Sky7PC.jp

ARTICLE PAGE


東芝、第6世代Core i5/i3/Celeron搭載スタンダードノートPC「dynabook AZ35/V、AZ25/V、AZ15/V(2016年夏モデルPC)」

東芝は、「dynabook AZ35/V、AZ25/V、AZ15/V(2016年夏モデルPC)」を発売します。

dynabook AZ35/V(Core i5モデル)
dynabook AZ25/V(Core i3モデル)
dynabook AZ15/V(Celeronモデル)
(スタンダードノート)
特徴
・ナチュラルで豊かなサウンドを再現、オンキヨー製ステレオスピーカーを搭載
・薄さ約23.5mm、軽さ約2.3kgのスリムで洗練されたデザインを実現
・低消費電力CPUの採用などにより、省電力や長時間バッテリー駆動を実現
・使いやすさを追求して、USB3.0コネクタを左右に2個ずつ配置
・小型ACアダプターは、PCまわりがスッキリするL字プラグを採用
・ハイレゾ音源対応アプリや、スマートフォン連携アプリを搭載

レビュー
2016年夏モデル「AZ35/V、AZ25/V、AZ15/V」は、PCの遅さを改善する技術(SSDやSSHD)を搭載しないため、HDDらしい遅さはありますが、低価格で購入できるベーシックなノートPCです。

価格重視のため、低解像度「1366×768ドット」、メモリ容量も「4GB」など、全体的に抑えられています。

主にCPU性能の違いで、3モデルが用意され、
新世代の定番「Core i5-6200U」を搭載する「AZ35」、
価格重視でも無難な「Core i3-6100U」を搭載する「AZ25」、
低価格・低性能「Celeron 3215U」を搭載する「AZ15」から、選択できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6500U:約310/130
第6世代Core i5-6200U:約270/120
第6世代Core i3-6100U:約250/100
(第5世代)Celeron 3215U:約130/70

2016年夏モデルでは、最新「Office 2016」をプレインストール
「Office搭載モデル」で、最新の「Office 2016」をプレインストールします。
「Office Premium」なので、つねに最新バージョンに無償アップグレード可能です。

※直販モデルでは引き続き、「Officeなし」で、価格を抑えたモデルを購入可能です。

ハードウェアなどは、2016年春モデル「AZ35/U、AZ25/U、AZ15/U」を、概ね継承します。

詳細・購入はこちら
dynabook AZ35/V(Core i5モデル)
dynabook AZ25/V(Core i3モデル)
dynabook AZ15/V(Celeronモデル)
(スタンダードノート)

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧