東芝、最新4コアCore i7×HD+液晶搭載大画面ノートPC「dynabook TB67/PG(2015春モデルPC)」 

東芝は、「dynabook TB67/PG(2015春モデルPC)」を発売します。

dynabook TB67/PG
(4コア第4世代Core・HD+液晶搭載スタンダードノートPC)
特徴
・ハイパフォーマンスノート向け4コアCPU「Core i7-4720HQ」を搭載
・ナチュラルで豊かな音を創出するオンキヨー製ステレオスピーカー
・写真編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 12」を搭載
・17.3型HD+(1600×900ドット)高輝度液晶を搭載
・次世代高速無線LAN IEEE802.11acに対応

2015年春モデル
CPUを1月登場の最新「Core i7-4720HQ」に強化し、基本性能が少し向上しています。

レビュー
東芝直販限定モデルとなる「TB67」は、デスクトップPCに迫る『高性能4コアCPU』を搭載する、大画面『ノートPC』のエントリーモデルです。

2コアのCore i5を搭載する下位の「TB57」に対し、高いマルチスレッド性能を実現します。

CPU性能比較(PassMark・1スレッドあたり)
第4世代Core i7-4720HQ:約1950
第5世代Core i5-5200U:約1450

1スレッドあたりでも、大きく上回ります。
ただ、消費電力や発熱量では、大きく劣ります。



基本性能では、下位モデルのため、液晶の解像度が「HD+」、従来速度の「HDD」、「DVDスーパーマルチドライブ」、「8GBメモリ」など、最低限に抑えられていますが、低価格で購入できます。

直販モデルでは
「Microsoft Office」を省いて、2万円程度価格を抑えてモデルが、発売されています。

詳細・購入はこちら
dynabook TB67/PG
(4コア第4世代Core・HD+液晶搭載スタンダードノートPC)

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧