ソニー、Sandy Bridge搭載2011年春モデル第2弾「VAIO」を発表! 

ソニーは、2011年春モデル第2弾の「VAIO」を発表されました。

3月19日から順次発売される新モデルには、春モデルの特徴となっているSandy Bridgeこと「第2世代Coreプロセッサー」を搭載するだけでなく、いずれも一新されています。

旧世代Core iではなく2世代前のCore 2だった液晶一体型の「VAIO L」シリーズは、すべてが一新され、LEDバックライト採用の薄型デザインとなり、テレビ機能も大幅に強化されています。
VAIO初の3D立体視対応モデルとなる「VAIO F」シリーズも、光沢ブラックの新デザインとなっています。
フラットな新デザインで上位モデルとなる「VAIO S」シリーズ。
デザインにこだわった「VAIO C」シリーズが、1年ぶりに新シリーズとして登場します。

1月の第1弾発表ではマイナーチェンジだけでしたが、ようやくフルモデルチェンジしたVAIOの発表です。
TV機能付きPCの弱点を改善し、よりテレビに近づいたVAIO Lは、新生活を始める方に注目のモデルとなりそうです。

ソニー 一覧
(順次対応予定)

ソニーストア