Sky7PC.jp

ARTICLE PAGE


東芝、最新Windows10搭載2015年秋冬モデル・モバイルノートPC「dynabook NZ40/TG」

東芝は、「dynabook NZ40/TG(2015年秋冬モデルPC)」を発売します。

dynabook NZ40/TG
(デタッチャブルモバイルノートPC)
特徴
・使いなれた操作感で、さらに快適になった「Windows 10 Home」を搭載
・キーボードドック接続時、約13.0時間の長時間駆動を実現(PNZ40TG-NYAのみ)
・タブレット時約552gの10.1型スタイリッシュボディ
・タッチ対応のWUXGA(1,920×1,200ドット)高精細・高輝度・広視野角液晶を搭載
・タイピングにこだわった、フルサイズキーボードを採用
・耐久性を高め、取りはずしが容易な接続部を実現

レビュー
2015年秋冬モデルPCの「NZ40/TG」は、キーボード着脱式のモバイルノートPCで、ノートPCとして重要なキーボードやクリックパッドなどの快適性を追求しています。

そして、いち早く新世代OS「Windows 10」を標準搭載し、「Microsoft Office Mobile」を搭載します。


CPUには、最新14nmプロセスに微細化された新世代「インテルAtom x5-Z8300(Cherry Trail)」を搭載します。

スマートフォン/タブレット端末向け「Cherry Trail」では、内蔵グラフィックスが強化され、3D性能が向上しています。
なお、あくまで『タブレット向けSoc』性能なので、ノートPC(第5世代Core)の性能を求める方には、適していません。

直販モデルでは
東芝直販限定のWebオリジナルモデルでは、メモリ容量を店頭モデルの「2GB」から『4GB』に強化しています。

そして、キーボードドックのバッテリーを省き、キーボードドック接続時「約1094g」から『約982g』に軽量化した「PNZ40TG-NYB」が、発売されます。

詳細・購入はこちら
dynabook NZ40/TG
(デタッチャブルモバイルノートPC)

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧