東芝、ちょうど良い512GB SSDが追加されたスタンダードノートPC「dynabook AZ55/G(2018年夏モデルPC)」 

東芝は、「dynabook AZ55/G(2018年夏モデルPC)」を発売します。

dynabook AZ55/G
特徴
・動画編集もスムーズ、クアッドコアの第8世代Core i7を搭載
・独自の空冷技術で、CPUのパワーを最大限に発揮
・液晶の色補正を実施した、フルHD IPS液晶を搭載
・指紋がつきにくい、ヘアライン加工のブラックボディを採用
・家中持ち運べる薄さ・軽さ、約7.5時間のバッテリー駆動を実現
・書き込み速度、読み出し速度の高速化「SSD」モデルを選択可能

レビュー
直販モデル「AZ55/G」は、コストパフォーマンス重視のベーシックノートで、上位Core i7搭載でも、低価格を魅力とします。
※数万円単位で安くなる「会員価格(登録無料)」が、前提です。

第8世代Core i7では、従来の2コアから『4コア』となり、大幅性能向上しています。

CPU性能比較(Cinebench R15)
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/最大4.0GHz:約580
第8世代Core i5-8250U 4コア8スレッド/最大3.4GHz:約540
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/最大3.5GHz:約340
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

6月14日発表の新モデルでは、
高速だが小容量「256GB SSD」、低速だが大容量「1TB HDD」モデルに加え、
高速で程良い中容量「512GB HDD」モデルが、6月14日に追加発売されます。

詳細・購入はこちら
dynabook AZ55/G