Sky7PC.jp

ARTICLE PAGE


東芝、第5世代Core i5-5200U/i3-5005U搭載可能ベーシックノート「dynabook BB35/PB、BB25/PB、BB15/PB(2015年春モデルPC)」

東芝は、「dynabook BB35/PB、BB25/PB、BB15/PB(2015年春モデルPC)」を発売します。

dynabook BB35/PB(第5世代Core i5モデル)
dynabook BB25/PB(第5世代Core i3モデル)
dynabook BB15/PB(Celeronモデル)
(第5世代Core搭載可能ベーシックノートPC)
特徴
・Windows 8.1 Update 64 ビットをプレインストール
・低消費電力と高速処理「第5世代インテルCore」を搭載(BB35/BB25)
・低消費電力と低価格「Celeron N2840」を搭載(BB15)
・1年間無料の Office 365 サービスの付いたOfficeを搭載
・Microsoft Officeを省いたモデルも、選択可能

2015年春モデルでは
2015年1月発売開始の第5世代Core(Broadwell)のCore i5とCore i3に刷新し、基本性能が向上しています。

レビュー
東芝直販限定の「BB35/BB25/BB15」は、ビジネスにも適するベーシックノートPCで、CPU性能の違う3モデルから、選択できます。

CPU性能比較(PassMark)
第5世代Core i5-5200U :約3550
第5世代Core i3-5005U :約3000
Celeron N2840 :約1000
※Celeron N2840は、『タブレット』向けベースの「BayTrail」で低性能の要注意機種となり、無難な選択肢は、PC向け「Broadwell」のCore i3-5005U以上となります。



低価格エントリーモデルですが、必要十分な性能、光学ドライブ(DVDスーパーマルチドライブ)、フルサイズテンキー、Webカメラ、Bluetoothなどを、きっちり搭載しています。

なお、似たような「AB35/AB25/AB15」との大きな違いでは、ABシリーズは『プライベート(個人)向け』、BBシリーズは『ビジネス(法人)向け』と、言えます。

筐体(本体デザイン)も別物で、本体の高さ(厚さ)が23.5mm→26.5mmと分厚くなり、バッテリ駆動時間も5.7時間→4.0時間と、劣ります。
搭載するソフトウェアも、エンターテイメント系(DTS Sound)やゲーム等が省かれています。

直販モデルでは
「Microsoft Office」を省いたモデルが用意され、さらに2万円程度価格を抑えることが可能です。

詳細・購入はこちら
dynabook BB35/PB(第5世代Core i5モデル)
dynabook BB25/PB(第5世代Core i3モデル)
dynabook BB15/PB(Celeronモデル)
(第5世代Core搭載可能ベーシックノートPC)

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧