東芝、Windows8搭載タッチ操作パソコンを発表!(2012年秋冬モデル?) 

※10/19に、国内でも発表されました。
東芝ダイレクト
※2012年秋冬モデルは、順次発売されます。


以下、8月時点での情報・記事となります。

東芝は、ヨーロッパ最大の家電ショー「IFA 2012」で、Windows 8搭載パソコンを発表しています。

※以下、型番はすべて欧州向けです。

Satellite U920t
Windows 8で注目される、ノートPCとしてもタブレットとしても使えるコンバーチブルタイプのUltrabook。
日本では、dynabook R800シリーズとして発売される予定。(ページ下部に関連動画)

Satellite P845t
従来型のノートPCながら、タッチ操作に対応。
日本では、dynabook T600シリーズとして発売される予定。

LX830 Touch
23型オールインワン型PCで、タッチ操作に対応。
日本では、21.5型液晶モデルがタッチ操作に対応?

また、21:9ディスプレイのSatellite U840W、ビジネス向けのSatellite Z930なども発表されています。
続きを読む

NEC、高速CPU・高速SSD搭載可能スリムタワーPC「VALUESTAR G タイプL(2012年夏PC)」 

NECは、「VALUESTAR G タイプL」を発売します。

VALUESTAR G タイプLの特徴
・「Windows 7 Professional SP1 正規版」を選択可能
・高性能CPU「第3世代 インテル Core i7-3770S プロセッサー」を選択可能
・高速起動のSSD+ハードディスクドライブを選択可能
・グラフィックアクセラレータ 「NVIDIA GeForce GT 435M」を選択可能
・2つのサイズの「高解像度ディスプレイ」や「ディスプレイ無し」を選択可能

レビュー
インテル製CPUを搭載するスリムタワーパソコンです。

VALUESTAR Lは、国内大手では富士通のESPRIMO DGと並ぶ数少ないセパレート型デスクトップPCで、デスクトップ向けのテクノロジーを採用しているので、高い処理性能を有しています。

仕様が固定される量販店向けのカタログモデル「VALUESTAR L」と違い、「NEC Direct」限定のカスタマイズモデル「VALUESTAR G タイプL」は、直販モデルの大きな魅力として、Windowsやアプリケーションを高速起動できる約128GB SSD+HDDを選択できます。

また、「ディスプレイなし」を選択できるのが大きな魅力で、すでにディスプレイを所有している場合や、自分好みの液晶を別に購入する場合など、価格を抑えて購入することが出来ます。

2012年夏モデルでは、選択できるCPUが、4月に発表された最新の第3世代Coreプロセッサー(Ivy Bridge)のCore i7-3770S、Core i5-3450Sに、刷新しています。
低価格なCore i3は、旧世代(Sandy Bridge)になります。

ソニー、Windows8搭載「VAIO」を多数発表!(2012年秋冬モデル?) 

※10/1に、国内でも発表されました。
Windows 8搭載 VAIO 2012年秋冬モデル icon(ソニーストア)

以下、8月時点での記事・情報となります。

ソニーは、ヨーロッパの家電ショー「IFA 2012」でWindows8を搭載する「VAIO」を発表しました。


VAIO Duo 11
タブレット端末として使え、Ultrabookとしても使えるのが特徴で、OSにタブレット端末向けに最適化された新OS「Windows 8」をプリインストール。
11.6型フルHD液晶(静電容量式タッチパネル)、第3世代Coreプロセッサー、SSDなど、PCなのでハイスペック。
USB3.0、HDMI、Bluetoothなどに加え、NFC、GPS、加速度センサー、ジャイロセンサー、電子コンパスなど、タブレットで一般的な機能も搭載。



VAIO Tap 20
20型液晶を採用し、液晶の角度を水平まで自由に変更できる「テーブルトップPC」。
タッチ操作による、新しいPCの使い方に期待。



新VAIOシリーズ
すでにタッチパネルを選択できる24型ボードPC「VAIO L」に加え、
13.3型Ultrabook「VAIO Tシリーズ 13」、14型ノート「VAIO Eシリーズ 14P」は、液晶ディスプレイにタッチパネルを採用。それ以外の基本スペックやデザインなどは、夏モデルで新登場したばかりなので、ほぼ同じ。
続きを読む

富士通、幅広いカスタマイズに対応ハイスペックノートPC「LIFEBOOK AH77/HN、AH76/HN(2012年夏PC)」 

富士通は、「LIFEBOOK AH77/HN、AH76/HN」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK AH77/HN、AH76/HN icon
(ハイスペック・エンターテイメントノートPC)

LIFEBOOK AH77/HN、AH76/HNの特徴
・ディスプレイは「フルHD液晶」、「HD液晶」から選択可能
・インテル 最新クアッドコアCPU第3世代「Core i7-3610QM」搭載
・すぐにPCを使える「クイックスタート」
・大容量バッテリとピークシフトで節電に貢献
・デザイン性と視認性を両立した「サイドカラードキー」
・ステップ型キートップ配置「ナチュラルフィットキーボード」

レビュー
15.6型ワイド液晶を搭載するノートパソコンです。

AH(ハイスペック)シリーズは、富士通の主力ノート「AHシリーズ」の上位モデルとなるので価格は高めですが、長く使える「高性能」「信頼性」が魅力となります。

万人向けの量販店向けカタログモデルと違い、富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデルは、フルHD液晶、16GBの大容量メモリなど、よりハイスペックなカスタマイズに、
メモリを4GB(デュアルチャンネル対応の2GB×2)、HDD容量を500GB、Microsoft Officeを省くなど、ハイスペックなパソコンながら、価格を抑えて購入できるなど、幅広いカスタマイズに対応しています。

2012年夏モデルでは、4月に発表された12-13年CPUの第3世代Coreプロセッサーの中でもハイスペックなクアッドコア(4コア8スレッド)のCore i7-3610QMを搭載し、基本性能が強化されています。
続きを読む

東芝、専用GPU搭載大画面マルチメディアノートPC「dynabook Satellite T772(2012年夏モデル)」 

東芝は、「dynabook Satellite T772」を発売します。

dynabook Satellite T772
(ハイスタンダードノートPC)

dynabook Satellite T772/W5TFの特徴
・第3世代インテルCoreプロセッサー・ファミリーを搭載
・専用GPU「NVIDIA GeForce GT 630M」を搭載
・USB 3.0(最大データ転送速度5Gbps)×4搭載
・BDXL対応ブルーレイディスクドライブを搭載
・最適化されたecoモードに一発切り替え「TOSHIBA eco ユーティリティ」
・待機消費電力を抑えながら、起動時間を短縮「東芝高速スタート」を搭載

レビュー
17.3型ワイド液晶を搭載するノートパソコンです。

直販限定モデルのT572は、ノートPCとしては大画面の液晶に専用GPUと、少し上の処理性能を備えながら、お手頃価格(会員価格が前提)で購入ができます。

なお、フルHD(1920×1080)ではないのですが、適度な高解像度(1600×900)の液晶で見やすいのが魅力となります。

同じ画面サイズのT552に比べ、8GBメモリ、750GB HDD、GeForce GT 630M、ブルーレイと、高性能なので価格は高くなるも、映像に強いPCになっています。

2012年夏モデルでは、12-13年CPUの第3世代インテルCoreプロセッサーを搭載し、さらに筐体(デザイン)を一新してのフルモデルチェンジとなっています。
続きを読む