VAIO、劇的性能向上第6世代Core i7-6700HQ/i5-6300HQ/i3-6100H搭載スタンダードノートPC「VAIO S15 VJS1511(2016年モデルPC)」 

VAIOは、「VAIO S15 VJS1511(2016年モデルPC)」を発売します。
icon icon
VAIO S15 VJS1511 icon
(15.5型・ビジネス&クリエーションオールインワン)
特徴
・Core i7-6500U比、2倍以上の高性能「Core i7-6700HQ」を搭載可能
・それぞれの特性を最大限に引き出すSSD+HDDのデュアルドライブ構成を選択可能
・外光の映り込みを低減するアンチグレア液晶によって目への負担を軽減
・低音が響き渡るサブウーファー内蔵スピーカーを搭載
・流れるような一体感のフラットデザイン、Sライン共通の新色シルバーを選択可能
・データ保管から映画再生まで使える光学ドライブを搭載

レビュー
2016年新登場「VAIO S15」は、スタンダードなノートPC(クラムシェル・折畳み型)で、
CPUに、一般的なノートPC向け「Uシリーズ(Core i7-6500U、i5-6200Uなど)」ではなく、ハイエンドノートPC向け「Hシリーズ」を搭載する、高い基本性能が魅力です。

「Core i7-6700HQ」と「Core i5-6300HQ」は、4コアCPUとなり、動画編集などクリエイティブな作業や、たくさんのビジネス資料作成などで、力を発揮します。
※ネットや動画再生など一般的な用途では、体感差はほぼ無く、両者高速に行えます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700HQ:約670/150
第6世代Core i5-6300HQ:約480/130
第6世代Core i7-6500U:約310/130
第6世代Core i3-6100H:約300/110
第4世代Core i7-4510U:約270/125

GPU性能比較(3DMark11 P GPU)
Intel HD Graphics 530(Core i7-6700HQ):約1500
Intel HD Graphics 520(Core i7-6500U):約1320
Intel HD Graphics 4400(Core i7-4510U):約730

2016年モデルでは、CPUが劇的性能向上
前世代モデル「Fit 15|mk2」の「第4世代Core Uシリーズ(TDP15W)」から、2世代後継の『第6世代Core Hシリーズ(TDP45W)』に刷新し、Core i7では2倍超の劇的性能向上を実現します。
また、(一気に2世代の刷新のため)GPU性能も劇的向上し、動作時の消費電力大幅削減なども、実現します。

そして、ビジネスやクリエイティブ作業に強いPCとして、映り込みの少ない「アンチグレア(非光沢)」に変更され、広視野角液晶に強化されています。
なお、タッチパネルモデルは、「グレア(光沢)」になっています。

詳細・購入はこちら
VAIO S15 VJS1511 icon
(15.5型・ビジネス&クリエーションオールインワン)

サイト内関連リンク
VAIO 最新モデル一覧