NEC、飛躍的性能向上Ryzen 7-2700U/5-2500U搭載可能高性能ノートPC「LAVIE Direct NS(R)(2018年秋冬PC)」 

NECは、「LAVIE Direct NS(R)(2019年夏PC」を発売します。

LAVIE Direct NS(R)
(AMD Ryzen・ハイスペックノートPC)
特徴
・高度な演算処理能力、AMD Ryzen 7/5を選択可能
・画期的なグラフィックス性能、Radeon RX Vegaを内蔵
・HDDに対し、圧倒的に高速、SSDを選択可能
・高解像度表示のフルHD液晶を搭載
・簡単に臨場感あふれるサウンド、「Dolby Audio」を搭載
・動画や音楽を操作できる、便利なホットキーを搭載

レビュー
直販限定モデル「NS(R)」は、完全新作・新設計の「Ryzen」を搭載し、根本的な問題を抱える前世代「第7世代APU」から、あらゆる面で数倍単位の性能向上を実現します。

インテルに対し、勝負にならなかった「CPU性能」で、「第7世代Core」に圧勝し、Ryzen対抗で劇的性能向上した「第8世代Core」とも互角以上となっています。

AMDが強いグラフィックス性能は、大幅強化する第10世代Core発売まで圧勝が続き、
前世代までの安さは無くなったが、インテルよりは安い価格を魅力とします。

インテルCPUに負けている点として、バッテリー駆動時間の短さ(消費電力の高さ)がありますが、据え置き前提の大型ノートなので、問題無いでしょう。

2019年夏では
「2018年夏モデル」以来のモデルチェンジ『2019年春モデル』を継続販売中です。
※1年以上の継続販売も普通なので、次のモデルチェンジ時期は不明(非公開)です。

詳細・購入はこちら
LAVIE Direct NS(R)
(AMD Ryzen・ハイスペックノートPC)

関連ページ
NEC 最新モデル一覧

富士通、在庫処分で安いE2-9000搭載低価格ノートPC「LIFEBOOK WAA/B3 OUTLET(2019年夏PC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WAA/C2 OUTLET(2019年夏PC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WAA/C2 OUTLET icon
(15.6型・エントリーノート)
特徴
・コストパフォーマンスに優れた「第7世代AMD APU」を搭載
・グラフィックス性能に優れた「AMD RADEONグラフィックス」を内蔵
・メモリは、大容量「8GB」と、安価を実現「4GB」から、選択可能
・光学ドライブは、「Bul-ray」と、「DVD」ドライブから、選択可能
・OS起動などの動作が速い「SSD」を選択可能
・使いやすい、分離型クリックボタンを採用

レビュー
直販限定モデル「WAA/C2」は、主流のインテルCPUではなく、性能で劣るAMD APUを搭載する事で、メーカー製PCとしては、安価を実現するエントリーノートです。

A9は、Celeron U並の性能となり、動画再生では有利となっています。(A9は完売)
E2は、Celeron N並となり、遅い・重いの覚悟は必要と言えます。

2019年夏では
後継モデル「WAA/D1」が、2月に発売のため、在庫処分中となります。

※「第7世代APU」→「Ryzen」への刷新となり、あらゆる面で数倍単位の性能向上なので、予算が許すなら、絶対的に「Ryzen3」が無難ですが、E2は1万円以上安く買えます。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WAA/C2 OUTLET icon
※「型落ち」となってからも数ヶ月経過しているので、E2も完売の可能性あり。

関連ページ
富士通 最新モデル一覧

富士通、A9-9425/E2-9000 APUから飛躍的性能向上Ryzen3-2300U APU搭載低価格ノート「LIFEBOOK WAB/D1(2019年夏PC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WAB/D1(2019年夏PC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WAB/D1 icon
(AMD APU・ベーシックノート)
特徴
・パワフルでコストパフォーマンスに優れた「Ryzen APU」を搭載
・OS起動などの動作が速い「SSD」を搭載可能
・光学ドライブは、「Bul-ray」と、「DVD」ドライブから、選択可能
・深さ約2.5mmのキーストロークでしっかりと打ち込るキーボード
・縦4列のテンキー付キーボードを採用
・使いやすい、分離型クリックボタン採用

レビュー
直販限定モデル「WAB/D1」は、完全新作「Zenアーキテクチャ」採用の「Ryzen APU」に刷新し、パソコンらしい性能を安価に実現します。

前世代「A9-9425/E2-9000(2コア2スレッド)」までとは根本的に異なり、下位「Ryzen3-2300U」でも、4コア4スレッドとなり、インテルの最新CPU・第8世代Core i3(2コア4スレッド)を上回るCPU性能、圧勝するGPU性能に加え、安価が魅力です。

2019年夏では
「2018年6月モデル」以来のモデルチェンジ『2019年2月モデル』を継続販売中です。
※富士通も、マイナーチェンジしないため、後継モデルなどの動向は不明(非公開)。

新モデルでは、CPUを、「第7世代APU」から『Ryzen APU』も刷新し、「安かろう悪かろう(安いがあまりに低性能)」から「安いが性能に問題なし」をついに実現します。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WAB/D1 icon
(AMD APU・ベーシックノート)
続きを読む

NEC、訳ありだが低価格を実現15.6型ノートパソコン「LAVIE Direct NS(B)(2019年夏モデル)」 

NECは、「LAVIE Direct NS(B)(2019年夏モデル)」を発売します。

LAVIE Direct NS(B)
(第7世代Core・エントリーノート)
特徴
・快適性能、インテル第7世代Coreプロセッサーを選択可能
・省電力で、データ転送速度を向上させたDDR4メモリを採用
・ディスプレイを閉じた状態で薄さ22.6mmのスリムボディ
・凹凸の少ないフラットデザインで、スムーズに収納
・国内生産およびこだわりの品質管理

レビュー
「LAVIE Direct NS(B)」は、NEC Direct限定販売モデルで、
あえて旧世代(前世代)CPUを搭載し、低価格を実現する訳ありモデルです。

インテルCPUは、第7世代Core→第8世代Coreで、10年に1度と言われるほどの劇的性能向上のため、見劣りますが、Core i3以上は2コア4スレッドなので、無難な性能です。

※写真や動画編集ならCPU性能の良い第8世代Core i5以上ですが、
ネット閲覧、動画再生、文書作成など、エントリー用途なら必要十分です。

ただ、Celeronは、2コア2スレッドなので、価格は安いですが要注意です。

2019年夏モデルでは
直販限定販売モデルとして、新登場です。

詳細・購入はこちら
LAVIE Direct NS(B)
(第7世代Core・エントリーノート)

関連ページ
NEC 最新モデル一覧

VAIOストア、いつでも何処でも繋がるモバイルノート「VAIO S13 VJS1328(2019年夏PC)」 

VAIOストアは、「VAIO S13 VJS1328(2019年夏PC)」を発売します。
icon icon
VAIO S13 VJS1328 icon
(第8世代Core他・13.3型スマートスタンダードPC)
特徴
・どこでも最適オンライン、SIMフリーLTEを内蔵
・第8世代Coreの性能を引き出す、VAIO TruePerformance
・超高速、第3世代ハイスピードプロSSDを選択可能
・セキュリティとユーザビリティを両立、指紋認証を搭載
・どこにでも持ち歩ける、薄くて軽いボディを実現
・心地よい打鍵音を実現、静音キーボードを採用

レビュー
「VAIO S13」は、ベーシックなクラムシェル(折畳み)型ノートPCで、ビジネスシーンでの利用を想定し、薄さ・軽さを重視しつつ、高い堅牢性を実現します。

そして、アナログRGB出力や有線LANコネクタを搭載し、左右のボタンを分けた、2ボタン式のタッチパッドを採用します。

「VAIOストアモデル」は、SIMフリー対応LTE標準装備となり、「データス通信SIM」の購入で、いつでも何処でもインターネットに接続可能です。

2019年夏では
VAIO社は頻繁なモデルチェンジを行わない事もあり、継続販売中です。
※数年単位の継続も普通となるため、次期モデル動向などは不明(非公開)です。

詳細・購入はこちら
VAIO S13 VJS1328icon
(第8世代Core他・13.3型スマートスタンダードPC)

関連ページ
VAIO 最新モデル一覧

パナソニック、モダンスタンバイ×Core i7-8665U/i5-8365U vPro搭載大画面モバイルノート「カスタマイズレッツノートLV8(2019年夏モデルPC)」 

パナソニックは、「カスタマイズレッツノートLV8(2019年夏モデルPC)」を発売します。

カスタマイズレッツノートLV8
(14.0型・持ち歩ける大画面PC)
特徴
・最新の高性能CPU、Core i7-8665U vPro/i5-8365Uを搭載
・データの読み書きを高速化、PCIe SSDを採用
・スリープ状態からの復帰が早い、モダン スタンバイに対応
・高い作業効率、大画面14.0型液晶を搭載
・バッテリーパック(S)装着時で、約1.27~1.31kgの軽量化を実現
・14.0型モデルにも、待望の円形ホイールパッドを採用

レビュー
「LVシリーズ」は、シリーズ最大となる14.0型液晶搭載クラムシェル型モバイルノートで、レッツノートらしい頑丈さと、コンパクト・軽量ボディを魅力とします。

そして、モダンスタンバイと顔認証ログインに加え、LTE(4G)も搭載可能で、いつでも何処でも瞬時に作業を再開できます。

「直販モデル」では、店頭モデルに対し、より高性能でvPro対応「第8世代Core i7/i5」、超高速「PCIe SSD」の標準搭載など、ハイパフォーマンスを実現します。

2019年夏モデルでは
2019年夏モデルが、フルモデルチェンジ(LV7→LV8)のタイミングとなり、
スマホやタブレットのような復帰の早さを実現「モタン スタンダイ」を新搭載します。

そして、より高い動作周波数と強固なセキュリティ機能「Core i7-8665U vPro/i5-8365U vPro」を搭載します。

詳細・購入はこちら
カスタマイズレッツノートLV8
(14.0型・持ち歩ける大画面PC)

関連ページ
パナソニック 最新モデル一覧

パナソニック、ハイエンドCore i7-8665U vPro・2TB SSDも選択可能な12.1型モバイルノート「レッツノートSV8 プレミアムエディション(2019年夏モデルPC)」 

パナソニックは、「レッツノートSV8 プレミアムエディション(2019年夏モデルPC)」を発売します。

レッツノートSV8 プレミアムエディション
(12.1型・高速ハイパフォーマンスPC)
特徴
・最新の高性能CPU、Core i7-8665U vProを搭載
・データの読み書きを高速化、PCIe SSDを採用
・スリープ状態からの復帰が早い、モダン スタンバイに対応
・肌身離さず持ち歩ける軽さ、約1.019kg~を実現
・独自の省電力設計と、自社製の高容量バッテリーを採用
・どこでも手軽に素早くオンライン。LTE(4G)を選択可能

レビュー
「SV8シリーズ」は、レッツノートの魅力である「軽量」「長時間駆動」「頑丈」に加え、4コアCPUによる「高性能」や超高速SSDに「高速」を、新世代の魅力とします。

そして、モダンスタンバイと顔認証ログインに加え、LTE(4G)も搭載可能で、いつでも何処でも瞬時に作業を再開できます。

「プレミアムディション」では、より高性能でvPro対応「第8世代Core i7」を標準搭載し、超高速で大容量「2TB SSD」などハイエンドなカスタマイズに対応します。

2019年夏モデルでは
店頭モデルに対し、より高い動作周波数と強固なセキュリティ機能「Core i7-8665U vPro」を搭載します。

プレミアムディション限定で、大容量「SSD2TB」が、カスタマイズに追加されます。
選択できるカラー天板に、新色「モーションレッド」「クロトビ」が追加されます。

詳細・購入はこちら
レッツノートSV8 プレミアムエディション
(12.1型・高速ハイパフォーマンスPC)

関連ページ
パナソニック 最新モデル一覧