富士通、同社初のネットブック「LOOX M」など夏モデルを発表 

富士通は、同社初の国内向けネットブック「LOOX M」シリーズなど、2009年PC夏モデルを発表しました。
FMV-BIBLO LOOX M


夏モデルのキーワードは、「地デジとBlu-rayは富士通」とし、地デジテレビとしてBlu-ray レコーダーとして使用できるモデルが増えています。

ノートPCでは、同社初のNetbookとなる「FMV-BIBLO LOOX M」が新たに追加され、主力モデルの「FMV-BIBLO NF」に新筐体を採用したモデルが追加。16型ワイド液晶ディスプレイ搭載のフラッグシップ機「FMV-BIBLO NW」。14.1型ワイド液晶ディスプレイの「FMV-BIBLO S」、14.1型ワイド/13.3型ワイド液晶ディスプレイの大画面モバイルPC「FMV-BIBLO MG」と、12.1型ワイド液晶ディスプレイの軽量モバイル機「FMV-BIBLO LOOX R」が夏モデルとして発売されます。

デスクトップPCでは、3波デジタルチューナー搭載液晶一体型「FMV-DESKPOWER LX」、こだわりデザインの液晶一体型「FMV-DESKPOWER F」、省スペースな液晶一体型の「FMV-DESKPOWER EK」、セパレート型の「FMV-DESKPOWER CE」が夏モデルとして発売されます。