東芝、待望のSSDモデルが登場した第5世代Core i7-5500U搭載スタンダードノートPC「dynabook AB65/R、AB55/R、AB45/R(2015年夏モデルPC)」 

東芝は、「AB65/R、AB55/R、AB45/R(2015年夏モデル)」を発売します。

dynabook AB65/R(GeForce 930Mモデル)
dynabook AB55/R(インテルHDモデル)
dynabook AB45/R(DVDモデル)
(第5世代Core i7搭載ハイスタンダードノートPC)
特徴
・低消費電力と高速処理「第5世代インテルCore i7-5500U」を搭載
・高精細フルHD(1920×1080ドット)液晶を搭載(AB65、AB55のみ)
・薄さ約23.5mm、約2.3kg(AB65は約2.4kg)のスリムでスタイリッシュなデザイン
・高速な動作を実現する、「256GB SSD」搭載モデルを選択可能
・名門オーディオブランドと連携したハイクオリティサウンド
・バッテリー長寿命化(バッテリーライフサイクル)機能を搭載

レビュー
東芝直販限定モデルの「AB65/R、AB55/R、AB45/R」は、上位の「Core i7-5500U」を搭載するワンランク上のスタンダードノートPCです。

夏モデルからの大きな魅力として、AB65とAB55で、HDDとは別世界の高速動作を実現する「SSD」搭載モデルを、選択できます。

上位のAB65は、GeForce 930Mを搭載し、写真や動画の編集を高速化できます。
中位のAB55は、CPU内蔵グラフィックスとなりますが、第5世代Coreにより、動画のエンコードなどを高速化できます。
下位のAB45は、HD(1366×768ドット)液晶で、特有の遅さがある「HDD」と、明確に劣りますが、価格を抑えて購入できます。

2015年夏モデルでは
新デザインに一新し、各種ポートのレイアウトなども変更されています。
そして、フレームレスキーボードに刷新し、「Enter」や「BackSpace」が大きくなり、使い勝手の向上を実現しています。
また、ACアダプターに、L字コネクターを採用し、小型化しています。

ハードウェアでは、『PCは起動や動作が遅い』を劇的に改善する「SSD」を搭載するモデルが、ついに発売されます。
そして、上位のAB65のグラフィックスが、AMD RadeonからNVIDIA GeForceに変更され、少し性能が向上しています。

詳細・購入はこちら
dynabook AB65/R(GeForce 930Mモデル)
dynabook AB55/R(インテルHDモデル)
dynabook AB45/R(DVDモデル)
(第5世代Core i7搭載ハイスタンダードノートPC)

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧