パナソニック、モダンスタンバイ×Core i7-8665U/i5-8365U vPro搭載12.1型モバイルノート「カスタマイズレッツノートSV8(2019年夏モデルPC)」 

パナソニックは、「カスタマイズレッツノートSV8(2019年夏モデルPC)」を発売します。

カスタマイズレッツノートSV8
(12.1型・高速ハイパフォーマンスPC)
特徴
・最新の高性能CPU、Core i7-8665U vPro/i5-8365Uを搭載
・データの読み書きを高速化、PCIe SSDを採用
・スリープ状態からの復帰が早い、モダン スタンバイに対応
・肌身離さず持ち歩ける軽さ、約1.019kg~を実現
・独自の省電力設計と、自社製の高容量バッテリーを採用
・どこでも手軽に素早くオンライン。LTE(4G)を選択可能

レビュー
「SV8シリーズ」は、レッツノートの魅力である「軽量」「長時間駆動」「頑丈」に加え、4コアCPUによる「高性能」や超高速SSDに「高速」を、新世代の魅力とします。

そして、モダンスタンバイと顔認証ログインに加え、LTE(4G)も搭載可能で、いつでも何処でも瞬時に作業を再開できます。

「直販モデル」では、店頭モデルに対し、より高性能でvPro対応「第8世代Core i7/i5」、超高速「PCIe SSD」の標準搭載など、ハイパフォーマンスを実現します。

2019年夏モデルでは
店頭モデルに対し、より高い動作周波数と強固なセキュリティ機能「Core i7-8665U vPro/i5-8365U vPro」を搭載します。

詳細・購入はこちら
カスタマイズレッツノートSV8
(12.1型・高速ハイパフォーマンスPC)

関連ページ
パナソニック 最新モデル一覧

富士通、程よい高性能となった第9世代Core i7-9700/i5-9500・GeForce RTX2060搭載デスクトップPC「ESPRIMO WD-G/D2(2019年夏PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WD-G/D2(2019年夏PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WD-G/D2 icon
(第9世代Core・ミニタワーPC)
特徴
・ワークステーションベースの信頼性を実現
・圧倒的なCPUパワーを誇る、第9世代インテルCore i7-9700を搭載可能
・HDD比で約12倍高速、SSD(NVMe)を搭載搭載
・内蔵GPU比で約12倍高性能、NVIDIA GeForce RTX2060を搭載
・世界最小クラスの省スペース設計ミニタワー筐体を採用
・日本製ならではの信頼と高品質「Made in Japan 伊達モデル」
レビュー
「WD-G/D2」は、最新のPCゲームにも対応出来る、最新グラフィックス「GeForce RTX2060」を搭載する、ハイエンドデスクトップPCです。

CPU内蔵グラフィックスが標準となる国内大手メーカー製PCでは無理だった、PCゲームの定番「FF15」の推奨動作環境『GTX1060』も余裕を持ってクリアします。

CPUも、上位で8コア「Core i7-9700」か、中位で6コア「Core i5-9500」を選択でき、ノートPCでは実現できない高性能を実現します。

2019年夏では
ハイエンド構成だった「2019年2月モデル」に対し、「2019年7月モデル」では、
中位CPU「Core i5」、SSDより遅い「HDD+インテルOptane」など、価格を抑えるカスタマイズが追加されています。

ビデオカードも、高価格なハイエンド「RTX2080」から、フルHD解像度でのPCゲーミング向けで、性能と価格のバランスに優れたミドルハイ「RTX2060」となっています。

そして、CPUが第8世代Core→「第9世代Core」となり、Core i7ではついに「8コア」に到達します。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WD-G/D2 icon
(第9世代Core・ミニタワーPC)

関連ページ
富士通 最新モデル一覧

富士通、絶対性能重視・第9世代Core i7-9750H搭載可能17.3型大画面ノートPC「LIFEBOOK NHシリーズ WN1/D2(2019年夏PC)」 

富士通は、「LIFEBOOK NHシリーズ WN1/D2(2019年夏PC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WN1/D2 icon
(第9世代Core他・17.3型大画面ノート)
特徴
・従来の15.6型とほぼ同じ筐体に、17.3型狭額縁液晶ディスプレイを搭載
・"聴く"を楽しむ、ONKYOと共同開発のスピーカーを搭載
・毎日心地よく使うために360°美しい、オムニデザイン
・「打つ」心地よさにこだわったキーボードを搭載
・高速を実現する高性能ヘキサコアCPU、Core i7-9750Hを搭載可能
・高速起動と大容量保存を実現したデュアルストレージを搭載可能

レビュー
2019年夏新登場「NHシリーズ」は、ノートパソコンでは最大クラスとなる「17.3型」液晶搭載大画面ノートPCです。
メインPCを想定するので、必要なものは一通り搭載されています。

直販モデルでは、メインPCを想定する、6コアCPU「第9世代Core i7-9750H」、大容量メモリ、高速SSDなどを選択できます。

なお、2コア「第8世代Core i3-8145U」選択時は、筐体(本体)が異なり、カメラなども見劣る仕様となっています。

2019年夏では
「2019年7月モデル」で新登場の完全新作です。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WN1/D2 icon
(第9世代Core他・17.3型大画面ノート)

関連ページ
富士通 最新モデル一覧

NEC、安価も実現可能な23.8型オールインワンデスクトップPC「LAVIE Direct DA(S)(2019年夏PC)」 

NECは、「LAVIE Direct DA(S)(2019年夏PC)」を発売します。

LAVIE Direct DA(S)
(第8世代Core・23.8型オールインワンPC)
特徴
・広視野角のIPS液晶採用、23.8型ワイドディスプレイを搭載
・3辺スリムベゼルで圧迫感のないシンプルデザインを採用
・楽しさが加速する超高速、第8世代Coreプロセッサーを搭載可能
・大容量と高速起動を両立する「SSD+HDD」を選択可能
・4番組同時視聴・録画対応「デジタルTV4チューナ」を選択可能
・迫力のYAMAHAサウンドシステムを搭載

レビュー
NEC直販モデル「Direct DA(S)」は、スタイリッシュなデザインとお手頃価格を魅力とする、定番オールインワン型デスクトップPCです。

上位の「27型」よりコンパクトだが、まだ主流と言える「23.8型」液晶モデルでもあり、安価な価格を魅力とします。

直販モデルでは、高性能Core i7やSSD+HDDの選択や、
安価で無難な性能Core i3、TV機能なしなど、幅広いカスタマイズに対応します。

2019年夏では
「2018年春モデル」の次が、「2019年春モデル」となり、継続販売中です。 ※1年以上の継続販売も普通なので、次なるモデルチェンジ時期は不明(非公開)です。

2019年モデルでは、フルモデルチェンジ以上となり、
テレビのようにシンプルで無駄のないデザインに、一新しています

前世代までは、特有の遅さがある「HDD」しか選択できず、遅さがありましたが、
新世代で、起動・動作面で圧倒的に高速な「SSD」が選択可能となり、待望の改善です。

詳細・購入はこちら
LAVIE Direct DA(S)
(第8世代Core・23.8型オールインワンPC)

関連ページ
NEC 最新モデル一覧
続きを読む

2019年夏モデルパソコン 

2019年の夏モデルPCも、5月前後+7月に発表されています。
※メーカーごとの最新モデルは、各ページで紹介しています。

2019年夏PC NEC
2019年夏PC 富士通
2019年夏PC Dynabook(旧東芝)
2019年夏PC ソニーストアVAIO
2019年夏PC VAIOストア
2019年夏PC パナソニック

2019年夏PC 日本HP
2019年夏PC デル
2019年夏PC ThinkPad
2019年夏PC レノボ(Thikシリーズ以外)
2019年夏PC マイクロソフト
続きを読む

日本メーカー、第3世代Ryzen・第2世代Ryzen Mobile搭載パソコン 

AMDの新世代CPU「Ryzen 3000」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

第2世代Ryzen Mobile:CPU性能比較(Cinebench R15)
Ryzen7 3700U 4コア8スレッド/2.3-4.0GHz:約680
Ryzen5 3500U 4コア8スレッド/2.1-3.7GHz:約650
Ryzen3 3300U 4コア4スレッド/2.1-3.5GHz:約480
Ryzen3 3200U 2コア4スレッド/2.6-3.5GHz:約330
Ryzen7 2700U 4コア8スレッド/2.2-3.8GHz:約630
Core i7-8565U 4コア8スレッド/1.8-4.6GHz:約580

最大10%の性能向上+バッテリー駆動時間を改善
インテルの第8世代Coreを超えるCPU(マルチスレッド)性能、完勝するグラフィックス性能を実現しつつ、初代の弱点だったバッテリー駆動時間を改善しています。

発売日:2019年Q1~
日本はインテルが特に強いので、Ryzenモデルは少数発売となりますが、
NECが、2019年夏モデルで発売開始です。

Ryzen 3000U搭載パソコン

LAVIE Direct NS(R)
(第2世代Ryzen・ハイスペックノート)
続きを読む

日本メーカー、第9世代Core搭載パソコン 

日本メーカーの「第9世代Core」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

基本情報:第9世代Coreは、一部シリーズのみで終了
最大8コア化したCore i9のための第9世代Coreとなり、ハイエンドノート向け「Hプロセッサー」とデスクトップPC向け「Sプロセッサー」のみです。

国内大手の主力「Uプロセッサー」と極低消費電力版「Yプロセッサー」は、『第8世代Coreを継続』となり、第9世代Coreは存在しません(発売予定もありません)。

関連ページ日本メーカー、第8世代Core搭載パソコン

Hプロセッサー(Cinebench R15)
第9世代Core i7-9750H 6コア12スレッド/2.6-4.5GHz:約1200
第9世代Core i5-9300H 4コア8スレッド/2.4-4.1GHz:約820
第8世代Core i7-8750H 6コア12スレッド/2.2-4.1GHz:約1100
(2013年)Core i7-4700HQ 4コア8スレッド/2.4-3.4GHz:約570

第9世代Core i7は最大10%の性能向上
ハイエンドノートPC向けの高性能CPUで、第9世代Core i7では、動作クロックの向上や、L3キャッシュを増量し、最大10%の性能向上を実現します。

※一般的な「Uプロセッサー(TDP15W)」に対し、TDP45Wと高い(消費電力や発熱量が多い)ので、モバイルノートには搭載できず、国内大手では極一部のみ搭載です。

発売日:4月23日販売解禁
富士通が、7月10日(水)に、第9世代Coreモデルを発表しました。

第9世代Core搭載パソコン
第9世代Core搭載パソコン紹介記事
icon icon
LIFEBOOK WN1/D2 icon
(第9世代Core他・17.3型大画面ノート)
icon icon
ESPRIMO WF2/D2 icon
(第9世代Core・27型プレミアムPC)
(富士通)


Sプロセッサー:CPU性能比較(PassMark)
第9世代Core i7-9700 8コア8スレッド/3.0-4.7GHz:約16000
第9世代Core i5-9400 6コア6スレッド/2.9-4.1GHz:約12000
第9世代Core i3-9100 4コア4スレッド/3.6-4.2GHz:約9100
第8世代Core i7-8700 6コア12スレッド/3.2-4.6GHz:約15000
(2013年)Core i7-4770 4コア8スレッド/3.4-3.9GHz:約9700

第9世代Core i7は初の8コア化
デスクトップPC向けCPUは、上位「Core i7」が初の8コア化により、性能向上します。

発売日:2018年11月~
富士通が、7月10日(水)に、第9世代Coreモデルを発表しました。

第9世代Core搭載パソコン
第9世代Core搭載パソコン紹介記事
icon icon
ESPRIMO WD-G/D2 icon
(第9世代Core・ミニタワーPC)
icon icon
ESPRIMO WD2/D2 icon
(第9世代Core・省スペースPC)
icon icon
ESPRIMO WD1/D2 icon
(第9世代Core・コンパクトPC)
続きを読む