富士通、カスタマイズ対応コンパクトデスクトップPC「ESPRIMO WD1/C1(2018年春夏PC)」 

icon icon
ESPRIMO WD1/C1 icon
(第7世代Core・コンパクトPC)
特徴
・幅55mm×奥行191mm×高さ186mmの小型筐体
・CPUには、第7世代インテルCoreプロセッサーを選択可能
・低消費電力でありながら高速に動作する「DDR4メモリ」を採用
・Blu-rayDisc ドライブや、スーパーマルチドライブを選択可能
・本体内に、無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠)を搭載可能

カスタマイズ対応コンパクトPC
直販限定モデルとなる「WD1/C1」は、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズに対応する、コンパクトデスクトップPCです。

コンパクトPCのため、通常版ではなく、省電力版CPUとなりますが、Celeronを除き、一定の性能を確保します。 CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
Core i7-7700 4コア8スレッド/3.6-4.2GHz:約900/185
Core i7-7700T 4コア8スレッド/2.9-3.8GHz:約800/165
Core i3-7100T 2コア4スレッド/3.4GHz:約370/145
Celeron G3930T 2コア2スレッド/2.7GHz:約200/110
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

2018年3月モデルでは
新たに、「いつもアシスト ふくまろ」に対応します。
なお、利用には別途動作確認済のWebカメラ、スピーカー等が必要となっています。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WD1/C1 icon
(第7世代Core・コンパクトPC)