マイクロソフト、「Windows7」RTM版を8月6日から提供開始 

マイクロソフトは、「Windows7」RTM版を、8月6日から提供することを発表しました。

8月6日には、英語版のMSDNやTechNet、Microsoft Connectの会員を対象として、Windows 7 RTMの配布を開始する。以降、8月7日にはソフトウェアアシュアランスを導入しているボリュームライセンス顧客、8月16日にはマイクロソフトパート ナープログラムの認定パートナー、8月23日にはMicrosoft Action Packの加入者を対象として、それぞれ配布を開始する。(INTERNET Watchより)


今後の予定ですが、企業向けのボリュームライセンスは、9月1日。一般向けパッケージは、10月22日に発売。
Windows7がプリインストールされた2009年PC秋冬モデルも、10月22日に発売されます。

また、Windows7を3台までのパソコンに格安でインストールできる「Windows7 ファミリーパック」の提供も、日本市場は不明ですが検討されています。是非とも日本でも発売してもらいたいものです。