東芝、HD液晶搭載低価格モバイルノートPC「dynabook KIRA V63/W4M(2015年春モデルPC)」 

東芝は、「dynabook KIRA V63/W4M(2015年春モデルPC)」を発売します。

dynabook KIRA V63/W4M
特徴
・軽量で美しく、強靭なマグネシウム合金ボディ
・3つの成型技術を結集した高い堅牢性
・軽さ 約1.12kg、長時間バッテリー駆動 約18時間
・省電力と高速処理、第4世代Core i5-4210U(Haswell)を搭載
・低解像度のHD液晶(1,366×768ドット)を搭載
・ジェスチャーコントロール機能付きクリックパッドを搭載

レビュー
2015年春モデル第4弾となる「V63/W4M」は、上位のV83/PS、V73/PSの第5世代Core i7-5500Uではなく、第4世代Core i5-4210U搭載となり、別物(旧世代)の低価格モデルです。

CPU性能比較(PassMark)
Core i7-5500U:約4000
Core i5-4210U:約3400
Core i3-5005U:約3000

その他基本仕様も、HD(1366×768)、128GB SSDと、大きく抑えられています。
ただ、バッテリー駆動時間は約18時間となり、V83/PSの約13時間、V73/PSの約16時間を上回ります。

2015年春モデルでは
2014年夏の「V63/W6M」の下位モデルの扱いで、CPUが上位Core i7-4510Uから「Core i5-4210U」に、SSD容量を256GBから128GBに抑え、価格を抑えています。

直販モデルでは
「Microsoft Office」を省き、さらに価格重視のモデルが用意されています。

詳細・購入はこちら
dynabook KIRA V63/W4M

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧