富士通、さらなる性能向上第9世代Core搭載大画面27型液晶一体形PC「ESPRIMO WF2/D2(2019年後半PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF2/D2(2019年後半PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF2/D2 icon
(第9世代Core・27型プレミアムPC)
特徴
・高輝度・高画質、4K対応4辺狭額27型液晶モデルを選択可能
・新4K衛星放送を楽しめるチューナーを選択可能
・ハイレゾ対応大容量2.1chスピーカー、Sound by Pioneerを搭載
・超速を実現する、最新の第9世代インテルCore i7-9750Hを搭載
・超速を実現する、高速SSD+大容量HDDを選択可能
・利用頻度の高いインターフェースをすぐに使えるフロントアクセス

レビュー
直販モデル「WF2/D2」は、最高峰を目指した製品「X(テン)」と位置づけで、基本性能の高さに加え、映像と音にこだわったプレミアムモデルです。

直販モデルでは、4K液晶、4Kチューナー、高速SSDなどハイエンドから、
フルHD液晶、TVなし、Officeなしなど、価格を抑えるカスタマイズにも対応します。

2019年後半では
「2018年11月モデル」以来、8ヶ月ぶりにモデルチェンジします。
「2019年7月モデル」では、CPUを第8世代Core i7-8750Hから「第9世代Core i7-9750H」に刷新し、さらに最大10%程度の性能向上を実現します。

そして、「Microsoft Office」を、「2016」から『2019』に刷新しています。
なお、直販モデルでは引き続き「Officeなし」を、選択できます。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF2/D2 icon
(第9世代Core・27型プレミアムPC)

関連ページ
富士通 最新モデル一覧

富士通、6コアCPUも搭載可能な23.8型液晶一体形PC「ESPRIMO WF1/D1(2019年夏PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/D1(2019年夏PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF1/D1 icon
(第8世代Core・23.8型スタイリッシュPC)
特徴
・美しさを追求した、4辺狭額フレームのディスプレイを搭載
・23.8型の大画面ながら、コンパクトな筐体を実現
・6コア12スレッドの高性能、第8世代Core i7プロセッサーを選択可能
・ダブル録画、3波対応テレビチューナーを選択可能
・動作の速い「SSD」+大容量「HDD」の構成を選択可能
・「打つ」心地よさとデザインにこだわったキーボードを搭載

レビュー
直販モデル「WF1/D1」は、狭額フレームによるデザイン性も魅力となる、スタンダードな液晶一体型デスクトップPCです。

直販モデルでは、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズから選択できます。

2019年夏では
「2018年6月モデル」以来のモデルチェンジ『2019年2月モデル』を継続販売中です。
※富士通も、マイナーチェンジしないため、後継モデルなどの動向は不明(非公開)。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF1/D1 icon
(第8世代Core・23.8型スタイリッシュPC)

関連ページ
富士通 最新モデル一覧

富士通、6コアCore i7-8750H搭載可能27インチ大画面一体型PC「ESPRIMO WF2/C3(2019年春PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF2/C3(2019年春PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF2/C3 4K液晶モデル icon
ESPRIMO WF2/C3 フルHD液晶モデル icon
(27型・第8世代Core・プレミアムデスクトップ)
続きを読む

富士通、高性能6コアCore i7-8750H搭載可能液晶一体形デスクトップPC「ESPRIMO WF1/D1(2019年2月モデルPC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/D1(2019年2月モデルPC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF1/D1 icon
(23.8型・第8世代Core他・大画面PC)
続きを読む

富士通、世界初の新4K放送対応可能27型大画面デスクトップPC「ESPRIMO WF2/C3(2018年11月モデルPC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF2/C3(2018年11月モデルPC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF2/C3 4K液晶モデル icon
(27型・第8世代Core・プレミアムデスクトップ)
続きを読む

富士通、高性能Core i7-8750H搭載大画面デスクトップPC「ESPRIMO WF2/C3(2018年11月モデルPC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF2/C3(2018年11月モデルPC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF2/C3 フルHD液晶モデル icon
(27型・第8世代Core・プレミアムデスクトップ)
特徴
・高輝度・高画質、4辺狭額27型液晶ディスプレイを搭載
・ハイレゾ対応大容量2.1chスピーカー、Sound by Pioneerを搭載
・ダブル録画対応、テレビチューナーを選択可能
・超速を実現する、最新の第8世代インテルCore i7-8750Hを搭載
・超速を実現する、高速SSD+大容量HDDを選択可能
・利用頻度の高いインターフェースをすぐに使えるフロントアクセス
続きを読む

富士通、4コアCore i7搭載可能23.8型液晶一体形デスクトップPC「ESPRIMO FHシリーズ WF1/C2(2018年6月モデルPC)」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF1/C2(2018年6月モデルPC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF1/C2 icon
(23.8型・第7世代Core・大画面PC)
特徴
・美しさを追求した、4辺狭額フレームのディスプレイを搭載
・23.8型の大画面ながら、コンパクトな筐体を実現
・複数同時作業も快適な、クアッドコアCPUを搭載可能
・3波対応・長時間録画も可能なテレビチューナーを搭載可能
・高音質を楽しめる、Pioneer製のスピーカーを搭載
・動作の速い「SSD」+大容量「HDD」の構成を選択可能
続きを読む

富士通、国内大手最大27型液晶搭載PC「ESPRIMO WF2/C2(2018年7月モデルPC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF2/C2(2018年7月モデルPC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF2/C2 icon
特徴
・高輝度、高色純度、広視野角の27型大画面液晶を搭載
・画面の左右は約7mmの狭額縁を実現
・Pioneerとコラボした、ハイレゾ対応大型スピーカーを搭載
・多くのインターフェースを前面に集約させた、フロントアクセスシステム
・暮らしを便利にサポートする、AIアシスタント「ふくまろ」を搭載
・『ふくまろリモコン』の利用に必要な「IRコマンダー」を選択可能
続きを読む

富士通、4コアCore i7-7700HQ搭載可能液晶一体型デスクトップPC「ESPRIMO WF1/B3」 

icon icon
ESPRIMO WF1/B3 icon
(23.8型・大画面PC)
続きを読む

富士通、AIアシスタントが搭載された「ESPRIMO WF2/B3」 

icon icon
ESPRIMO WF2/B3icon
(27型・大画面デスクトップ)
続きを読む

富士通、高性能4コアCore i7-7700HQ搭載27型大画面液晶一体型PC「ESPRIMO WF2/B2(2017年秋冬PC)」 

icon icon
ESPRIMO WF2/B2 icon
(第7世代Core・27型大画面デスクトップ)

大画面プレミアムPC
大画面液晶や2.1chスピーカー、映像や音楽に強いプレミアムPCです。

高価格帯となるプレミアムPCなので、一般向け「Core i7-7500U」に対し、2倍以上の高性能「Core i7-7700HQ」など、基本性能も高くなっています。
なお、体感速度の面で、HDDは遅いので、SSDの選択は、必須と言えます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第7世代Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/2.8-3.8GHz:約735/155
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約550/165
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:約335/140

直販モデルでは、256GB SSD+3TB HDD、32GBメモリなど、ハイエンドなカスタマイズに対応します。
また、スーパーマルチ(DVD)ドライブ、テレビなし、Officeなしなど、予算や用途に応じたカスタマイズにも、対応します。
続きを読む

富士通、最新のCore i7-7700HQ新搭載27型大画面液晶一体型PC「ESPRIMO WF2/B2」 

富士通は、「ESPRIMO WF2/B2」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF2/B2 icon
(第7世代Core・27型大画面デスクトップ)
特徴
・高輝度・高色純度・広視野角の27型大画面液晶を搭載
・Pioneerと共同開発、高音質ハイレゾ対応2.1chスピーカーを搭載
・複数同時作業も快適なクアッドコアCPUを搭載
・2番組の同時録画も可能なテレビチューナーを選択可能
・「打つ」心地よさにこだわったキーボードを搭載
・USB 3.1(Gen2)Type-A×2、USB 3.0 Type-A×2ポートを搭載

レビュー
直販モデル「WF2/B2」は、大画面液晶や2.1chスピーカー、映像や音楽に強いプレミアムPCです。

高価格帯となるプレミアムPCなので、一般向け「Core i7-7500U」に対し、2倍以上の高性能「Core i7-7700HQ」など、基本性能も高くなっています。
なお、体感速度の面で、HDDは遅いので、SSDの選択は、必須と言えます。

直販モデルでは、256GB SSD+3TB HDD、32GBメモリなど、ハイエンドなカスタマイズに対応します。
また、スーパーマルチ(DVD)ドライブ、テレビなし、Officeなしなど、予算や用途に応じたカスタマイズにも、対応します。

2017年7月モデルでは、第7世代Coreに刷新
CPUを、さらなる性能向上や4K動画関連機能を強化した「第7世代Core」に刷新しています。

Core i7-7700HQは、液晶一体形PCに適した絶対性能重視CPUなので、最新のCore i7-8550Uも余裕で上回る性能を誇ります。
ただ、省電力性は劣ります。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチ/シングル)
第7世代Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/2.8-3.8GHz:約735/155
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約550/165
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:約335/140

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF2/B2 icon
(第7世代Core・27型大画面デスクトップ)
続きを読む

富士通、高性能な4コアCore i7-7700HQ搭載可能23.8型液晶一体型デスクトップPC「ESPRIMO WF1/B1(2017年夏モデルPC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/B1(2017年夏モデルPC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF1/B1 icon
(第7世代Core/Celeron・23.8型大画面PC)
特徴
・美しさを追求した4辺狭額フレームのディスプレイ
・複数同時作業も快適、第7世代インテル クアッドコアCPUを選択可能
・3波対応・長時間録画も可能なテレビチューナーを選択可能
・飛躍的な高速化&大容量ストレージ、SSD+HDDを選択可能

レビュー
直販モデル「WF1/B1」は、23.8型大画面液晶を搭載する、スタイリッシュ一体型デスクトップPCです。

直販モデルでは、CPU性能、メモリ容量など基本性能から、テレビ機能やMicrosoft Officeを省くなど、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズに対応します。

CPUには、4コア8スレッドの第7世代Core i7-7700HQを搭載できます。
絶対性能重視となり、メインPCとして購入するなら、魅力的な選択肢となります。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第7世代Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/最大3.8GHz/6MBキャッシュ:約735/155
第7世代Core i3-7100U 2コア4スレッド/2.4GHz/3MBキャッシュ:約250/95
(第7世代)Celeron 3865U 2コア2スレッド/1.8GHz/2MBキャッシュ:約140/75

2017年夏モデルPCでは、直販モデルは継続
家電量販店など向けのカタログモデルに「ESPRIMO FH52/B2icon」が、追加発売されます。
英語学習ソフトの搭載など、マイナーチェンジと言えます。

ハードウェアなどは、2017年1月モデルで、フルモデルチェンジしたばかりとなり、直販モデルは継続販売との事です。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF1/B1 icon
(第7世代Core/Celeron・23.8型大画面PC)
続きを読む

富士通、新登場の27型大画面プレミアムデスクトップPC「ESPRIMO WF2/A3」 

富士通は、「ESPRIMO WF2/A3」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF2/A3 icon
(27型大画面デスクトップ)
特徴
・迫力の映像が楽しめる、高輝度・高画質の27型大画面液晶を搭載
・画面の左右は約7mm、すっきりしたデザインの狭額縁
・Pioneerと共同開発、高音質ハイレゾ対応2.1chスピーカーを搭載
・3波対応・長時間録画も可能なテレビチューナーを選択可能
・複数同時作業も快適なクアッドコアCPUを搭載
・高速新規格のUSB 3.1(Gen1)Type-Cを1ポート搭載

レビュー
2016年10月モデルで新登場「WF2/A3」は、大画面液晶や2.1chスピーカーなど、映像や音楽に強い、プレミアムデスクトップPCです。

基本性能も、4コアCoe i7-6700HQの標準搭載に加え、高速SSD+大容量HDDを選択すれば、高い基本性能も実現出来ます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
Core i7-6700 4コア8スレッド/最大4.0GHz/TDP65W:約815/170
Core i7-6700HQ 4コア8スレッド/最大3.5GHz/TDP45W:約670/145
Core i7-6500U 2コア4スレッド/最大3.1GHz/TDP15W:約305/130

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF2/A3 icon
(27型大画面デスクトップ)
続きを読む

富士通、第7世代Core i7-7700HQ/i3-7100U/Celeron 3865U搭載・大画面デスクトップPC「ESPRIMO WF1/B1(2017年春PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/B1(2017年春PC)」を発売します。
icon icon
特徴
・美しさを追求した4辺狭額フレームのディスプレイ
・複数同時作業も快適、第7世代インテル クアッドコアCPUを選択可能(
・3波対応・長時間録画も可能なテレビチューナーを選択可能
・飛躍的な高速化&大容量ストレージ、SSD+HDDを選択可能

レビュー
直販モデル「WF1/B1」は、大画面×コンパクト筐体に、4コア「Core i7」まで搭載でき、高い基本性能を実現できます。

直販モデルでは、CPU性能、メモリ容量など基本性能から、テレビ機能やMicrosoft Officeを省くなど、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズに対応します。

2017年1月モデルで、フルモデルチェンジ
デザインの美しさを追求した、新筐体に一新しています。
画面サイズも、WF1/A3の23型から、「23.8型」と少し大きくなっています。

基本性能も、最新の「第7世代Core」に、刷新しています。
動画編集も快適「Core i7-7700HQ」、低価格だが最低限の性能確保「Core i3-7100U」、低価格だが低性能「Celeron 3865U」から、選択できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第7世代Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/最大3.8GHz:約22200/5700
第7世代Core i3-7100U 2コア4スレッド/2.4GHz:約9000/3900
(第7世代)Celeron 3865U 2コア2スレッド/1.8GHz:確認中

※性能重視のHシリーズ(TDP45W)と、省電力のUシリーズ(TDP15W)という、方向性の異なるCPUのため、Core i7とCore i3で全く別物と言える性能差となります。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF1/B1 icon
(第7世代Core/Celeron・23.8型大画面PC)
続きを読む

富士通、Windows 10 Anniversary Update新搭載23型デスクトップPC「ESPRIMO WF1/A3」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/A3」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF1/A3 icon
(23型大画面デスクトップ)
特徴
・23型の大画面ながら薄型でコンパクトな筐体を実現
・複数同時作業も快適なクアッドコアCPUを選択可能
・3波対応・長時間録画も可能なテレビチューナーを選択可能
・ハイレゾに対応したPioneer製のスピーカーを搭載
・飛躍的な高速化&大容量ストレージ、SSD+HDDを選択可能
・見やすさ重視、映り込みの少ない「ノングレア液晶」を選択可能

レビュー
直販モデル「WF1/A3」は、大画面×コンパクト筐体に、4コア「Core i7」まで搭載でき、高い基本性能を実現できます。

直販モデルでは、CPU性能、メモリ容量など基本性能から、テレビ機能やMicrosoft Officeを省くなど、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズに対応します。

そして、映り込みが少なく、大きな魅力となる「ノングレア液晶」を選択できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700T:約665/155
第6世代Core i3-6100T:約340/130
(第6世代)Celeron G3900T:約200/110

2016年冬モデルでは、Anniversary Updateを搭載
Windows 10の最新ビルド「Anniversary Update」を搭載します。
また、「Microsoft Office」との高い互換性を実現「KINGSOFT Office」を、選択できるようになっています。

そして、「256GB SSD+3TB HDD」を、選択できるようになっています。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF1/A3 icon
(23型大画面デスクトップ)
続きを読む

富士通、新スタイルデスクトップPC「ESPRIMO WW1/W(2016年夏)」 

富士通は、「ESPRIMO WW1/W(2016年夏)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WW1/W icon
特徴
・最新OS「Windows 10 Home 64ビット版」を搭載
・やりたいことに合わせて、3つのスタイルに自在に変形可能
・ディスプレイは無段階で好きな角度にかんたんに調整可能
・高色純度・広視野角の23型フルHD液晶を搭載
・最大5Gbpsの高速転送が可能なUSB3.0を4ポート搭載
・サクサク入力、使いやすさを追求したキーボードを採用

レビュー
直販モデル「WW1/W」は、PCとして使い慣れた「ベーシックスタイル」、タッチ操作メインの「タッチスタイル」、液晶をキャンバスのように使える「ペンスタイル」を簡単に切り替えられることが魅力となる、新世代デスクトップPCです。

直販モデルでは、用途や用途に応じた、幅広いカスタマイズから購入できます。

2016年夏では、2015年9月モデルを継続販売
引き続き、「2015年9月モデル」が、2016年夏も継続販売されるとの事です。
※ハードウェアは、古い「第4世代Core」となっています(最新は、第6世代Core)。

選択できる「Office Premium」は、古い「Office 2013」ですが、最新の「Office 2016」へ無償アップグレードが可能です。
※直販モデルでは、「Officeなし」を選択でき、価格を抑えることも可能です。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WW1/W icon
続きを読む

富士通、第6世代Core i7-6700T/i3-6100T/Celeron G3900T搭載23型液晶一体型PC「ESPRIMO WF1/X(2016年夏PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/X(2016年夏PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF1/X icon
(第6世代Core・大画面パソコン)
特徴
・機能性と高級感を両立させたデザインを採用
・ディスプレイの狭額縁化により、23型の大画面ながらコンパクトな筐体を実現
・パソコンの心臓部であるCPUには、インテル社の最新第6世代プロセッサーを採用
・ハイレゾに対応したPioneer製のスピーカーを搭載
・飛躍的な高速化&大容量ストレージ、SSD+HDDを選択可能
・見やすさ重視、映り込みの少ない「ノングレア液晶」を選択可能

レビュー
直販モデル「WF1/X」は、大画面×コンパクト筐体に、4コア「Core i7」まで搭載でき、高い基本性能を実現できます。

直販モデルでは、カタログ(店頭販売)モデル「FH77/XD」をベースに、CPU性能、メモリ容量など基本性能から、テレビ機能やMicrosoft Officeを省くなど、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズに対応します。

そして、実用性重視なら、大きな魅力となる「ノングレア液晶」を選択できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700T:約670/155
第6世代Core i3-6100T:約340/130
(第6世代)Celeron G3900T:約200/110

2016年夏では、新色「スノーホワイト」を選択可能に
2016年1月モデル「WF1/X」をベースに、新色本体カラー「スノーホワイト」が、発売されます。

そして、最新の「Office 2016」を、選択可能となっています。
※直販モデルでは、引き続き「Officeなし」を選択でき、価格を抑えることも可能です。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF1/X icon
(第6世代Core・大画面パソコン)
続きを読む

富士通、デスクトップPC向け第6世代Core i7-6700T/i3-6100T/Celeron G3900T搭載23型液晶一体型PC「ESPRIMO WF1/X(2016年春PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/X(2016年春PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF1/X icon
(第6世代Core・大画面パソコン)
特徴
・機能性と高級感を両立させたデザインを採用
・ディスプレイの狭額縁化により、23型の大画面ながらコンパクトな筐体を実現
・パソコンの心臓部であるCPUには、インテル社の最新第6世代プロセッサーを採用
・ハイレゾに対応したPioneer製のスピーカーを搭載
・飛躍的な高速化&大容量ストレージ、SSD+HDDを選択可能
・見やすさ重視、映り込みの少ない「ノングレア液晶」を選択可能

レビュー
直販モデル「WF1/X」は、大画面×コンパクト筐体に、4コア「Core i7」まで搭載でき、高い基本性能を実現できます。

直販モデルは、カタログ(店頭販売)モデル「FH77/XD」をベースに、CPU性能、メモリ容量など基本性能から、テレビ機能やMicrosoft Officeを省くなど、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズに対応します。

そして、実用性重視なら、大きな魅力となる「ノングレア液晶」を選択できます。

2016年1月モデルでは、デスクトップPC向け第6世代Coreに刷新
2015年5月モデル「WF1/U」以来のモデルチェンジとなり、
基本システムが、「ノートPC向け第4世代Core」から、『デスクトップPC向け第6世代Core(省電力版Tシリーズ)』に刷新し、基本性能が大きく向上しています。

そして、デスクトップPC向けCPUながら、電力効率の大幅向上などから、前世代モデルより低い消費電力(標準時)を、実現します。

CPU性能比較(Cinebench R15)
第6世代Core i7-6700T 4コア8スレッド/最大3.6GHz/HD530:712
第6世代Core i3-6100T 2コア4スレッド/3.2GHz/HD530:確認中(約340)
(第6世代)Celeron G3900T 2コア2スレッド/2.6GHz/HD510:確認中
第4世代Core i7-4712MQ 4コア8スレッド/最大3.3GHz/HD4600:約560
第4世代Core i3-4100M 2コア4スレッド/2.5GHz/HD4600:約250
(第4世代)Celeron 2950M 2コア4スレッド/2.0GHz/HD:約150

その他、最新「Windows 10」、「USB3.1(Gen1) Type-C×1」を搭載します。
テレビ機能では、再生互換性のある「SeeQVault」に対応します。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF1/X icon
(第6世代Core・大画面パソコン)
続きを読む

富士通、Windows 10搭載新スタイルデスクトップPC「ESPRIMO WW1/W」 

富士通は、「ESPRIMO WW1/W」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WW1/W icon
特徴
・最新OS「Windows 10 Home 64ビット版」を搭載
・やりたいことに合わせて、3つのスタイルに自在に変形可能
・ディスプレイは無段階で好きな角度にかんたんに調整可能
・高色純度・広視野角の23型フルHD液晶を搭載
・最大5Gbpsの高速転送が可能なUSB3.0を4ポート搭載
・サクサク入力、使いやすさを追求したキーボードを採用

レビュー
直販モデルの「WW1/W」は、PCとして使い慣れた「ベーシックスタイル」、タッチ操作メインの「タッチスタイル」、液晶をキャンバスのように使える「ペンスタイル」を簡単に切り替えられることが魅力となる、新世代デスクトップPCです。

直販モデルでは、用途や用途に応じた、幅広いカスタマイズから購入できます。

2015年秋冬モデルでは
2014年10月モデル「WW1/S」以来、約1年ぶりのモデルチェンジとなり、
OSが、「Windows 8.1」から、最新の『Windows 10』に刷新しています。

そして、「Core i7選択時」は、RealSense 3Dカメラが標準搭載され、Windows 10の新機能、カメラによる自動認証機能「Windows Hello」に対応します。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WW1/W icon

サイト内関連リンク
富士通 最新モデル一覧

富士通、4コアCore i7-4712MQ搭載新スタイル液晶一体型デスクトップPC「ESPRIMO WW1/S(2015年夏PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WW1/S(2015年夏PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WW1/S icon
(23型・新世代デスクトップPC)
続きを読む

富士通、ハイレゾ×大画面の新デザイン23型液晶一体型デスクトップPC「ESPRIMO WF1/U(2015年夏PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/U(2015年夏PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF1/U icon
(23型・ベーシックデスクトップPC)
続きを読む

富士通、日本製21.5型液晶一体型PC「ESPRIMO WF1/S(2015年春PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/S(2015年春PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF1/S icon
(21.5型・ベーシックデスクトップPC)
続きを読む

富士通、新世代デスクトップPC「ESPRIMO WW1/S(2015年春PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WW1/S」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WW1/S icon
(23型・新世代デスクトップPC)
続きを読む

富士通、TDP47W版Core i7-4710MQ搭載23型液晶一体型パソコン「ESPRIMO FHシリーズ WF2/R(2015年春PC)」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF2/R」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF2/R icon
(23型・ハイスペックテレビパソコン)
続きを読む

富士通、4コアCore i7搭載23型液晶一体型パソコン「ESPRIMO FHシリーズ WF2/R」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF2/R」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF2/R icon
(23型・ハイスペックテレビパソコン)

ESPRIMO FHシリーズ WF2/Rの特徴
・すっきりした「フルフラットファインパネル」
・サブウーファー搭載の最大出力30Wハイパワースピーカーを搭載
・地上・BS・110度CSデジタル×2 (ダブル録画/W-AVCREC対応)を選択可能
・スロットイン方式の大容量のBDXL対応Blu-ray Discドライブを搭載
・ディスプレイの見やすさに配慮したスイーベル / チルト機能
・次世代高速無線通信規格 IEEE802.11acに対応

レビュー
23型ワイド液晶を搭載するデスクトップパソコンです。

FHシリーズ(上位のWF2)は、専用のテレビやレコーダーに迫る機能を搭載していることが魅力で、1台で多くのことを完結させることができます。

PCとしての基本性能も、4コア/8スレッドのCore i7-4710MQを標準搭載し、16GBメモリまで選択できます。


富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WF2/R」では、大容量「16GBメモリ」、「HDD容量」、「Officeなし」など、予算や用途に応じてカスタマイズして購入することが出来ます。
なお、テレビ機能が不要なら「TV機能なし」の選択も可能です。


2013年6月モデル以来、約1年ぶりのモデルチェンジとなる2014年5月モデルでは、新たに次世代高速無線LAN「IEEE 802.11ac」に対応します。

そして、2014年4月発売の新CPU「Haswell Refresh」から、4コア/8スレッドでTB時最大3.5GHzとなった「Core i7-4710MQ」を搭載し、性能が少し向上しています。


2014年冬では、富士通は、「夏モデル」「秋冬モデル」のような、季節ごとのマイナーモデルチェンジを止めているため、『2014年5月モデル』が最新モデルとして継続販売されています。

ハードウェアなどは、他社2014年秋冬モデルと大きな差はありませんが、
選択できるOfficeが、最新「Office Premium」ではなく、前「Office 2013」となります。
新バージョンが発売された場合などは、『有償』で購入する必要があります。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO FHシリーズ WF2/R icon
(23型・ハイスペックテレビパソコン)
続きを読む

富士通、世界初RealSense搭載可能新世代デスクトップPC「ESPRIMO WW1/S」 

富士通は、「ESPRIMO WW1/S」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WW1/S icon
(23型・新世代デスクトップPC)

ESPRIMO WW1/Sの特徴
・やりたいことに合わせて、3つのスタイルに自在に変形可能
・世界初、「インテル RealSenseテクノロジー」を搭載可能
・ディスプレイは無段階で好きな角度にかんたんに調整可能
・23型広視野角の大画面&フルHDの高画質液晶を搭載
・最大5Gbpsの高速転送が可能なUSB3.0を4ポート搭載
・最新のOffice Premiumを選択可能

レビュー
23型ワイド液晶を搭載する液晶一体型PCです。

「WHシリーズ(WM1)」は、富士通独自の「アジャストスライダー」を採用し、PCとして使い慣れた「ベーシックスタイル」、タッチ操作メインの「タッチスタイル」、液晶をキャンバスのように使える「ペンスタイル」を簡単に切り替えられることが魅力となる、新世代デスクトップPCです。


富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WW1/S」では、
RealSense、NFCが搭載される「Core i7-4712MQ」と、
HD Webカメラ、NFC非搭載となる「Core i5-4200M」「Core i3-4100M」から選択できます。

そして、最大16GBメモリや3TB HDD、ネットワークテレビチューナー、Officeなしなど、予算や用途に応じたカスタマイズから購入できます。


「2014年10月モデル」では、前モデルの21.5型液晶から、23型液晶の新デザイン(新筐体)を採用します。
また、狭額縁化により、デザイン性の能向上とともに、幅5.2mmの拡大で抑えています。

ヒンジ構造も改良され、操作性と安定性が向上し、「ペンスタイル」が追加されています。

また、世界初「インテル RealSense 3Dカメラ『Front F200』」を搭載出来ます。 ※Core i7選択時のみ。Core i5、Core i3は、HD webカメラを内蔵。


そして、新バージョンへのアップデートが『永続無償』となった、2014年10月発表の「Office Premium」を選択できるようになっています。
なお、引き続き、カスタマイズでは、『Officeなし』を選択でき、価格を抑える事も可能です。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WW1/S icon
(23型・新世代デスクトップPC)
続きを読む

富士通、日本製ベーシック液晶一体型PC「ESPRIMO FHシリーズ WF1/R」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF1/R」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF1/R icon
(21.5型・ベーシックデスクトップPC)

ESPRIMO FHシリーズ WF1/Rの特徴
・場所を選ばずスッキリ置ける、省スペース&軽量ボディー
・液晶TV並みの広視野角を実現するIPS方式を採用
・Pioneer製スピーカー&DTSで迫力のサウンド
・電源オフでも音楽を楽しめるパワーオフスピーカー
・次世代高速無線通信規格 IEEE802.11acに対応
高速でデータ転送できるUSB3.0ポートを3つ装備
レビュー
21.5型ワイド液晶を搭載する液晶一体型PCです。

FHシリーズ(下位WF1)は、省スペースなボディデザインと、据え置きA4ノートより大きな液晶が魅力です。

また、低価格モデルでも「MADE IN JAPAN(日本製)」であることを、大きな魅力とします。



2013年10月モデル以来のモデルチェンジとなる2014年5月モデルでは、新たに次世代高速無線LAN「IEEE 802.11ac」に対応します。

そして、マウスでの操作が改善された、4月公開の最新OS「Windows 8.1 Update」を搭載します。



富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WF1/R」では、WEB限定カラー「シャイニーブラック」を選択できます。
カスタマイズでは、CPUにスタンダードなCore i5-3230M、価格重視でも無難なCore i3-3120M、性能は明確に劣るも低価格なCeleron 1005Mから選択できます。
なお、最新の『第4世代』ではなく、『第3世代』となります。CPU性能はさほど劣りませんが、GPU(グラフィックス)性能や省電力性では劣ります。

そして、「メモリ」や「HDD」の容量、TV機能が必要なら「ネットワークテレビチューナー」、高額なMicrosoft Officeを省くなら「なし」など、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズから購入できます。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO FHシリーズ WF1/R icon
(21.5型・ベーシックデスクトップPC)
続きを読む

富士通、高性能Core i7-4702MQ搭載変形型デスクトップPC「ESPRIMO WHシリーズ WW1/M」 

富士通は、「ESPRIMO WHシリーズ WW1/M」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WHシリーズ WW1/M icon
(21.5型・新しいデスクトップPC)

ESPRIMO WHシリーズ WW1/Mの特徴
・タッチ操作を楽しめるタッチスタイルへと簡単にチェンジ
・斜めから見てもくっきり映像が見える広視野角のIPS液晶
・コネクタやドライブに自然な姿勢でアクセス可能
・第4世代 Core i7-4702MQを搭載
・FeliCa対応のNFCを搭載可能
・顔を検出して自動で手助けしてくれる「Sense YOU Technology」を搭載

レビュー
21.5型ワイド液晶を搭載する液晶一体型PCです。

WHシリーズは、富士通独自の「アジャストスライダー」を採用し、タッチ操作メインの「タッチスタイル」、マウス操作メインの「デスクトップスタイル」を簡単に切り替えられることが魅力となる、新世代デスクトップPCです、

基本性能では、クアッドコアCore i7-4702MQに、最新Windows 8.1を搭載します。



2014年夏では、富士通は「夏モデル」「秋冬モデル」のような季節ごとの(マイナー)モデルチェンジを止めているため、『2013年10月モデル』が最新モデルとして継続販売されています。



富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WM1/M」では、最大16GBメモリや3TB HDDなどハイスペックなカスタマイズから、価格を抑えるためにOffice「なし」など、予算や用途に応じたカスタマイズから購入できます。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WHシリーズ WW1/M icon
(21.5型・新しいデスクトップPC)

富士通、ベーシックな液晶一体型デスクトップPC「ESPRIMO FHシリーズ WF1/M(2014年春パソコン)」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF1/M」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF1/M icon
(21.5型・ベーシックデスクトップPC)

ESPRIMO FHシリーズ WF1/Mの特徴
・美しいフォルムに仕上げた「フルフラットファインパネル」
・場所を選ばずスッキリ置ける、省スペース&軽量ボディー
・液晶TV並みの広視野角を実現するIPS方式を採用
・Pioneer製スピーカー&DTSで迫力のサウンド
・最新OS Windows 8.1搭載
・電源オフでも音楽を楽しめるパワーオフスピーカー

レビュー
21.5型ワイド液晶を搭載する液晶一体型PCです。

FHシリーズ(WF1/M)は、省スペースなボディデザインと、据え置きA4ノートより大きな液晶が魅力です。

2013年2月モデル以来のモデルチェンジとなる2013年10月モデルでは、最新OS「Windows 8.1(Windows Blue)」を搭載します。
基本性能では、最新世代「第4世代Core」ではなく、旧世代「第3世代Coreプロセッサー・ファミリー」となります。

富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデル「WF1/M」は、フレームとパネルの境目がなく、美しいだけでなく掃除もしやすい「フルフラットファインパネル」が採用されます。 そして、直販限定カラー「シャイニーブラック」を、選択できます。

カスタマイズでは、CPUにスタンダードなCore i5-3230M、価格重視でも無難なCore i3-3120M、性能は明確に劣るも低価格なCeleron 1005Mから選択できます。

そして、「メモリ」や「HDD」の容量、TV機能が必要なら「ネットワークテレビチューナー」、高額なOfficeを省くなら「なし」など、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズから購入できます。


2014年春では、2013年10月にフルモデルチェンジしたばかりで、富士通は価格を元に戻すためのマイナーモデルチェンジを行っていない事もあり、『2013年10月モデル』が最新モデルとして継続販売されます。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO FHシリーズ WF1/M icon
続きを読む