東芝、長時間バッテリー駆動13.3型モバイルノート「dynabook RZ63/C(2017年春モデルPC)」 

東芝は、「dynabook RZ63/C(2017年春モデルPC)」を発売します。
特徴
・約1.210kgの軽量・コンパクトボディ
・外出先でもたっぷり使える約14.5時間の長時間バッテリー駆動
・高速512GB/256GB/128GB SSDから選択可能
・軽さと強さ、美しさを兼ね備えたマグネシウム合金ボディを採用

レビュー
直販モデル「RZ63/C」は、薄型、軽量、堅牢、長時間動作を重視したモバイルノートPCです。

「RZ73/C」に対し、光学(DVD)ドライブ非搭載である事が大きな違いで、より軽く、より薄く、より長いバッテリー駆動時間を、魅力とします。

また、NECや富士通の世界最軽量ノートに対し、軽さなどは負けますが、安価(会員価格前提)で購入出来ます。

2017年春モデルでは、Windows 10 Anniversary Updateを搭載
2016年秋モデル「RZ63/A」をベースに、Windows 10 Anniversary Updateをプレインストールします。

ハードウェアなどは、概ね継承しますが、大容量「16GBメモリ」モデルが、発売されます。

詳細・購入はこちら
dynabook RZ63/C

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧