Sky7PC.jp

ARTICLE PAGE


東芝、第6世代Core i7/i5×17.3型大画面液晶搭載ノートPC「dynabook AZ67/UG、AZ47/UG(2016年春モデルPC)」

東芝は、「dynabook AZ67/UG、AZ47/UG(2016年春モデルPC)」を発売します。

dynabook AZ67/UG(Core i7モデル)
dynabook AZ47/UG(Core i5モデル)
(第6世代Core・大画面スタンダードノート)
特徴
・最新OS、Windows 10 Homeをプレインストール
・作業がしやすい、広びろ大画面の17.3型液晶を搭載
・こだわりのサウンドクオリティ、オンキヨー製ステレオスピーカーを搭載
・処理能力向上&低消費電力「第6世代インテルCoreプロセッサー」を搭載
・高速性と大容量を両立、ハイブリッドドライブ(SSHD)を搭載
・写真編集、動画編集を加速する、GeForce 930Mを搭載(AZ67のみ)

レビュー
2016年春モデルの「AZ67/AZ47」は、PCが遅いと言われる原因である、HDD特有の遅さを改善する『ハイブリッドドライブ』を標準搭載する、大画面ノートPCです。

上位「AZ67」は、Core i7、フルHD液晶(1920×1080ドット)、GeForce 930M、ブルーレイディスクドライブを搭載し、写真や動画編集で力を発揮します。
※ブルーレイが不要な方向けに、DVDスーパーマルチモデルも、用意されています。

下位「AZ47」は、Core i5、HD+液晶(1600×900ドット)、インテルHDグラフィックス520、DVDスーパーマルチドライブとなり、明確に劣りますが、価格を抑えています。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア)
第6世代Core i7-6500U:約310
第6世代Core i5-6200U:約270
第6世代Core i3-6100U:約250

GPU性能比較(3DMark11 P GPU)
NVIDIA GeForce 930M:約2100
Intel HD Graphics 520(Core i7-6500U):約1320

2016年春モデルでは、新生活に役立つアプリ(ソフト)を搭載
2015年秋冬モデルで「Windows 10×第6世代Core」にフルモデルチェンジしたばかりなので、概ね秋冬モデルを継承しますが、春から新生活を始める方に向け、アプリ(ソフト)が強化されていて、

スマートフォン連携アプリ「sMedio TrueLink+ Phone」を新搭載します。
そして、「CyberLink」社製の新ソフトを搭載し、写真・動画編集の使い勝手を向上させています。

詳細・購入はこちら
dynabook AZ67/UG(Core i7モデル)
dynabook AZ47/UG(Core i5モデル)
(第6世代Core・大画面スタンダードノート)

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧