Windows7 RC インストール1ヶ月後。 

Windows 7 RCを試し初めて1ヶ月後の感想です。

下記のような低スペックPCにインストールしていますが、Vista感覚で普通に使えています。

エプソンダイレクトNJ2050
CPU :インテルCeleron M 430(1.73GHz)
メモリ:1GB
HDD:40GB
グラフィック:チップセット内蔵
OS:Windows XP SP3(7はクリーンインストール)
発売日:2007年4月


インストールしてから1ヶ月ですが、自己責任のRC版であることを忘れ、販売されているOSと変わらず、普通に使っています。もちろん、セカンドPCでネットブック的な使い方がメインだからではありますが。


1ヶ月使用してみての感想ですが、Vistaを使いこなせている筆者としては、Windows Vistaベースで、軽くなったWindows Vista Second Editionという評価に変わりありません。
Vistaユーザーは、普通に快適に使えるだろうし、XPユーザーは進化しすぎて逆に使いにくいといった感じでしょう。


筆者は、Windows 7+office 2010+USB3.0が搭載されたPCを来年の夏までに購入予定です。 また、現在メインのVista SP2機とセカンドPCのXP SP3(現在は7 RC)機ですが、7へのアップグレードは価格次第です。

一部に、Vistaから7へのアップグレードの価格が5000円程度(Home Premium)と見られています。Vistaの時は、13000円程度だったので、実現すればかなりの魅力です。

※Windows 7 RCは、製品候補版です。
対応していないソフトやウィルスバスターのようにブルーバックでどうしようもなくなるソフトも多いです。個人情報などが入ったPCへのインストールは、PCへの知識がある人以外はおすすめしません。