東芝、Celeron 3865U搭載低価格スタンダードノートPC「dynabook AZ25/G(2018年夏モデルPC)」 


dynabook AZ25/G
特徴
・指をタッチするだけでサインインできる指紋センサーを搭載
・カラーを引き立てるグラフィックパターンを採用したボディデザイン
・キーボードの印字の見やすさとデザイン性を両立した新キーボード
・データの損傷を軽減する「HDDプロテクション」を搭載
・オンキヨーと共同開発、2way 4speakersを搭載
・厳しい評価基準をクリアする高品質で安心なPCづくりを実施

低価格が魅力のエントリーノート
直販モデル「AZ25/G」は、上位モデル同様の本体デザインやキーボードを採用しつつ、低価格を魅力とするエントリーモデルです。
※数万円単位で安くなる「会員価格(登録無料)」が、前提となります。

下位モデルなので、重い・遅いの原因となる「Celeon、HDD、4GBメモリ」となり、低解像度な「HD液晶」など、訳ありと言えます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i5-8250U 4コア8スレッド/1.6-3.4GHz:約540/145
第8世代Core i3-8130U 2コア4スレッド/2.2-3.4GHz:約340/140
Celeron 3865U 2コア2スレッド/1.8GHz:約140/75
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

2018年夏モデルでは、操作性やデザイン性を追求
新たに、文字や数字の見やすさを追求した新キーボードで、操作性を向上させています。
そして、よりスタイリッシュで使う人に優しいデザインを採用しています。

詳細・購入はこちら
dynabook AZ25/G