東芝、価格改定で買いやすくなった堅牢モバイルノート「dynabook UZ63/D(2017年秋冬PC)」 

東芝は、「dynabook UZ63/D(2017年秋冬PC)」を発売します。

dynabook UZ63/D
(13.3型・堅牢モバイルノート)
特徴
・最新の第7世代インテル Core プロセッサーを搭載
・軽さ約1,060g、薄さ約15.9mmで、バッテリー駆動時間約17時間を実現
・指紋がパスワードになる生体認証、Windows Helloに対応
・アメリカ国防総省制定MIL規格に準拠したテストをクリア
・Thunderbolt 3やUSB3.1(Gen2)対応Type-Cコネクタなどを搭載
・色補正済みで自然な色合いが楽しめる、フルHD液晶を搭載

レビュー
直販モデル「UZ63/D」は、ベーシックなクラムシェル(折畳み)型ノートの新世代モデルで、薄さ、軽さ、長時間のバッテリー駆動に加え、堅牢性も魅力とします。

店頭(カタログ)モデルは、Core i5、4GBメモリ、128GB SSDと、低くなっていますが、
直販モデルでは、Core i7、8GBメモリ、512GBと、ハイスペックに対応します。

2017年秋冬では、価格改定
会員価格が改定(値下げ)され、買いやすくなっています。
※会員登録は無料なので、価格は公式サイトで、確認ください。

なお、モバイルノートのモデルチェンジは遅いため、次期製品の発売時期は不明です。
UZ63/Dは、2017年夏モデルで新登場したばかりの完全新作モデルです。

詳細・購入はこちら
dynabook UZ63/D
(13.3型・堅牢モバイルノート)

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧