富士通、高性能4コアCore i7搭載可能日本製ベーシックノート「LIFEBOOK WA1/S(2015年春PC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WA1/S(2015年春PC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA1/S icon
(ベーシックノート)
特徴
・4コアインテルCore i7-4712MQ プロセッサーを選択可能
・1TB HDDか、500GB HDDから選択可能
・8GBメモリか、4GBメモリから選択可能
・BDXL 対応Blu-ray Discドライブか、DVDスーパーマルチドライブ から選択可能
・快適な操作を実現するキーボード
・Microsoft Officeが不要なら、「Officeなし」を選択可能

レビュー
富士通直販限定の「WA1」は、『タッチ非対応で1366×768ドット液晶』に魅力を感じる方・低価格で日本製ノートを購入したい方向けベーシックノートです。

そして、直販限定のWA1は、信頼の「MADE IN JAPAN(日本製)」であることを、大きな魅力とします。

新モデルでは
新たに4コア/8スレッドの高性能CPU「Core i7-4712MQ」が追加され、基本性能を強化しています。

CPU性能比較(PassMark)
Core i7-4712MQ:約7400
Core i5-4210M:約4200
Core i3-4000M:約3250
Celeron 2950M:約2100

※富士通は、2014年秋冬モデルや2015年春モデルなど、季節ごとのモデルチェンジを行っていないため、「2014年10月モデル」が継続販売されています。

なお、2015年1月にメインストリームノート向けの後継「第5世代Core(i7-5500Uやi5-5200U)」が、登場(発売)済みとなります。
メインストリーム向けが『TDP15WのUシリーズ』となったため、『TDP37W』の上記第4世代Coreが、CPU性能に関しては、高性能となります。
※富士通は、他社とは違う戦略となっているため、今後の動向は不明です。


そして、新バージョンへのアップデートが永続無償となる「Office Premium」を選択できるようになっています。



CPU性能、メモリやHDD容量、Blu-rayが不要なら「DVDスーパーマルチドライブ」、TV機能が必要なら「ネットワークテレビチューナー」、Microsoft Officeが不要なら「なし」など、予算や用途に応じたカスタマイズに対応しています。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA1/S icon
(ベーシックノート)

サイト内関連リンク
富士通 最新モデル一覧