東芝、Windows7(Windows10ダウングレード)搭載13型モバイルノートPC「dynabook R63/P(2015年秋冬モデルPC)」 

東芝は、「dynabook R63/P(2015年秋冬モデルPC)」を発売します。

dynabook R63/P
(Windows 7搭載モバイルノート)
特徴
・Windows 7 Professionalをプレインストール
・省電力と高い処理性能、第5世代インテルCore i3-5005Uを搭載
・モバイルでの機動性を高める、高速SSDを搭載
・東芝独自技術により、約19時間のバッテリー駆動を実現
・高密度実装技術により、軽さ約1.199kg、最薄部約13.9mmを実現
・スムーズなポインティング操作が可能、アキュポイントを搭載

レビュー
「R63」は、薄型、軽量、堅牢、長時間動作を重視したビジネスモバイルノートPCです。なお、光学ドライブ(DVDスーパーマルチ)は、非搭載です。

プレインストールOSに、「Windows 7 Professional」を採用し、2020年1月まで約4年間「7」で利用できます。ライセンスOSの「Windows 10」には、リカバリーメディアで復元できます。

また、法人向けベースのため、搭載されるソフトウェアも、必要最低限となります。
そして、Office搭載モデルでは、バージョンアップが有償の「Office 2013」となっています。
※発売中の「Office 2016」には、別途購入が必要です。

2015年秋冬モデルでは
ライセンスOSが「Windows 8.1 Pro」から、「Windows 10 Pro」に更新されています。

詳細・購入はこちら
dynabook R63/P
(Windows 7搭載モバイルノート)

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧