東芝、第6世代Core i5/i3/Celeron搭載スタンダードノートPC「dynabook AZ35/V、AZ25/V、AZ15/V(2016年夏モデルPC)」 

東芝は、「dynabook AZ35/V、AZ25/V、AZ15/V(2016年夏モデルPC)」を発売します。

dynabook AZ35/V(Core i5モデル)
dynabook AZ25/V(Core i3モデル)
dynabook AZ15/V(Celeronモデル)
(スタンダードノート)
特徴
・ナチュラルで豊かなサウンドを再現、オンキヨー製ステレオスピーカーを搭載
・薄さ約23.5mm、軽さ約2.3kgのスリムで洗練されたデザインを実現
・低消費電力CPUの採用などにより、省電力や長時間バッテリー駆動を実現
・使いやすさを追求して、USB3.0コネクタを左右に2個ずつ配置
・小型ACアダプターは、PCまわりがスッキリするL字プラグを採用
・ハイレゾ音源対応アプリや、スマートフォン連携アプリを搭載

レビュー
2016年夏モデル「AZ35/V、AZ25/V、AZ15/V」は、PCの遅さを改善する技術(SSDやSSHD)を搭載しないため、HDDらしい遅さはありますが、低価格で購入できるベーシックなノートPCです。

価格重視のため、低解像度「1366×768ドット」、メモリ容量も「4GB」など、全体的に抑えられています。

主にCPU性能の違いで、3モデルが用意され、
新世代の定番「Core i5-6200U」を搭載する「AZ35」、
価格重視でも無難な「Core i3-6100U」を搭載する「AZ25」、
低価格・低性能「Celeron 3215U」を搭載する「AZ15」から、選択できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6500U:約310/130
第6世代Core i5-6200U:約270/120
第6世代Core i3-6100U:約250/100
(第5世代)Celeron 3215U:約130/70

2016年夏モデルでは、最新「Office 2016」をプレインストール
「Office搭載モデル」で、最新の「Office 2016」をプレインストールします。
「Office Premium」なので、つねに最新バージョンに無償アップグレード可能です。

※直販モデルでは引き続き、「Officeなし」で、価格を抑えたモデルを購入可能です。

ハードウェアなどは、2016年春モデル「AZ35/U、AZ25/U、AZ15/U」を、概ね継承します。

詳細・購入はこちら
dynabook AZ35/V(Core i5モデル)
dynabook AZ25/V(Core i3モデル)
dynabook AZ15/V(Celeronモデル)
(スタンダードノート)
続きを読む

東芝、最新Office2016プレインストール・新スタンダードノートPC「dynabook AZ45/V(2016年夏モデルPC)」 

東芝は、「dynabook AZ45/V(2016年夏モデルPC)」を発売します。

dynabook AZ45/V(Core i5モデル)
(ハイスタンダードノート)
特徴
・最新OS、Windows 10 Homeをプレインストール
・処理能力向上&低消費電力「第6世代Coreプロセッサー」を搭載
・写真・動画はもちろん、文字もキレイ、フルHD液晶を搭載(一部HD液晶)
・大容量1TB HDDを搭載
・ナチュラルで豊かなサウンドを再現、オンキヨー製ステレオスピーカーを搭載
・家中で持ち運べる、薄さ約23.5mm、軽さ約2.3kgのスリムで洗練されたデザイン

レビュー
2016年夏モデル「AZ45/V」は、中位Core i5を搭載するスタンダードなノートPCで、
ひとつ上の「AZ55/V」が搭載する、「SSD」や「SSHD」ではなく、特有の尾遅さがある「HDD」で問題なければ、価格を抑えて購入できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6500U:約310/130
第6世代Core i5-6200U:約270/120
第6世代Core i3-6100U:約250/100

2016年夏モデルでは、最新「Office 2016」をプレインストール
「Office搭載モデル」で、最新の「Office 2016」をプレインストールします。
「Office Premium」なので、つねに最新バージョンに無償アップグレード可能です。

※直販モデルでは引き続き、「Officeなし」で、価格を抑えたモデルを購入可能です。

ハードウェアなどは、2016年春モデル「AZ45/U」で、第5世代Coreから第6世代Coreに刷新したばかりのため、概ね継承します。

詳細・購入はこちら
dynabook AZ45/V(Core i5モデル)
(ハイスタンダードノート)
続きを読む

東芝、大容量SSDモデル搭載可能新世代モバイルノートPC「dynabook RZ83/V、RZ73/V(2016年夏モデル)」 

東芝は、「dynabook RZ83/V、RZ73/V(2016年夏モデル)」を発売します。

dynabook RZ83/V(Core i7モデル)
dynabook RZ73/V(Core i5/i3モデル)
(13.3型・ドライブ内蔵モバイルノート)
特徴
・処理能力向上&低消費電力「第6世代Coreプロセッサー」を搭載
・高速性と大容量を両立する東芝製「ハイブリッドドライブ(SSHD)」モデルを選択可能
・耐衝撃性や省電力性に優れ、圧倒的高速化を実現する「SSD」モデルを選択可能
・軽さと強さ、美しさを兼ね備えたマグネシウム合金ボディを採用
・高精細・高輝度、フルHD(1920×1080ドット)液晶を搭載
・光学ドライブ搭載で、薄さ17.2mm、軽さ約1.44kgを実現

レビュー
2016年夏モデル「dynabook RZ83/V、RZ73/V」は、省かれつつある「光学ドライブ」を内蔵しつつ、薄さ・軽さ・快適さを追求した、ビジネスモバイルノートです。

直販モデルでは、カタログ(店頭販売)モデル「RX73」に対し、「RZ83/V」で、上位「Core i7-6500U」に強化しています。

そして、メモリ容量を少なめの「4GB」から、一般的な「8GB」に強化したモデルを、選択できます。
また、価格は高くなるものの、振動や衝撃強い「SSD」モデルなら、モバイルPCとしての使い勝手を、劇的に向上できます。

2016年夏モデルで、ラインナップやソフトウェアを強化
秋冬モデル「RZ83/T」から「RZ83/V」では、速さより容量重視の方向けに「1TB SSHD」モデル、速さも容量も妥協したくない方向けに「512GB SSD」モデルが、発売されます。

秋冬モデル「RZ73/T」から「RZ73/V」では、「8GBメモリ」モデルが発売され、魅力が向上しています。


ソフトウェアでは、スマートフォン連携アプリ「sMedio TrueLink+ Phone」や、CyberLink社製の動画編集・画像編集ソフトを搭載します。

「Office搭載モデル」で、最新の「Office 2016」をプレインストールします。
「Office Premium」なので、つねに最新バージョンに無償アップグレード可能です。

※直販モデルでは引き続き、「Officeなし」で、価格を抑えたモデルを購入可能です。

詳細・購入はこちら
dynabook RZ83/V(Core i7モデル)
dynabook RZ73/V(Core i5/i3モデル)
(13.3型・ドライブ内蔵モバイルノート)
続きを読む

東芝、第6世代Core i7/i5搭載大画面ノートPC「dynabook AZ67/V、AZ47/V(2016年夏モデルPC)」 

東芝は、「dynabook AZ67/V、AZ47/V(2016年夏モデルPC)」を発売します。

dynabook AZ67/V(NVIDIAモデル)
dynabook AZ47/V(Core i5モデル)
(大画面ハイスタンダードノート)
特徴
・最新OS、Windows 10 Homeをプレインストール
・作業がしやすい、広びろ大画面の17.3型液晶を搭載
・こだわりのサウンドクオリティ、オンキヨー製ステレオスピーカーを搭載
・処理能力向上&低消費電力「第6世代インテルCoreプロセッサー」を搭載
・高速性と大容量を両立、ハイブリッドドライブ(SSHD)を搭載
・写真編集、動画編集を加速する、GeForce 930Mを搭載(AZ67のみ)

レビュー
2016年夏モデル「AZ67/V、AZ47/V」は、PCが遅いと言われる原因である、HDD特有の遅さを改善する『ハイブリッドドライブ』を標準搭載する、大画面ノートPCです。

上位「AZ67」は、Core i7、フルHD液晶(1920×1080ドット)、GeForce 930M、ブルーレイディスクドライブを搭載し、写真や動画編集で力を発揮します。
※DVDスーパーマルチモデルを搭載する、低価格モデルも選択できます。

下位「AZ47」は、Core i5、HD+液晶(1600×900ドット)、インテルHDグラフィックス520、DVDスーパーマルチドライブとなり、明確に劣りますが、低価格で購入できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6500U:約310/130
第6世代Core i5-6200U:約270/120
第6世代Core i3-6100U:約250/100

GPU性能比較(3DMark11 P GPU)
NVIDIA GeForce 930M:約2100
Intel HD Graphics 520(Core i7-6500U):約1320

2016年夏モデルでは、Office 2016をプレインストール
「Office搭載モデル」で、最新の「Office 2016」をプレインストールします。
「Office Premium」なので、つねに最新バージョンに無償アップグレード可能です。

※直販モデルでは引き続き、「Officeなし」で、価格を抑えたモデルを購入可能です。

ハードウェアなどは、2016年春モデル「AZ67/U、AZ47/U」を概ね継承します。

詳細・購入はこちら
dynabook AZ67/V(NVIDIAモデル)
dynabook AZ47/V(Core i5モデル)
(大画面ハイスタンダードノート)
続きを読む

VAIO、『ミッキー&ミニー』デザインの11型コンパクトモバイルPC「VAIO S11 Disneyキャラクターデザインモデル」 

VAIOは、「VAIO S11 Disneyキャラクターデザインモデル」を発売します。
icon icon
VAIO S11 Disneyキャラクターデザインモデル icon
特徴
・ミッキーとミニーがあなたを応援しているようなデザイン
・第6世代インテルCore プロセッサーUプロセッサー・ラインを搭載
・より軽快に「PCIe対応第二世代ハイスピードSSD」を選択可能
・ネット接続を快適にするSIMフリーLTEを搭載可能
・持ち上げた時の安心感を生む強靭な剛性ボディを実現
・静寂キーボードと高精度タッチパッドを搭載

レビュー
2016年3月発売開始「VAIO S11 Disneyキャラクターデザインモデル」は、『ミッキー&ミニー』が刻印されたソニーストアオリジナルモデルです。

モバイルノートとしては、スタンダード(クラムシェル・折畳み型)で、薄さ・軽さを重視しつつ、高い堅牢性を実現します。

そして、最新のUSB3.1 Type-Cに加え、レガシーなアナログRGB、有線LANまで標準搭載し、拡張性も確保されています。

詳細・購入はこちら
VAIO S11 Disneyキャラクターデザインモデル icon
続きを読む