富士通、高性能なデスクトップPC向けCPU搭載省スペース型PC「ESPRIMO WD2/A3(2017年春PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WD2/A3(2017年春PC)」を発売します。
icon icon
特徴
・省スペースながらミニタワー筐体並みの拡張性を実現
・第6世代クアッドコア プロセッサーを選択可能
・CG作成やCADなどの利用に適した「NVIDIA Quadro K620」を選択可能
・高速SSDと大容量HDDの同時搭載を選択可能

レビュー
直販限定モデル「WD2/A3」は、国内大手メーカーでは数少ない、デスクトップPC向けCPUを搭載する、高性能省スペースデスクトップPCです。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
Core i7-6700 4コア8スレッド/最大4.0GHz/8MBキャッシュ:約810/170
Core i5-6500 4コア4スレッド/最大3.6GHz/6MBキャッシュ:約565/155
Core i3-6100 2コア4スレッド/3.7GHz/3MBキャッシュ:約390/150
Celeron G3900 2コア2スレッド/2.8GHz/2MBキャッシュ:約215/120

カスタマイズでは、軽めのPCゲームに対応できる「GeForce GTX745」、CG作成やCADに適する「Quadro K620」を選択できます。
そして、純正の液晶ディスプレイを選択できるほかに、「ディスプレイなし」も選択できます。

2017年春では、継続販売中
2017年春は、2016年10月モデルが継続販売されています。

※富士通は、季節ごとの(マイナー)モデルチェンジを行わず、1年以上の継続販売も通常となるため、今後の動向は不明となります。
なお、第7世代Coreが発表されていますが、搭載動向は不明となります。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WD2/A3 icon
(豊かな拡張性・省スペースPC)

サイト内関連リンク
富士通 最新モデル一覧