東芝、ハイスペック第7世代Core i7搭載15.6型ノートパソコン「dynabook AZ55/D(2017年夏モデルPC)」 

東芝は、「dynabook AZ55/D(2017年夏モデルPC)」を発売します。

dynabook AZ55/D(ハイスペック)
dynabook AZ35/D(スタンダード)
dynabook AZ15/D(エントリー)
(第7世代Core・ビジネス系ノート)
特徴
・低消費電力と高速処理「第7世代インテルCoreプロセッサー・ファミリー」を搭載
・家中持ち運べる、最厚部約23.9mm、軽さ約2.4kg、長時間のバッテリー駆動
・指紋がつきにくい、ヘアライン加工のブラックボディ
・フルHD(1,920×1,080ドット)の高精細・高輝度液晶を搭載

レビュー
直販モデル「AZ55/D」は、上位CPU「第7世代Core i7」を搭載する、ハイスタンダードモデルです。

上位の「AZ65/D」に対し、ビジネス系ノートなので、省かれている部分も多いですが、安価で購入出来ます。
※会員価格(登録無料)が、前提です。

2017年夏モデルでは、概ね春モデルを継承
基本的には、2017年春モデルを継承しますが、
HDD容量が、750GB→1TBとなるなど、強化されています。

そして、Windows 10の最新Ver.「Creators Update」を、プレインストールします。

詳細・購入はこちら
dynabook AZ55/D(ハイスペック)
dynabook AZ35/D(スタンダード)
dynabook AZ15/D(エントリー)
(第7世代Core・ビジネス系ノート)

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧