富士通、2014年10月末で販売終了の『Windows 7』搭載デスクトップパソコン「ESPRIMO DHシリーズ WD1/L」 

※下記モデルは、2014年10月で販売を終了しています。
関連ページ:富士通 最新モデル一覧


富士通は、「ESPRIMO DHシリーズ WD1/L」を発売します。
icon icon
ESPRIMO DHシリーズ WD1/L icon
(Windows 7搭載・スリムタワーPC)

ESPRIMO DHシリーズ WD1/Lの特徴
・Windows 7 Home Premium 64ビット 正規版(SP1適用済み)を搭載
・CPUは、Celeron G1610かCore i3-3240から選択可能
・デュアルチャネル対応メモリを搭載
・ディスプレイは、「なし」を選択可能
・Microsoft Officeは、「なし」を選択可能

レビュー
インテルCPUを搭載するデスクトップパソコンです。

富士通WEB MART限定販売となる『DHシリーズ WD1/L』は、旧OSのWindows 7を搭載することが最大の特徴となり、国内大手メーカーの個人向けデスクトップPCの新製品(中古では無く新品)で、Windows 7搭載PCを求めている方向けに魅力的なモデルとなります。

基本性能は、旧世代となる第3世代Coreプロセッサー・ファミリー(Ivy Bridge)となり、
CPUにCeleronやメモリ2GBなど、最低限のカスタマズなら、5万円台から購入できるのも魅力です。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO DHシリーズ WD1/L icon
(Windows 7搭載・スリムタワーPC)

2014年秋冬モデルPC動向:引き続き第4世代Coreプロセッサーが主流 

インテルは、2014年9月5日にモバイル向け「第5世代Core(Broadwell-U)」の情報を公開しました。
続きを読む

2014年秋冬モデルパソコン動向:インテルCore Mプロセッサー正式発表も、日本メーカーは2015年から? 

インテルは、2014年9月5日にBroadwell-Yこと次世代CPU「インテル Core Mプロセッサー」を正式発表しました。

Core Mについては、インテル、モバイルBroadwellこと「Core Mプロセッサー/第5世代Coreプロセッサー」で紹介しているため、ここでは省略しますが、

簡単に書くと、Broadwell(Core M/第5世代Core)は、現行第4世代Core(Haswell)の次世代となるCPUで、インテルの『主力CPU』が従来のノートPC向けからタブレット/2-in-1デバイス向けが主流となる事が変革ポイントです。
そして、Broadwell-Yにより、薄型・軽量・ファンレスの高性能タブレットや2-in-1デバイスが、製造できるようになります。
続きを読む

東芝、新CPU・Core i7-4710MQ搭載今スグTV・W録対応テレビパソコン「dynabook REGZA PC D83/W8M(2014年夏モデルPC)」 

東芝は、「dynabook REGZA PC D83/W8M」を発売します。

dynabook REGZA PC D83/W8M
(23.0型・今スグTV・W録対応モデル)

dynabook REGZA PC D83/W8Mの特徴
・23.0型16:9ワイド フルHD液晶を搭載
・W録対応、3波ダブルチューナーを内蔵
・電源OFFでも、ボタン1つでTVが見られる「今スグTV」を搭載
・メインとサブの画面で、W視聴が可能
・キレイな映像で楽しめる、超解像技術〈レゾリューションプラス〉
・ハイクオリティサウンドを日常に、harman/kardonスピーカーを搭載
・スマートフォンやタブレットとの連携に対応

レビュー
23型液晶を搭載する一体型PCです。

D83は、今スグTVやW録、PCを使いながらの「ながら見」など、テレビパソコンとして魅力となる機能を搭載し、オールインワンPCらしく一台で多くのことを完結することができます。



2014年夏モデル(D83/W8M)では、2014年春モデル(D834/W8L)からマイナーモデルチェンジ(CPUの強化が主)となり、
CPUがCore i7-4700MQ(Haswell・2.4GHz/TB時最大3.4GHz)から、Core i7-4710MQ(Haswell Refresh・2.5GHz/TB時最大3.5GHz)に強化され、PCとしての基本性能が、100MHzの向上分だけ向上しています。

詳細・購入はこちら
dynabook REGZA PC D83/W8M
(23.0型・今スグTV・W録対応モデル)
続きを読む

東芝、新CPU搭載タッチ対応テレビパソコン「dynabook REGZA PC D81/W6M(2014年夏モデルPC)」 

東芝は、「dynabook REGZA PC D81/W6M」を発売します。

dynabook REGZA PC D81/W6M
(21.5型・TV機能・タッチ対応モデル)

dynabook REGZA PC D81/W6Mの特徴
・21.5型16:9ワイド フルHD液晶を搭載
・直感的に操作できる、タッチパネル液晶を搭載
・3波対応TVチューナーを内蔵
・キレイな映像で楽しめる、超解像技術〈レゾリューションプラス〉
・名門オーディオブランド、オンキヨー製ステレオスピーカーを搭載
・フルHDディスプレイとしても使える、HDMI入力端子を搭載

レビュー
21.5型液晶を搭載する一体型PCです。

中位の「D81」は、下位の「D71」にはない「タッチパネル」を搭載する「タッチ対応」を、魅力と感じる方向けのモデルです。

PCとしての基本性能は、ハイスペックな4コアCore i7を搭載するなど高い基本性能を搭載しつつ、今スグTV・W録に対応しないベーシックなテレビ機能を搭載しています。

Microsoft Officeなしモデルも用意され、価格を抑える事も可能です。



2014年夏モデル(D81/W6M)では、2014年春モデル(D814/W6L)からマイナーモデルチェンジ(CPUの強化が主)となり、
CPUがCore i7-4700MQ(Haswell・2.4GHz/TB時最大3.4GHz)から、Core i7-4710MQ(Haswell Refresh・2.5GHz/TB時最大3.5GHz)に強化され、PCとしての基本性能が、100MHzの向上分だけ向上しています。

詳細・購入はこちら
dynabook REGZA PC D81/W6M
(21.5型・TV機能・タッチ対応モデル)
続きを読む