Sky7PC.jp

ARTICLE PAGE


東芝、4コア第4世代Core i7-4710MQ搭載液晶一体型デスクトップPC「dynabook DB31/SB(2015年夏モデルPC)」

東芝は、「dynabook DB31/SB(2015年夏モデル)」を発売します。

dynabook DB31/SB
(TVチューナーなしモデル)
特徴
・よりリアルに美しく映し出す、高精細フルHD液晶を搭載
・斜めから見ても自然で美しい映像を楽しめる、IPS液晶を搭載
・パワフルで高音質なサウンドが楽しめるオンキヨー製ステレオスピーカー
・液晶モニターとしても使える、HDMI入力端子を搭載
・高いマルチスレッド性能、第4世代Core i7-4710MQを搭載
・CDを超える高音質サウンドが楽しめる、話題のハイレゾ音源に対応

レビュー
東芝直販限定モデルの「DB31/SB」は、テレビ機能が不要で、高性能な液晶一体型を求める方向けに、テレビ機能を省きつつ、PCの機能は妥協していないモデルです。

後継となる、2コアでTDP15Wの「第5世代Core i7-5500U」を選択せず、4コアでTDP47Wの「第4世代Core i7-4710MQ」を搭載し、高いマルチスレッド性能を実現しています。
ただ、消費電力、発熱、内蔵グラフィックスの性能などでは、大きく劣ります。

2015年夏モデルでは
ハイレゾ音源を再生できるプレーヤー(ソフトウェア)が、新搭載されます。

ハードウェアなどは、引き続き4コアの第4世代Coreを搭載します。

詳細・購入はこちら
dynabook DB31/SB

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧