dynabook 

Dynabook(シャープ/旧東芝)直販「Dynabook Direct」では、オリジナルスペックの「dynabook」を、リーズナブルな価格で販売しています。

4月16日(火)に、「店頭向けノートPC 2019年夏モデル」が、発表されました。


※「Webモデル」の動向は、確認中。


2019年春モデルでは、dynabookブランド誕生30周年記念モデルとして、
唯一無二のモバイルノートPCを目指した「GZシリーズ」が、新登場します。

また、Microsoft Officeの最新版「2019」搭載モデルが、追加発売されます。
※2月発表ながら、一部は、『2018年夏モデル』として新発売(追加発売)。

そして、スモールビジネス向けOS「Windows10 Pro」モデルも、追加発売されます。

スタンダードノート
紹介記事

dynabook AZ65/G(Core i7モデル)
dynabook AZ45/G(Core i5/i3モデル)
dynabook AZ25/G(Celeronモデル)
(スタンダードノートPC)

dynabook AZ55/M(Core i7モデル)
dynabook AZ35/M(Core i5/i3モデル)
dynabook AZ15/M(Celeronモデル)
(ビジネス系スタンダードノート)

モバイルPC
紹介記事
<GZシリーズ>

dynabook GZ83/M(大容量モデル)
dynabook GZ73/M(Core i7モデル)
dynabook GZ63/M(Core i5/i3モデル)
(13.3型・Windows 10 Proモデル)

dynabook GZ83/J(大容量モデル)
dynabook GZ73/J(Core i7モデル)
dynabook GZ63/J(Core i5/i3モデル)
(13.3型・Windows 10 Homeモデル)

<RZシリーズ>

dynabook RZ83/J(Core i7モデル)
dynabook RZ73/J(Core i5モデル)
dynabook RZ33/J(Celeronモデル)
(13.3型・オールインワンモバイル)

dynabook RZ63/M
(13.3型・ロングバッテリーモバイル)

<UZシリーズ>

dynabook UZ63/M
(13.3型・堅牢モバイル)

<VZシリーズ>

dynabook VZ82/M(大容量SSDモデル)
dynabook VZ72/M(Core i7モデル)
dynabook VZ62/M(Core i5モデル)
(12.5型・Windows 10 Proモデル)

dynabook VZ82/J(大容量SSDモデル)
dynabook VZ72/J(Core i7モデル)
dynabook VZ62/J(Core i5モデル)
(12.5型・Windows 10 Homeモデル)

<DZシリーズ>

dynabook DZ83/M
(13.3型・デタッチャブルノートPC)
続きを読む

日本メーカー、第8世代Core搭載メーカーパソコン 

日本メーカーの「第8世代Core」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

Hプロセッサー:CPU性能比較(Cinebench R15)
第8世代Core i7-8750H 6コア12スレッド/2.2-4.1GHz:約1100
第8世代Core i5-8300H 4コア8スレッド/2.3-4.0GHz:約800
第7世代Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/2.8-3.8GHz:約730

クリエイティブ向けCPUは、最大6コア化
動画や写真編集など、クリエイティブ作業向けの『絶対性能重視』CPUで、
「最大4コア」→『最大6コア』となり、大幅な性能向上を実現します。

CoffeeLake搭載ノートPC

LAVIE Direct NEXT (Core H シリーズ搭載モデル)
(NEC)
icon icon
VAIO S15 VJS1531 icon
(VAIO)

第8世代Core搭載液晶一体形PC
icon icon
ESPRIMO WF2/C3 4K液晶モデル icon
ESPRIMO WF2/C3 フルHD液晶モデル icon
(富士通)


Uプロセッサー:CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ・シングル)
第8世代Core i7-8565U 4コア8スレッド/1.8-4.6GHz:約560・175
第8世代Core i5-8265U 4コア8スレッド/1.6-3.9GHz:約540・165
第8世代Core i3-8145U 2コア4スレッド/2.1-3.9GHz:約335・160
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約560・165

第8世代Coreの2018年モデル『WhiskeyLake』
2017年の第8世代Coreから、さらにTurbo Boostのクロックを引き上げ、
一般用途で重要となるシングルスレッド性能を向上させています。

発売日:2018年Q3~
2018年秋発売となり、徐々に搭載モデルが増加しています。
※4月より、2019年夏モデルの時期なので、さらに増加の可能性あり。

WhiskeyLake搭載15型ノートPC
icon icon
LIFEBOOK WA3/D1 icon
※Core i7のみ、WhiskeyLake
(富士通)

WhiskeyLake搭載モバイルノートPC
icon icon
LIFEBOOK WU2/C3 世界最軽量モデル icon
LIFEBOOK WU2/C3 軽量モデル icon
(富士通)
icon icon
VAIO SX14 icon
(VAIO)

レッツノートSV8
(パナソニック)

WhiskeyLake搭載液晶一体形PC

LAVIE Direct DA(H)
LAVIE Direct DA(S)
(NEC)


Uプロセッサー:CPU性能比較(Cinebench R15)
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約560
第8世代Core i5-8250U 4コア8スレッド/1.6-3.4GHz:約540
第8世代Core i3-8130U 2コア4スレッド/2.2-3.4GHz:約335
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:約340

初の4コア化で飛躍的性能向上
上位「i7」中位「i5」は、長年の「2コア」から『4コア』となり、飛躍的性能向上です。
下位「i3」は2コアですが、第7世代Core i7並の基本スペックとなり、大幅性能向上。

発売日:2017年Q3~
2017年秋発売となり、KabyLake-R搭載PCが、多数発売されています。

※後継CPU「WhiskeyLake」への刷新により、販売を終了している場合あり。
※Core i3は、KabyLakeとなり、Cannonlakeも(一応)存在します。

KabyLake-R搭載15型ノートPC

LAVIE Direct NEXT (Core Uシリーズ搭載モデル)
LAVIE Direct NS (Core Uシリーズ搭載モデル)
(NEC)
icon icon
LIFEBOOK WA3/D1 icon
(富士通)

dynabook AZ65/G
dynabook AZ45/G
(dynabook)

KabyLake-R搭載モバイルノートPC

LAVIE Direct HZ
(NEC)
icon icon
LIFEBOOK WS1/C2 icon
(富士通)
icon icon
VAIO S13 icon
VAIO S11 icon
(VAIO)

dynabook VZシリーズ
dynabook UZシリーズ
(dynabook)

レッツノートLV7
(パナソニック)
続きを読む

日本メーカー、AMD Ryzen 3000搭載パソコン 

AMDの新世代CPU「Ryzen 3000」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

Ryzen 3000U:CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ・シングル)
Ryzen7 3700U 4コア8スレッド/2.3-4.0GHz:約640・145
Ryzen5 3500U 4コア8スレッド/2.1-3.7GHz:約600・135
Ryzen3 3300U 4コア4スレッド/2.1-3.5GHz:約480・135
Ryzen3 3200U 2コア4スレッド/2.6-3.5GHz:約330・135
Ryzen7 2700U 4コア8スレッド/2.2-3.8GHz:約620・135
Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約560・165

インテルより優れたメディア編集性能
インテル第8世代Coreより、高いマルチスレッド性能やグラフィックス性能により、
動画・写真の再生や編集で優れると、AMDはアピールしています。

※一般用途で重要なシングルスレッド性能は、インテルが強く、劣ります。

発売日:2019年1月正式発表
2019年1月正式発表となり、年内に搭載ノートPCが登場予定です。

※NECと富士通が発売していますが、3000Uを採用するかは、不明です。

Ryzen 3000U搭載パソコン
※確認中



Ryzen 2000U搭載パソコン

LAVIE Direct NS(R)
(NEC)
icon icon
LIFEBOOK WAB/D1 icon
(富士通)
続きを読む

日本メーカー、AMD Ryzen 2000搭載パソコン 

日本メーカーの「AMD Ryzen」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

Ryzen:CPU性能比較(Cinebench R15)
Ryzen7 2700U 4コア8スレッド/2.2-3.8GHz:約620
Ryzen5 2500U 4コア8スレッド/2.0-3.6GHz:約580
Ryzen3 2200U 2コア4スレッド/2.5-3.4GHz:約310
Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約580

インテルと戦える高性能CPU
ZENコアへの刷新により、前世代比3倍のCPU性能向上など、飛躍的な性能向上を実現。
インテル第8世代Coreに対し、CPU性能でも互角となっています。

NECと富士通は発売
日本では、インテル1強でもあり、選択肢は少ないですが、発売中です。

Ryzen Mobile搭載パソコン

LAVIE Direct NS(R)
(NEC)
icon icon
LIFEBOOK WAB/D1 icon
(富士通)
続きを読む

2019年秋冬モデル(秋モデル、冬モデル)パソコン 

パソコンの秋冬(秋、冬)モデルは、10月前後に発表されています。
※メーカーごとの最新モデルは、各ページで紹介しています。

2019年PC NEC
2019年PC 富士通
2019年PC Dynabook(シャープ/東芝)
2019年PC VAIO
2019年PC パナソニック

2019年PC 日本HP
2019年PC デル
2019年PC レノボ
2019年PC マイクロソフト

秋冬モデルPC:発表日
NEC  17年10月17日(火) 18年10月16日(火) 19年x月xx日(x)
富士通  17年10月17日(火) 18年11月16日(火) 19年x月xx日(x)
dynabook 17年10月17日(火)  未発表   19年x月xx日(x)
Panasonic 17年9月27日(水) 18年9月27日(木) 19年x月xx日(x)

クリスマス(年末)商戦に向け、9月後半~10月に発表しています。

※NECや富士通も、季節ごとの一斉(マイナー)モデルチェンジを止めています。
半年以上の継続販売も通常となり、必ず新製品が発表されるわけではありません。
続きを読む

2019年春モデルパソコン 

2019年の春モデルPCも、1月を中心に発表されました。
※メーカーごとの最新モデルは、各ページで紹介しています。

2019年最新PC NEC
2019年最新PC 富士通
2019年最新PC Dynabook(シャープ/東芝)
2019年最新PC VAIO
2019年最新PC パナソニック

2019年最新PC 日本HP
2019年最新PC デル
2019年最新PC レノボ
2019年最新PC マイクロソフト

春モデルPC:発表日
NEC  17年1月17日(火) 18年1月16日(火) 19年1月22日(火)
富士通  17年1月17日(火) 17年12月26日(火) 19年2月12日(火)
dynabook 17年1月23日(月) 18年1月15日(月) 19年1月17日(木)
Panasonic 17年1月13日(金) 18年1月26日(木) 19年1月15日(火)

春モデルは、新生活・新入学シーズンに向け、1月を中心に発表されています。

※NECや富士通も、季節ごとの一斉(マイナー)モデルチェンジを止めています。
半年以上の継続販売も通常となり、必ず新製品が発表されるわけではありません。
続きを読む

2019年夏モデルパソコン 

パソコンの夏モデルは、4月~7月に発表されています。
※メーカーごとの最新モデルは、各ページで紹介しています。

2019年最新PC NEC
2019年最新PC 富士通
2019年夏モデルPC Dynabook(シャープ/東芝)
2019年夏モデルPC VAIO
2019年最新PC パナソニック

2019年最新PC 日本HP
2019年最新PC デル
2019年最新PC レノボ
2019年最新PC マイクロソフト

夏モデルPC:発表日
NEC  17年7月11日(火) 18年7月17日(火)
富士通  17年5月15日(月) 18年6月12日(火)
dynabook 17年6月1日(木) 18年4月18日(水) 19年4月16日(火)
Panasonic 17年6月2日(金) 18年6月7日(木)

夏モデルは、メーカーにより、発表時期が大きく違うのが、特徴です。

※NECや富士通も、季節ごとの一斉(マイナー)モデルチェンジを止めています。
半年以上の継続販売も通常となり、必ず新製品が発表されるわけではありません。
続きを読む