東芝、機能充実スタンダードノート「dynabook EX」 

東芝は、ノートパソコン「dynabook EX」(EX/66M、EX/56M、EX/46M)を発売します。


dynabook EX/66M(Core i5・Blu-rayモデル)
dynabook EX/56M(Core i3・DVDスーパーマルチモデル)
dynabook EX/46M(Celeron・メインメモリ2GBモデル)

EX/66Mの特徴
・新世代のデュアルコアCPU「インテルCore i5-450M プロセッサー 2.40GHz」を搭載
・DVDをハイビジョンの美しさで、超解像技術「レゾリューションプラス」
・ハイビジョン画質で再生・保存できる「ブルーレイディスクドライブ」を搭載
・液晶テレビなどと同じ横縦比16:9 の15.6型ワイド画面を搭載
・文字キーと同じ19mmピッチを確保したフルサイズテンキーを搭載
・マイクロソフトの最新ソフト「Microsoft Office Home and Business 2010」を搭載

レビュー:
東芝の主力ノートパソコンです。

66Mと56Mは、夏モデルでデザインを一新し、DVDをハイビジョン解像度で見られる『超解像技術』が特徴です。

46Mは、すべての面で劣りますが、価格を抑えて購入することが出来ます。

詳細はこちらへ
dynabook EX/66M(Core i5・Blu-rayモデル)
dynabook EX/56M(Core i3・DVDスーパーマルチモデル)
dynabook EX/46M(Celeron・メインメモリ2GBモデル)


パソコン東芝 dynabook・Qosmio 一覧へ