルチェンジとなる2014年5月モデルでは、新たに次世代高速無線LAN「IEEE 802.11ac」に対応します。

そして、2014年4月発売の新CPU「Haswell Refresh」から、4コア/8スレッドでTB時最大3.5GHzとなった「Core i7-4710MQ」を搭載し、性能が少し向上しています。


2014年冬では、富士通は、「夏モデル」「秋冬モデル」のような、季節ごとのマイナーモデルチェンジを止めているため、『2014年5月モデル』が最新モデルとして継続販売されています。

ハードウェアなどは、他社2014年秋冬モデルと大きな差はありませんが、
選択できるOfficeが、最新「Office Premium」ではなく、前「Office 2013」となります。
新バージョンが発売された場合などは、『有償』で購入する必要があります。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO FHシリーズ WF2/R icon
(23型・ハイスペックテレビパソコン)

サイト内関連リンク
富士通 最新モデル一覧