富士通、ハイスペックCore i7-6700Tも選択可能なコンパクトデスクトップPC「ESPRIMO WD1/A3(2017年春PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WD1/A3(2017年春PC)」を発売します。
icon icon
特徴
・タテ、ヨコ自由に設置。パワフルな小型筐体
・パソコンの心臓部であるCPUには、最新の第6世代インテルプロセッサーを搭載
・2台以上のディスプレイをつなぐ、マルチディスプレイ表示に対応
・パソコンの動作を飛躍的に高速化するSSDを選択可能

レビュー
直販限定モデル「WD1/A3」は、外付けHDD並のコンパクトサイズに、省電力(TDP35W)版の「デスクトップPC向けCPU」を搭載し、必要十分な基本性能を実現します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700 (TDP65W):約810/170
第6世代Core i7-6700T (TDP35W):約665/155
第6世代Core i3-6100T (TDP35W):約340/130
Celeron G3900T (TDP35W):約200/110

2017年春では、継続販売中
2017年春は、2016年10月モデルが継続販売されています。

※富士通は、季節ごとの(マイナー)モデルチェンジを行わず、1年以上の継続販売も通常となるため、今後の動向は不明となります。
なお、第7世代Coreが発表されていますが、搭載動向は不明となります。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WD1/A3 icon
(自由な設置性・コンパクトPC)

サイト内関連リンク
富士通 最新モデル一覧