富士通、第6世代Core i7-6700・GeForce GTX745搭載可能高性能デスクトップPC「ESPRIMO WD2/W」 

富士通は、「ESPRIMO WD2/W」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WD2/W icon
特徴
・最新OS「Windows 10 Home 64ビット版」を標準搭載
・最新CPU「第6世代インテルCoreプロセッサー」を標準搭載
・低消費電力ながら、より高速に動作する「DDR4メモリ」を採用
・ゲームにもクリエイティブにも応える、グラフィックカードを選択可能
・省スペースながらミニタワー筐体並みの拡張性
・SSDとHDDの組みあわせで高速&大容量ストレージを選択可能

レビュー
直販限定となる「WD2/W」は、国内大手メーカーでは数少ない、デスクトップPC(LGAソケット)向けのCPUを搭載し、上位「Core i7-6700」は、ハイエンドノートPC向け「Core i7-4700HQ」から、さらに高い基本性能を実現できます。

CPU性能比較(PassMark)
Core i7-6700:約10000
Core i7-6700HQ:約8000
Core i5-6500:約6800
Core i3-6100:約5300
Core i7-6500U:約4300
※ベンチマークスコアは、変動している場合があります。

カスタマイズでは、「GeForce GTX745」を選択でき、ドラゴンクエストⅩなど、軽めのPCゲームを楽しむことが可能です。

2015年10月(秋冬)モデルでは、約1年ぶりのフルモデルチェンジ
CPUが、「第4世代Core(Haswell)」から、9月発表の「第6世代Core(Skylake)」に刷新し、内蔵グラフィックス性能の向上や、省電力性能向上を実現しています。

そして、従来の「DDR3メモリ」から、より高速な新規格「DDR4メモリ」を採用します。
選択できるグラフィックが、「GeForce GTX745」に強化され、手軽なPCゲーミングにまで対応できます。

また、PC本体のデザインが更新され、最新OS「Windows 10」を新搭載します。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WD2/W icon

サイト内関連リンク
富士通 最新モデル一覧