パナソニック、さらに軽量化したクラムシェル型モバイルノートPC「レッツノート SZシリーズ CF-SZ5(2015年秋冬モデル)」 

パナソニックは、「レッツノート SZシリーズ CF-SZ5(2015年秋冬モデル)」を発売します。

レッツノート SZシリーズ CF-SZ5
(12.1型ドライブ内蔵)
特徴
・最新の第6世代Core i5-6200U プロセッサー 2.30GHzを搭載
・従来機種(SX4)に比べ、約20%の軽量化を実現
・天板のたわみを抑制し堅牢性を確保した新ボンネット構造
・12.1型WUXGA(1920×1200)広視野角アンチグレア液晶を採用
・誤入力の軽減と打ち心地の良さにこだわったリーフ型キーボード
・あらゆるシーンに対応、多様なインターフェースを標準サイズでフル装備

レビュー
2015年秋冬モデルで新登場の「SZ5シリーズ」は、(2-in-1型ではなく)従来のクラムシェル(折畳み)型ノートパソコンの新世代モデルで、
光学ドライブ内蔵、高い堅牢性を維持しながら、さらなる軽量化など、モバイルノートの使い勝手を向上させています。

直販モデルでは、天板カラー、ホイールパッドが、店頭モデルの「2色」より多い『4色』から選択できます。
そして、かな入力表示を消した「ローマ字すっきりキーボード」を選択できます。

2015年秋冬モデルで、新登場
秋冬モデルで新登場となり、光学ドライブ内蔵12.1型モバイル世界最軽量約929gを実現します。
※当ページで紹介しているモデルは、「HDDモデル」のため、約1020gとなっています。

新世代モデルでは、「第6世代Core(Skylake)」、「Windows 10」に、刷新しています。
そして、液晶の解像度が「16:9」(1600×900ドット)から、『16:10』(1920×1200ドット)に強化されたことも、大きな魅力となります。

詳細・購入はこちら
レッツノート SZシリーズ CF-SZ5
(12.1型ドライブ内蔵)

サイト内関連リンク
パナソニック 最新モデル一覧