Sky7PC.jp

ARTICLE PAGE


東芝、4コアCore i7-4710MQ/低価格Celeron 3215U搭載液晶一体型PC「dynabook DZ61/TW、DZ41/TW(2015年秋冬モデルPC)」

東芝は、「dynabook DZ61/TW、DZ41/TW(2015年秋冬モデルPC)」を発売します。

dynabook DZ61/TW
dynabook DZ41/TW
(TV機能なしモデル)
特徴
・最新OS、Windows 10 Homeをプレインストール
・刻印が大きく打ちやすい抗菌のタイルキーボードを搭載
・解像度が1,920×1,080ドット、約207万画素のフルHD液晶を搭載
・名門オーディオブランドと連携したハイクオリティサウンドを搭載
・4コアの高性能CPU「Core i7-4710MQ」を搭載
・省電力&低価格CPU「Celeron 3215U」を搭載

レビュー
2015年秋冬モデルの「DZ61/DZ41」は、「テレビ機能」が不要な方向けの液晶一体型PCです。

2モデルは、CPUの大きな違いで、方向性違う製品となっています。
「DZ61」は、4コア/8スレッドの「Core i7-4710MQ(TDP47W)」を搭載し、高いCPU性能が魅力となります。
「DZ41」は、2コア/2スレッドの「Celeron 3215U(TD15W)」を搭載し、メモリが4GBに削減されるなどもあり、低価格で購入できます。

2015年秋冬モデルでは(夏モデルとの主な違い)
最新OS「Windows 10」を搭載します。

「DZ41」のCPUが、「Celeron 3205U(1.5GHz)」から、「Celeron 3215U(1.7GHz)」に強化され、性能が向上しています。

詳細・購入はこちら
dynabook DZ61/TW
dynabook DZ41/TW
(TV機能なしモデル)

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧