NEC、23.8型大画面×高性能パソコン「LAVIE Direct DA(H) [Desk All-in-one](2016年夏モデルPC)」 

NECは、「LAVIE Direct DA(H) [Desk All-in-one](2016年夏モデルPC)」を発売します。
特徴
・第6世代 インテルCore i7、i5 プロセッサーを選択可能
・大容量メモリ16GB(DDR4 8GB×2)を選択可能
・画面フレームを極薄化し、スタンドもスリムなすっきり新デザインを採用
・4番組同時視聴・録画も実現可能、豊富なTV機能から選択可能
・画面の映像に集中しやすい、狭額縁の23.8型ワイドフルHD IPS液晶を搭載
・迫力の2.1ch YAMAHAサウンドシステムを搭載

レビュー
NEC直販モデル「Direct DA(H)」は、PCとしての高い基本性能、豊富なテレビ機能を、超狭額縁によるスリムでスタイリッシュな筐体に搭載します。

直販モデルでは、仕様固定の「カタログ(店頭販売)モデル」に対し、TV機能なし、中位Core i5、DVDスーパーマルチドライブなどが選択可能で、
4チューナーTVは不要だが、高性能なCore i7-6567Uは必要など、予算や用途に応じた一台を購入できます。

選択できるCPUの最上位「Core i7-6567U」は、上位「インテルIrisグラフィックス550」を内蔵し、HD動画や写真編集を、より快適に行えます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6567U(TDP28W・Iris550):約360/150
第6世代Core i7-6500U(TDP15W・HD520):約310/130
第6世代Core i5-6200U(TDP15W・HD520):約280/115

GPU性能比較(3DMark11 P GPU)
Intel Iris Graphics 550(第6世代Core i7-6567U):約2000
Intel HD Graphics 520(第6世代Core i7-6500U):約1300
Intel HD Graphics 5500(第5世代Core i7-5500U):約980

2016年夏モデルでは、標準ソフトウェアを強化
「2016年春モデル」で、第6世代Core×新デザインにフルモデルチェンジしたばかりなので、「2016年夏モデル」はマイナーモデルチェンジとなり、
新たに「LAVIEチャンネル」、伝言板・メモ機能を追加した「インフォボード」など、標準ソフトウェアが強化されています。

※直販モデルでは、大手メーカー製PCらしい豊富なソフトが不要な方に向け、必要最低限に絞った「ミニマムソフトウェアパック」を選択できます。

ハードウェアでは、Bluetoothが、Ver.4.0からVer.4.1に更新されています。
続きを読む

富士通、第5世代Core i3-5005U/Celeron 3205U搭載低価格ノートPC「LIFEBOOK WA1/Z(2016年夏PC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WA1/Z(2016年夏PC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA1/Z icon
(第5世代Core・ベーシックノート)
特徴
・最新OS「Windows 10 Home 64ビット版」を搭載
・ベーシックな「Core i3-5005U」、低価格な「Celeron 3205U」を搭載可能
・最大100GBをディスク1枚に保存「BDXL対応Blu-ray Disc ドライブ」を選択可能
・速さと大容量データ保存を両立「約1TBハイブリッドハードディスク」を選択可能
・文字入力のしやすさを追求したキーボードを採用
・使いやすい、分離型クリックボタンを採用
・電源オフUSB充電機能を搭載

レビュー
直販モデル「WA1/Z」は、低価格でも無難な性能「Core i3-5005U」か、低性能・低価格な「Celeron 3205U」を搭載する、低価格ベーシックノートPCです。

ただ、旧世代となる「第5世代Core Uシリーズ」のため、最新の「第6世代Core Hシリーズ」を搭載する「WA2/Z」とは、絶対性能で大きく劣ります。
また、高速化を体感できる「SSD」も、選択できません。

CPU性能比較:Cinebench R15
第6世代Core i7-6700HQ 4コア8スレッド・最大3.5GHz:664(富士通調べ)
第6世代Core i5-6300HQ 4コア4スレッド・最大3.2GHz:367(富士通調べ)
第5世代Core i3-5005U 2コア4スレッド・2.0GHz:約210
(第5世代)Celeron 3205U 2コア2スレッド・1.5GHz:約115

2016年5月モデルでは、Office 2016を選択可能に
2015年9月モデル「WA1/W」以来のモデルチェンジとなり、最新の「Office 2016」を、選択可能となっています。
※直販モデルでは、引き続き「Officeなし」を選択でき、価格を抑えることも可能です。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA1/Z icon
(第5世代Core・ベーシックノート)
続きを読む

富士通、第6世代Core/第6世代Celeron搭載可ミニデスクトップPC「ESPRIMO WD1/X(2016年夏PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WD1/X(2016年夏PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WD1/X icon
(第6世代Core・ウルトラスモールPC)
特徴
・タテ、ヨコ自由に設置。パワフルな小型筐体を採用
・パソコンの心臓部であるCPUには、最新の第6世代インテルプロセッサーを搭載
・低消費電力でありながら、より高速に動作する「DDR4メモリ」を採用
・2台以上のディスプレイをつなぐ、マルチディスプレイ表示に対応
・パソコンの動作を飛躍的に高速化するSSDを選択可能
・パソコン本体に内蔵の無線LANを選択可能

レビュー
直販限定モデル「WD1/X」は、外付けHDD並のコンパクトサイズに、省電力(TDP35W)版の「デスクトップPC向けCPU」を搭載し、(Core i3以上で)必要十分な基本性能を実現します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700(TDP65W):約820/170
第6世代Core i7-6700T(TDP35W):約665/155
第6世代Core i3-6100T(TDP35W):約340/130
(第6世代)Celeron G3900T(TDP35W):200/110
第6世代Core i7-6500U(TDP15W):約310/130

2016年夏では、最新「Office 2016」を選択可能に
2016年1月モデル「WD1/X」を継続販売しますが、夏モデル発表日(5月16日)より、
最新の「Office 2016」を、選択可能となっています。
※引き続き「Officeなし」を選択でき、価格を抑えることも可能です。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WD1/X icon
(第6世代Core・ウルトラスモールPC)
続きを読む

富士通、第6世代Core i7-6700T/i3-6100T/Celeron G3900T搭載23型液晶一体型PC「ESPRIMO WF1/X(2016年夏PC)」 

富士通は、「ESPRIMO WF1/X(2016年夏PC)」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF1/X icon
(第6世代Core・大画面パソコン)
特徴
・機能性と高級感を両立させたデザインを採用
・ディスプレイの狭額縁化により、23型の大画面ながらコンパクトな筐体を実現
・パソコンの心臓部であるCPUには、インテル社の最新第6世代プロセッサーを採用
・ハイレゾに対応したPioneer製のスピーカーを搭載
・飛躍的な高速化&大容量ストレージ、SSD+HDDを選択可能
・見やすさ重視、映り込みの少ない「ノングレア液晶」を選択可能

レビュー
直販モデル「WF1/X」は、大画面×コンパクト筐体に、4コア「Core i7」まで搭載でき、高い基本性能を実現できます。

直販モデルでは、カタログ(店頭販売)モデル「FH77/XD」をベースに、CPU性能、メモリ容量など基本性能から、テレビ機能やMicrosoft Officeを省くなど、予算や用途に応じた幅広いカスタマイズに対応します。

そして、実用性重視なら、大きな魅力となる「ノングレア液晶」を選択できます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第6世代Core i7-6700T:約670/155
第6世代Core i3-6100T:約340/130
(第6世代)Celeron G3900T:約200/110

2016年夏では、新色「スノーホワイト」を選択可能に
2016年1月モデル「WF1/X」をベースに、新色本体カラー「スノーホワイト」が、発売されます。

そして、最新の「Office 2016」を、選択可能となっています。
※直販モデルでは、引き続き「Officeなし」を選択でき、価格を抑えることも可能です。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF1/X icon
(第6世代Core・大画面パソコン)
続きを読む

富士通、Core i7-6500U比2倍超の高性能Core i7-6700HQ搭載プレミアムノート「LIFEBOOK WA3/Z(2016年夏PC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WA3/Z(2016年夏PC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA3/Z icon
(第6世代Core・高性能ノート)
特徴
・360度どこから見ても美しいオムニデザインを採用
・最新クアッドコアの「第6世代インテルCore i7プロセッサー」を搭載
・より高速に動作する「DDR4メモリ」を採用
・高輝度・高色純度・広視野角のフルHD液晶を採用
・ハイレゾ再生に適したワイドレンジで歪みの少ないオンキヨー製スピーカーを搭載
・キーストロークをやや深めの約2.5mmに設定した、打ち心地の良いキーボード

レビュー
直販モデル「WA3/Z」は、富士通15.6型ノートの最上位モデルで、4コアの「第6世代Core i7-6700HQ」を搭載し、2コアの「第6世代Core i7-6500U」に対し、2倍超の高いCPU性能を誇ります。
※6500Uは、本体の薄型・軽量化や駆動時間を重視する、モバイルPCで力を発揮します。

そして、最上位モデルらしく、本体の質感や、キーボードへのこだわりに加え、高音質スピーカーなど、付加価値も高められています。

直販モデルでは、カタログ(店頭販売)モデル「AH77/Y」をベースに、高速化を体感できる「SSD」を選択できることが、魅力となります。

CPU性能比較:Cinebench R15(富士通調べ)
第6世代Core i7-6700HQ 4コア8スレッド・最大3.5GHz:664
第6世代Core i5-6300HQ 4コア4スレッド・最大3.2GHz:367
第6世代Core i7-6500U 2コア4スレッド・最大3.1GHz:319

GPU性能比較(3DMark11 P GPU)
Intel HD Graphics 530(Core i7-6700HQ):約1500
Intel HD Graphics 4600(Core i7-4720HQ):約910

2016年5月モデルでは、大容量SSDを選択可能に
2015年10月モデル「WA3/W」以来のモデルチェンジとなり、新たに「約512GB SSD」を選択可能となっています。

そして、最新の「Office 2016」を、選択可能となっています。
※直販モデルでは、引き続き「Officeなし」を選択でき、価格を抑えることも可能です。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA3/Z icon
(第6世代Core・高性能ノート)
続きを読む