パナソニック、4.2GHzに到達Core i7-8650U搭載12.1型モバイルノート「レッツノート SV7 プレミアムエディション(2018年春モデルPC)」 


レッツノート SV7 プレミアムエディション
(12.1型・高速モバイルPC)
特徴
・約5年前モデル比、約2.4倍の処理性能、第8世代Coreを搭載
・約1年前モデル比、約3.3倍高速な、PCIe接続のSSDを採用
・肌身離さず持ち歩ける軽さ、世界最軽量約999gを実現
・多様なコネクター類を標準サイズでフル装備
・最大40Gbpsの高速データ転送を実現、Thunderbolt 3に対応
・独自の省電力設計と、自社製の高容量バッテリーを採用

「高性能」に、直販限定で「高速性能」を追加
「SV7シリーズ」は、前世代「SZ6」シリーズの魅力である「軽量」「長時間駆動」「頑丈」に加え、クアッドコアCPUによる「高性能」を追加します。
直販モデル限定で、PCIe接続のSSDを採用し、圧倒的「高速性能」も、加わります。

『プレミアムエディション』では、動作クロックが最大4.2GHzに達する「Core i7-8650U vPro」や、大容量SSD搭載モデルなどから、選択できます。

2018年春モデルで、一新
4コア第8世代Coreとともに、筐体を含め、一新しています。

他シリーズは、2コア第7世代Coreを継続のため、「高性能」が必要な方は、SV7シリーズ一択となっています。
※2018年春モデル発表時点。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第8世代Core i7-8650U 4コア8スレッド/1.9-4.2GHz:約620/175
第7世代Core i7-7600U 2コア4スレッド/2.8-3.9GHz:約350/145
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

詳細・購入はこちら
レッツノート SV7 プレミアムエディション
(12.1型・高速モバイルPC)