東芝、PCの進化系Ultrabook「dynabook R631(2012年春)」 

東芝は、「dynabook R631」を発売します。
東芝 ノートパソコン dynabook R631/ 28E(Office H&B搭載) PR63128EMFS[返品種別A]
dynabook R631/28E(カタログモデル)
(ウルトラブック)

dynabook R631/28Eの特徴
・13.3型ワイド液晶で世界最軽量の薄型ボディ
・高速アクセス、低消費電力の128GB SSDを搭載
・デュアルコアCPU、第2世代インテルCore i5-2467M プロセッサーを搭載
・ねじれ強度などを向上、ハニカムリブ構造
・暗い場所でも快適に入力できる、バックライトキーボード
・東芝 高速スタート/パネルオープンパワーオン

レビュー
13.3型液晶を搭載するウルトラブックです。

第1世代となるウルトラブックで、日本メーカーから第1号モデルの2012年春モデルです。

2012年春モデルでは、基本性能は同じですが、ソフトウェアが強化されています。

東芝ダイレクトのWebオリジナルモデルは、基本性能が変わらないためか、4/15現在で2011年秋冬モデルを継続販売になっています。
Webオリジナルは、CPUにCore i7を搭載する他、Microsoft Office無しモデルがあるので、比較的安価(クーポン適用後価格が前提)で購入することができます。

詳細・購入はこちら
東芝 dynabook R631 Webオリジナル
dynabook R631/28E(カタログモデル)
(ウルトラブック)

東芝dynabook 一覧