東芝、新たに高速無線LAN 11ac対応スタンダードノートPC「dynabook AB35/RW、AB25/RW、AB15/RW(2015年夏モデルPC)」 

東芝は、「dynabook AB35/RW、AB25/RW、AB15/RW(2015年夏モデルPC)」を発売します。

dynabook AB35/RW(Core i5モデル)
dynabook AB25/RW(Core i3モデル)
dynabook AB15/RW(Celeronモデル)
(スタンダードノートPC)
特徴
・低消費電力と高速処理「第5世代インテルCore」を搭載(AB35、AB25のみ)
・薄さ約23.5mm、軽さ約2.3kgのスリムでスタイリッシュなデザインを実現
・PC周りもスッキリ、L字プラグの小型ACアダプターを搭載
・バッテリー長寿命化(バッテリーライフサイクル)機能を搭載
・スマホやレコーダーと連携できるソフトウェアを搭載
・次世代高速無線LAN「IEEE802.11ac」に対応

レビュー
東芝直販限定モデルの「AB35/RW、AB25/RW、AB15/RW」は、ベーシックな「HD(1366×768ドット)液晶」を搭載する、低価格スタンダードモデルです。

CPU性能によって3モデルが用意され、ターボブーストに対応する主力の「Core i5」、価格重視でも無難な性能「Core i3」、グラフィックス性能も大きく劣る「Celeron」から、選択できます。

2015年夏モデル『第2弾』では
本体のデザインやキーボードを一新した「2015年夏モデル第1弾」をベースに、
新たに高速無線LAN(IEEE 802.11ac)に対応しています。
※5/19の夏モデル第1弾に続き、6/12に夏モデル第2弾が発表されています。

詳細・購入はこちら
dynabook AB35/RW(Core i5モデル)
dynabook AB25/RW(Core i3モデル)
dynabook AB15/RW(Celeronモデル)
(スタンダードノートPC)

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧