富士通、ハイスペックなCore i7-7700T搭載可能ミニデスクトップPC「ESPRIMO WD1/B2」 

富士通は、「ESPRIMO WD1/B2」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WD1/B2 icon
(第7世代Core・自由な設置性・コンパクトPC)
特徴
・縦置き設置時、幅55mm×奥行191mm×高さ186mmの小型筐体
・圧倒的な性能、第7世代インテルCoreプロセッサーを選択可能
・高負荷な作業も快適、最大16GBメモリまで選択可能
・2台のディスプレイを同時接続する事が可能
・パソコンの動作を飛躍的に高速化するSSDを選択可能
・小型筐体ながら、光学ドライブを内蔵可能

レビュー
直販限定モデル「WD1/B2」は、4コア8スレッドのハイスペック省電力CPU「Core i7-7700T」を搭載でき、高い基本性能を実現します。

また、「Core i3-7100T」でも、モバイル向け上位「Core i7-7500U」並のCPU性能となり、十分な基本性能を安価に実現します。
「Celeron G3930T」は、2コア2スレッドとなり、価格なりの低性能となります。

2017年7月モデルでは、最新CPUに刷新
最新CPU「第7世代Core(KabyLake-S)」に刷新し、4K動画関連の機能強化、さらなる性能向上や省電力性の向上を、実現しています。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WD1/B2 icon
(第7世代Core・自由な設置性・コンパクトPC)

サイト内関連リンク
富士通 最新モデル一覧